本文へスキップ

名古屋プリンスホテル スカイタワーの口コミ&宿泊記

名古屋プリンスホテル スカイタワーdetail

クラス:ハイクラスホテル 予約サイト評価:/5.0

はてなブックマークに追加  名古屋プリンススカイタワー

客室はすべて高層階で、名古屋の景色・夜景が楽しめる名古屋プリンスホテル スカイタワー。名古屋駅から徒歩圏内、JRささしまライブ駅隣接のハイクラスホテルです。

名古屋プリンスホテルスカイタワーのおすすめ度は?口コミと評判

名古屋プリンスホテル スカイタワーは、2017年10月2日に名古屋ささしまライブ駅近くにオープンした、プリンスホテルとしては名古屋エリアで初めてのホテルです。

名古屋プリンスホテルスカイタワー

総客室数は全170室、全客室が地上32階~36階の高層階なので、お部屋やロビーフロアのレストランから名古屋の眺望を楽しむことができると評判。JRや名鉄など複数の線路が交錯する様子をジオラマのように見下ろせる「トレインビュー」のお部屋もあります。

▶お部屋の詳細と宿泊日の空室&最安値をCheckする!


ホテル予約サイトでの点数は4.0~4.2と評判が良い名古屋プリンスホテル スカイタワー。実際に泊まって、口コミレビューの評価が本当なのかを紹介します。

このページの目次

  1. ホテルへのアクセス
  2. フロントロビー
  3. 客室の種類
  4. お部屋の様子
  5. お部屋からの景色
  6. バスルームとトイレ
  7. アメニティと備品
  8. 館内施設
  9. 朝食ブッフェ
  10. 名古屋プリンスホテルスカイタワーのおすすめ度は?
  11. 空室状況と最安値を確認して予約!

名古屋プリンスホテル スカイタワーの立地とアクセスは?

名古屋駅から徒歩圏内、ささしまライブ駅からは連絡通路で直結のアクセスのよい立地。

名古屋プリンスホテルスカイタワーのアクセスは?

名古屋プリンスホテル スカイタワーは、名古屋駅の南に広がる大規模再開発エリア「ささしまライブ24」にそびえる名古屋の新たなランドマーク、グローバルゲートビルの31階から36階にあります。

最寄駅からの行き方は?

名古屋プリンスホテル スカイタワーへのアクセスは、JR名古屋駅 広小路口より徒歩約12分。また、名古屋駅よりJRあおなみ線で1駅2分の「ささしまライブ」駅で降車すれば、雨でも安心の連絡通路(歩行者デッキ)を通ってすぐホテルに到着できます。


自動車の場合は、名古屋高速都心環状線 錦橋出口より5分。グローバルゲート地下駐車場を1泊あたり2,000円で利用できます。(現地フロントでの精算。)

立地の利便性でいえば、名古屋駅直結・隣接のホテルにはかないませんが、名古屋駅徒歩圏内ですし、名古屋での滞在時間をある程度取れる人ならさほど不便はないでしょう。

名古屋プリンスホテル スカイタワーのフロントロビーは?

31階のフロントロビーは吹き抜けで開放感のあるレイアウト。フロントクラークの接客も丁寧で好印象です。チェックインは15時から、チェックアウトは12時。

名古屋プリンスホテルスカイタワーのフロントロビー

名古屋プリンスホテル スカイタワーのフロントロビーは31階にあるので、ホテルエントランスを入ったら通路を進み、高層エレベーターに乗って31階まで上がりましょう。

フロントロビーは吹き抜けになっており、広々として開放感たっぷり。インテリアもスタイリッシュで、高級ホテルらしい優雅な雰囲気が漂い、チェックイン前から非日常を感じることができます。

チェックイン時間はチェックアウト時間は?

新しくオープンしたホテルのためか、フロントクラークは新入社員と思われる若いスタッフが多く、「洗練されたホスピタリティ」には少し足りないか印象でしたが、てきぱきとした受け答えや、こちらのリクエストに一生懸命応えようとしてくれる様子に好感が持てました。

フロントロビー(フロントデスク正面)にはゆったりとしたソファがいくつも置かれているので、お連れの方がチェックインやチェックアウトの手続きをしている間座って待ったり、ロビーでの待ち合わせをしたりするのに便利です。

名古屋プリンスホテルスカイタワーに泊まってみた感想

名古屋プリンスホテル スカイタワーの客室コンセプトは「空の浮きふね」。客室のみならず、フロントロビーにある柱やクラブラウンジやレストランのテーブルエリアを囲むフェンスも船のマストやデッキを思わせるデザインで、しっかりとした世界観を感じました。

名古屋プリンスホテル スカイタワーの客室の種類は?

客室は全170室で、全室32~36階の高層階。部屋タイプはスカイツイン、スカイキング、デラックスコーナー、プレミアムコーナーの4タイプがあります。

名古屋プリンスホテルスカイタワーの人気のお部屋のタイプは?

名古屋プリンスホテル スカイタワーの客室数は170室で、客室の種類は以下の通り。

  • スカイツインルーム(32.8㎡)
  • スカイキングルーム(32.3㎡)
  • デラックスコーナールーム(59.5㎡)
  • プレミアムコーナールーム(79.4㎡)

シングルルームはないため、1人での宿泊でも、スカイツインもしくはスカイキングを利用することになります。

スカイツインは利用人数に応じて、スタッキングベッドを入れてのトリプル利用(3名)、2つのお部屋をつなげてコネクティングルーム(最大4名)としての利用も可能。

名古屋プリンスホテル スカイタワーは、全客室トレインビューのロケーションで名古屋の眺望が楽しめるのが魅力ですが、お部屋の向きによって見える景色が変わります。

客室の種類ごとの眺望は以下の通り。

  • スカイツインルーム:名古屋栄ビル群方面側、または中川運河方面側
  • スカイキングルーム:名古屋駅方面側、または鈴鹿山脈・貨物駅側
  • デラックスコーナールーム:鈴鹿山脈または名古屋駅方面
  • プレミアムコーナールーム:名古屋駅・市街地方面、または栄方面・長久手方面

お部屋からの眺望を選んで予約することはできないので、眺望に関するリクエストは、チェックイン時に伝えるようにしましょう。必ず希望通りになるとはいえませんが、空室があればできる限り対応してもらえるようです。

たばこに関しては、名古屋プリンスホテル スカイタワーは、31階の「喫煙スペース」を除き、全館禁煙、客室もすべて禁煙となっています。(客室内でたばこは吸えません。)

▶ 各お部屋の空室状況&料金プランをCheckしておく!

名古屋プリンスホテル スカイタワーのお部屋の様子は?

「空の浮きふね」をコンセプトとし、船室をイメージしたスカイキングルームのお部屋は32.3㎡の広さ。ゆったりとしたホテルステイと名古屋の眺望を楽しめます。

名古屋プリンスホテルスカイタワーのお部屋の中の様子は?

今回は名古屋プリンスホテル スカイタワーの最上階(36階)のスカイキングルームに実際に泊まったので、お部屋の中の様子を詳しく紹介します。

名古屋プリンスホテル スカイタワーの客室は「空の浮きふね」をコンセプトとしており、客室も船室をイメージして作られています。温かみのある木のベッドヘッドや家具と、ブルー系とホワイトのファブリックは、どことなく北欧らしい雰囲気です。

名古屋プリンスホテルスカイタワーのおすすめの客室タイプ

お部屋の入口に近いところにある洗面化粧台についているのは、船室の窓を連想させる大きな丸い鏡。その鏡の背面にはロールアップスクリーンがあり、居室部分から目隠しをすることができます。この洗面化粧台の後ろにバスルーム、横にトイレがあるレイアウト。

ベッドのサイズと寝心地は?

スカイキングルームは32.3㎡(一般的なビジネスホテルシングルルームの約2倍)と広く、幅180cmのキングサイズのダブルベッドが置かれても圧迫感はなく、空間にゆとりがあります。

寝心地の良いベッドマットにはノリがきいたシーツがかかり、たっぷりの枕と、羽毛布団(デュベスタイル)のおかげで、とてもよく眠ることができました。

名古屋で景色が一番良いホテル

枕元にはアラーム機能付き時計、電話、コンセント、メモ帳、アクセサリーケースなどが置かれたサイドテーブルがあり、その後ろのボードには照明の操作パネルが埋め込まれています。ベッドに横になったまま照明の操作ができ、枕元でスマートフォンを充電しながら眠ることができるので便利。

線路がすぐ下を通っているため、行きかう電車や貨物列車のガタンゴトンという音が遠くから響いてきます。音に敏感な方はもしかしたら気になるかもしれませんが、個人的には36階という高層階で地上と遮断されたような感覚もあり、旅情をかき立てるBGMのように感じられました。

Wi-Fi環境は整っている

窓際には、一部に背もたれのあるベンチタイプのソファと、一人がけのひじ掛け付きチェア、そして丸テーブルが置かれています。足を伸ばしてソファにもたれ窓の外の景色を眺めたり、ちょっとした飲食をしたりするのに便利です。

名古屋プリンスホテル スカイタワーは、全客室内でWi-Fi(無線LAN)および有線LANが無料で使用できますが、客室にはライティングデスクはないため、書きものやパソコンを広げての作業もこの丸テーブルの上で行うことになります。

長時間のデスクワークには向かなそうなので、必要な方は館内施設であるビジネスセンター(32階)を利用してもよいでしょう。

お部屋の中の設備と備品の種類は?

ベッドの足元方向の壁際にはチェストがあり、その上に薄型テレビが設置されているので、ベッドに横になったまま視聴することが可能です。(一般チャンネル・衛星放送等)

名古屋プリンスホテルスカイタワーのお部屋からの景色は?

全室トレインビュー。眺望は部屋ごとに異なりますが、名古屋駅方向の夜景は特に美しく、カップルのデートや特別な記念日などロマンティックな夜を過ごしたい人におすすめ。

窓から見える景色は?

名古屋プリンスホテル スカイタワーの客室は全室トレインビューとなっており、名古屋の景色・夜景を楽しむことができるのが魅力。

今回宿泊した36階スカイキングルームの窓からは、JR名古屋駅周辺の高層ビル群(JRセントラルタワーズ、JRゲートタワー、ミッドランドスクエア、ルーセントタワーなど)をほぼ正面に見ることができました。

名古屋市街の夜景がきれいなおすすめホテル「名古屋プリンスホテルスカイタワー」

お部屋から見える夜景もとても美しく、カップルのデートや記念日など、ロマンティックな夜を過ごしたい人におすすめです。窓際のソファに身を沈めてきれいな夜景を二人で眺めれば、忘れられない思い出になることでしょう。

鉄道マニアにも人気のお部屋

スカイキングルームからの眺望は「名古屋駅方面側」または「鈴鹿山脈・貨物駅側」となっており、予約時に指定することができません。

実は、今回最初に案内されたお部屋が「鈴鹿山脈・貨物駅側」の眺望(上写真)だったのですが、名古屋駅方面の夜景がおすすめと口コミで評判だったため、「可能なら名古屋駅方面の夜景が見せる部屋に移りたい」と伝えたところ、応じてもらえました。

各お部屋からの眺望は、名古屋プリンスホテル スカイタワーの公式サイトや、ホテル予約サイトなどで確認できます。

眺望は指定ではなく、あくまでリクエストなので、必ず希望通りになるわけではありませんが、対応してもらえる場合もあるので、希望があれば伝えてみるとよいでしょう。

名古屋プリンスホテル スカイタワーのバスルーム・トイレは?

全室バスルームとトイレが別。新しくてきれいなバスルームには大きなバスタブがあり、ゆったりと足を伸ばして入浴を楽しむことができます。

バスルームとトイレの様子

名古屋プリンスホテル スカイタワーは、全客室バスルームとトイレが別になっています。バスルームは、洗い場、バスタブともに広く、ゆったり足を伸ばして入浴を楽しむことができるのが魅力。新しいホテルだけあって水まわりがピカピカなのも気持ちが良いです。

シャワーはレインシャワー

バスルームにはレインシャワーとハンドシャワーの2タイプ。天井近くからお湯が柔らかい雨のように降り注ぐレインシャワーはとても気持ちが良かったです。

名古屋プリンスホテルスカイタワーの浴室とトイレは別

トイレはシャワートイレ(ウォシュレットタイプ)です。2人以上で宿泊する場合、バスルームとトイレが別になっているのはやはり便利。

バスルームとトイレも、客室同様、ブルーとホワイトを基調としたデザインで清潔感があり、落ち着きます。水まわりのきれいさ・新しさを重視する方にも名古屋プリンスホテル スカイタワーはおすすめです。

名古屋プリンスホテル スカイタワーのアメニティ・備品は?

全客室にホテルステイを快適にしてくれる十分なアメニティと備品が揃っています。

名古屋プリンスホテルスカイタワーのアメニティグッズの種類は?

名古屋プリンスホテル スカイタワーの客室には、ホテルステイを快適にしてくれる十分なアメニティと備品が揃っています。

バスルームと洗面化粧台まわりには、シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、フェイス&ハンドソープ、入浴剤、ハブラシ、綿棒、ヘアブラシ、レザー、シャワーキャップ、サニタリーバッグ、ランドリーバッグ、ドライヤー、そしてタオルとバスマット。

入浴剤は東海エリアのホテルらしく、ミキモトのパール成分入りの入浴剤でした。大きなバスタブでの快適なバスタイムをより優雅なものにしてくれそうです。

シャンプーとコンディショナー

最上階など一部の客室には、ブルーのボックスに「プリンスホテル」のロゴが入ったアメニティが置かれていますが、それ以外のお部屋では白いビニールケース入りのアメニティとなるようです。(アメニティのラインナップは同じ。)

アメニティーの中には化粧品もあり

シャンプー、コンディショナー、ボディーソープは、POLAのエステロワイエのもの(ポンプタイプ)。グレープフルーツオイルや、ベルガモット、ラベンダーなど、リラクゼーション効果の高い香りがブレンドされており、優雅な気分でリラックスできました。

クローゼットは広々している

客室クローゼットは扉を開けると点灯するタイプ。中にはハンガー、アイロン、アイロン台、消臭スプレー、洋服ブラシ、靴べら、セキュリティーボックスが用意されています。

充実のアメニティグッズ

チェストの上には無料サービスのミネラルウォーター「南魚沼のおいしい湧き水」が2本。そして、チェストの中には、カップ、湯飲み、グラス、コーヒー、ティーパック、ネスカフェ ドルチェ グスト、ドルチェ グスト用カプセル、電気ケトルが入っていました。

持ち込みの飲食物を冷やすことが出来る冷蔵庫

ライティングデスクの脇にある扉の中には冷蔵庫。ミニバーではなく、買ってきたドリンクなどを冷やすための冷蔵庫です。ホテル内に売店や自動販売機はないので、ホテル周辺のコンビニエンスストアを利用するのがおすすめ。

加湿空気清浄機あり

そのほか、客室にはナイトウェア、加湿空気清浄機などが備わっていました。

名古屋プリンスホテル スカイタワーの館内施設は?

館内にはブッフェレストラン、クラブラウンジ、フィットネスルーム、ビジネスセンター、喫煙コーナーの施設があります。

名古屋プリンスホテルスカイタワーの館内設備は?

名古屋プリンスホテル スカイタワーの館内施設としては、ブッフェレストラン「Sky Dining天空」(31階)、クラブラウンジ(31階)、フィットネスセンター(32階)、ビジネスセンター(32階)、喫煙コーナー(31階)があります。

名古屋プリンスホテル スカイタワーの館内施設

「Sky Dining天空」は、31階(地上140m)から名古屋駅周辺の高層ビル群を平面的に一望できる景色と、天井高4m20cmの開放的な空間で、地中海料理をベースとしたヘルシーなお料理や地元食材を取り入れたブッフェを楽しむことができるレストラン。

朝食つき宿泊プランの場合は、朝食はこちらでの和洋ブッフェとなります。朝食ブッフェ以外にも、ランチブッフェ、ディナーブッフェがあり、宿泊者以外でも利用可能です。

クラブラウンジはおすすめ?

「Sky Dining天空」と同じく、ロビーフロア(31階)にあるのが、限られた宿泊者しか入れないクラブラウンジ。ラウンジアクセス権のあるゲストは、チェックイン時に金色の専用カードをもらい、それをクラブラウンジ入口にある読み取り機にかざして入室します。

クラブラウンジを無料で利用できるのは、デラックスコーナールーム、プレミアムコーナールームの宿泊者、SEIBU PRINCE CLUB プラチナまたはゴールド会員の宿泊者、そして、スカイツインやスカイキングをラウンジアクセス権のついたプランで予約した宿泊者。

これらに当てはまらない宿泊者は、1名1泊あたり5,000円(税込)を支払えば、クラブラウンジを利用できます。

クラブラウンジでは、フリードリンク(アルコール類はカクテルタイムのみ)、アメリカンブレックファスト式のモーニングブッフェ、スイーツ、オードブルなど時間帯に応じて上質なサービスを受けることが可能。

ただし、クラブフロアではなく、誰もが出入りできるロビーフロアにあるラウンジなので、特別感という点では若干見劣りがするかもしれません。

眺望は素晴らしいのですが、同じフロアに宿泊者以外も入店できるブッフェレストランがあるので、「ラウンジにしかない魅力」にやや欠ける印象を受けました。カクテルタイムにお酒をたくさん楽しみたい方には良さそうです。

32階にあるフィットネスルームは、早朝5時から深夜0時まで営業しており、宿泊者(16歳以上)ならだれでも無料で利用可能。ランニングマシン、エアロバイク、クロストレーナーなどが用意されています。

また、同じく32階にあるビジネスセンターは、24時間営業で、パソコンおよび複合機をコイン式で利用できます。

名古屋プリンスホテル スカイタワーの朝食ブッフェは?

31階のブッフェレストラン「Sky Dining天空」で和洋の朝食ブッフェを楽しめます。

名古屋プリンスホテルスカイタワーの朝食付きプランはおすすめ?

名古屋プリンスホテル スカイタワーでは、31階ブッフェレストランSky Dining天空で、地上140mから名古屋駅周辺の高層ビル群を平面的に一望できる景色と天井高4m20cmの開放的な空間で、品ぞろえ豊富な和洋ブッフェの朝食をいただくことができます。

朝食は和洋ブッフェスタイル

この日はあいにくの空模様で、名古屋駅方面の高層ビルの上の方が霧に包まれてしまっていましたが、お天気の良い日にはすばらしい眺望が楽しめることでしょう。席は自由なので、空いていれば窓際に座るのがおすすめです。

料理の種類は豊富

ブッフェコーナーには、ソーセージ、ベーコン、卵料理、サラダ、スモークサーモン、温野菜、ご飯、お味噌汁、焼き魚、お惣菜、カレーなど一般的なメニューのほか、味噌カツやひつまぶし、きしめんなど名古屋のご当地メニューも並んでいました。

卵料理はオムレツや目玉焼きなど希望の調理法で目の前で焼いてもらうことができます。

朝食付きプランは人気のプラン

ホテルメイドのパンは、クロワッサンやデニッシュペストリーが充実。備え付けのバルミューダのトースターにお水を少し垂らして焼くと、サックサクの歯触りが楽しめるので、ぜひお試しを。

朝食ブッフェの提供は6:30~10:30(L.O10:00)。朝食付きでない宿泊プランの場合は大人一人2,700円、小学生(7~12才)1,600円、幼児(4~6才)1,000円で利用可能できます。

名古屋プリンスホテル スカイタワーのブッフェ

ブッフェレストランSky Dining天空のランチブッフェ、ディナーブッフェも人気です。

名古屋プリンスホテル スカイタワーのおすすめ度は?

名古屋プリンスホテル スカイタワーの評価と実際に泊まってみた感想

名古屋プリンスホテルスカイタワーのおすすめ度は?実際に泊まってみた感想

名古屋プリンスホテル スカイタワーに実際に泊まってみた感想としては、新しくてきれいな建物と、スタイリッシュで居心地の良い客室、そして高層階確約のホテルならではの素晴らしい眺望に大満足。

名古屋プリンスホテルスカイタワーのおすすめ度は?実際に泊まってみた感想

特に、JRセントラルタワーやJRゲートタワー、ミッドランドスクエアなど、名古屋駅周辺の高層ビル群をこの角度から見ることができるホテルは今までなかったので、トレインビューや、ロマンティックな夜景を楽しみたい方におすすめです。

名古屋駅から徒歩12分と若干離れているので、その点が不便に感じられるかもしれませんが、名古屋マリオットアソシアホテルやヒルトン名古屋よりもリーズナブルな価格で、なおかつ「新しくてきれいな建物」「すばらしい眺望・夜景」が楽しめるのは、名古屋プリンスホテルスカイタワーの魅力だといえるでしょう。

名古屋プリンスホテルスカイタワーのおすすめ度は?実際に泊まってみた感想

チェックアウトも12時と遅めなので、ゆっくりホテルステイを楽しみたい人にぴったり。個人的にもまた泊まりたいと思えるホテルで、名古屋滞在にある程度の時間が取れる人におすすめです。 

各公式サイトのバナーをクリックすると、名古屋プリンスホテル スカイタワーの空室状況と最安値をCheck出来ます!

数ある旅行予約サイトの中で人気なのが、じゃらん、楽天トラベル。なんと国内ホテル予約のシェア60%以上!

会員の方はそれぞれの公式サイトから申し込めば、よりお得に泊まれます。(じゃらんはPontaポイント、楽天トラベルは楽天スーパーポイントが宿泊料金の1~2%も付与!)

楽天公式サイトで空室確認と予約をする!

じゃらん公式サイトで空室確認と予約をする!


名古屋プリンスホテル スカイタワーの最安値をCheck!detail

名古屋プリンスホテル スカイタワーの宿泊料金の比較が簡単に出来ます。

どの予約サイトの会員にもなっていない方は、宿泊予定日の最安値を簡単に比較できる「トリップアドバイザー」がおすすめ!

ホテル予約サイトの「楽天トラベル」や「じゃらん」はもちろん、国内200社以上の予約サイトの宿泊料金をランキング形式で表示!最安値で名古屋プリンスホテル スカイタワーを予約出来ます。

公式サイトで宿泊予定日の最安値を比較する!

名古屋プリンスホテル スカイタワーの基本情報

ホテル宿泊料金(大人一人):15,444円~

住所

愛知県名古屋市中村区平池町4-60-12 (地図

電話

052-565-1110

アクセス

JR名古屋駅 広小路口より徒歩12分。または、名古屋駅よりあおなみ線で1駅の「ささしまライブ」駅にて降車、連絡通路(歩行デッキ)を渡ってすぐ。

最寄駅

JR名古屋駅、JRささしまライブ駅

部屋数

170室

設備

Wi-Fi(無料)、コーヒーメーカー、テレビ(一般チャンネル・衛星放送等)、電話、時計、冷蔵庫、ポット、グラス、湯のみ、ティーパック、ドライヤー、ウォシュレット、ハンガー、靴べら、タオル類、ナイトウェア、入浴剤、ハブラシ、綿棒、ヘアブラシ、フェイス&ハンドソープ、レザー、シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、シャワーキャップ、サニタリーバッグ、ランドリーバッグ、シューシャインペーパー、茶器セット

インターネット

客室を含め館内すべてで無料Wi-Fiを利用可能

館内施設

ブッフェレストラン「Sky Dining天空」(31階)、クラブラウンジ(31階)、フィットネスセンター(32階)、ビジネスセンター(32階)、喫煙コーナー(31階)

サービス

ボディケア(有料)、ランドリーサービス(有料)

クレジットカード

VISA・MASTER・JCB・アメックス・UC・DC・ダイナース・UFJ・NICOS・SAISON・プリンスカードが利用可能。

チェックイン

14:00~ ※宿泊プランごとにチェックイン時間の設定がある場合はそちらが優先。

チェックアウト

~12:00 ※宿泊プランごとにチェックアウト時間の設定がある場合はそちらが優先。

駐車場

あり。グローバルゲート地下駐車場を1泊あたり2,000円で利用可能。現地フロントでの精算。

名古屋プリンスホテル スカイタワーフォトギャラリー

所在地(住所)連絡先(電話番号)最寄駅からのアクセスチェックアウト時間チェックアウト時間部屋数部屋のタイプ設備Wi-Fiネット環境館内施設レストランフィットネスクラブマッサージサービスクレジットカード会議室(ミーティングルーム)駐車場おすすめ

はてなブックマークに追加  名古屋プリンススカイタワー

愛知県のハイクラスホテル一覧へ戻る

名古屋プリンスホテルスカイタワーの宿泊記を書いた人

のんくら

当メディアのプロデューサー兼チーフエディター。日本全国を旅しながらご当地の美味しいものを食べることが趣味。

カプセルホテルからハイクラスホテルまで様々なホテルや旅館に実際に泊まり、独自の厳しい目線で予約サイトの口コミや評判が真実なのかを徹底的に調査しています。


編集&校正 ビー・エイブル