本文へスキップ

SAKURA TERRACE THE GALLERY(サクラテラス ザ・ギャラリー)の口コミ&宿泊記

SAKURA TERRACE THE GALLERY(サクラテラス ザ・ギャラリー)

クラス:観光向けハイクラスホテル 予約サイト評価:4.5/5.0

JR京都駅八条口から徒歩2分。宿泊者向けのラウンジやレストラン&バー、大浴場があり、 ”住むように泊まれる”新感覚のホテル。口コミで評判の朝食ブッフェもおすすめ!

はてなブックマークに追加 SAKURA TERRACE THE GALLERY(サクラテラス ザ・ギャラリー)の口コミと評判は?実際に泊まった感想とおすすめ度

SAKURA TERRACE THE GALLERY(サクラテラスザ・ギャラリー)

SAKURA TERRACE THE GALLERY(サクラテラス ザ・ギャラリー)は、JR京都駅八条口から徒歩2分の便利な場所にあるホテルです。

NorthとSouth、2つの建物で構成された新感覚のホテルとして、2015年3月にオープンしたSAKURA TERRACE THE GALLERYは、”住むように泊まる”をコンセプトにしており、ひと味違う大人の京都ステイを叶えてくれます。

※このホテルは小学生以下(12歳以下)は宿泊できないため、子連れの家族旅行向きではありません。

SAKURA TERRACE THE GALLERY(サクラテラスザ・ギャラリー)

いわゆる京都らしい和モダンな雰囲気ではなく、木・石・水・炎など異なる素材を組み合わせた空間に現代アートを配したこのホテルは、とてもスタイリッシュで都会的です。

時期によりますがゲストの7~8割が外国人で、欧米からの個人旅行者が多いので、ホテルのラウンジでくつろいでいると、まるで自分が外国にいるような気分になるほど。普段の国内旅行とはちょっと違ったホテルステイができることでしょう。

▶ 宿泊予定日の空室&最安値をCheckして予約する!

SAKURA TERRACE THE GALLERY(サクラテラスザ・ギャラリー)

今回はこのSAKURA TERRACE THE GALLERY(サクラテラス ザ・ギャラリー)のNorth ルーフダブルのお部屋に泊まってきたので、お部屋の様子や備品、バスルーム、大浴場、館内施設、おすすめ度などを詳しく紹介します。

このページの目次

  1. ホテルへのアクセス
  2. フロントロビー
  3. 客室の種類
  4. お部屋の様子と備品
  5. バスルームとトイレ
  6. 館内施設とサービス
  7. 朝食付きプラン
  8. SAKURA TERRACE THE GALLERYのおすすめ度は?
  9. 空室状況と最安値をチェックして予約!

SAKURA TERRACE THE GALLERYへのアクセスは?

JR京都駅八条口から徒歩2分とアクセス良好なのに、夜は静かな立地です。

SAKURA TERRACE THE GALLERY(サクラテラス ザ・ギャラリー)へのアクセス

SAKURA TERRACE THE GALLERY(サクラテラス ザ・ギャラリー)は、JR京都駅八条口から徒歩2分の東九条上殿田町にあります。八条口は京都駅の南側にあり、バスターミナルや京都タワーのある烏丸口とは反対側のため、駅近でありながら静かな立地です。

SAKURA TERRACE THE GALLERY(サクラテラスザ・ギャラリー)へのアクセス

八条西口を出て八条通を渡って、室町通(MKタクシー乗り場横)を南へ200メートルほど進むと、左手にホテルが見えてきます。

SAKURA TERRACE THE GALLERY(サクラテラスザ・ギャラリー)へのアクセス

レセプション(フロントデスク)があるのは建物の南側ですが、この建物(North=北館)の1階はパティオになっており、通り抜けができます。

SAKURA TERRACE THE GALLERY(サクラテラスザ・ギャラリー)へのアクセス

室町通から来た場合は、North(北館)の東側からパティオを突っ切ってレセプションへ向かうのが近いでしょう(上写真は東側からNorthに入ったところ)。


なお、SAKURA TERRACE THE GALLERYには駐車場がありません。車の場合は近隣のコインパーキングを案内してもらえますが、紅葉や桜の季節は市内駐車場は平日でも満車のことが多いとのことなので、できるだけ公共交通機関で行くのがおすすめです。

SAKURA TERRACE THE GALLERYのフロントロビーは?

チェックインは14時、チェックアウトは11時。パティオに続く開放的なフロントロビー、ウェルカムドリンクとフリードリンクのサービスあり。

SAKURA TERRACE THE GALLERY(サクラテラスザ・ギャラリー)のフロントロビー

SAKURA TERRACE THE GALLERY(サクラテラスザ・ギャラリー)のフロントロビーはNorth(北館)にあり、建物の南側にレセプションがあります。

SAKURA TERRACE THE GALLERY(サクラテラスザ・ギャラリー)の自動チェックアウト機

チェックイン時にフロントスタッフからルームカードを受け取り、横にある自動チェックイン/チェックアウト機械で清算をするスタイルでした。また、この近くには指紋認証を備えたセーフティーボックスも設置されており、貴重品を預けるのに利用できます。

SAKURA TERRACE THE GALLERY(サクラテラスザ・ギャラリー)のフロントロビーのイス

レセプションデスクの向かいにはアーティスティックなチェアが置かれ、その奥にソファスペースが設けられています。

SAKURA TERRACE THE GALLERY(サクラテラスザ・ギャラリー)のロビーラウンジスペース

ソファースペースにはストーブがありましたが、ここはフロントロビーの一部とはいえ、壁のない半屋外のため、冬場はくつろぐのにはちょっと寒いかもしれません。

SAKURA TERRACE THE GALLERY(サクラテラスザ・ギャラリー)のパティオ

フロントロビーはパティオに続いています。この空間はNorthを貫く通路であり、宿泊者の憩いの場となる中庭でもあるのです。

SAKURA TERRACE THE GALLERY(サクラテラスザ・ギャラリー)のウェルカムドリンク

パティオに面したバーでは、宿泊者へウェルカムドリンクの無料サービスを行っています(アルコールを含むドリンクメニューの中から1人1杯/17:30~22:00)。

SAKURA TERRACE THE GALLERY(サクラテラスザ・ギャラリー)のフリードリンクサービス

また、朝食ブッフェやディナーに使われるレストランは、10:00~17:30の時間帯、宿泊者向けのフリーカフェとして開放されています。

このフリーカフェはドリンク類が充実しているのが嬉しいところ。自家焙煎のコーヒーは豆が4種類揃っており、挽きたての豆で淹れるコーヒーを楽しめるほか、プリミアスティーのティーバックが数種類、また緑茶もありました(すべて無料)。

ひとりで読書にふけるのもよし、同行者とおしゃべりを楽しむのもよし。混雑する駅ナカのカフェに行かなくても、ホテル内でゆっくりできるのは、”住むように泊まる”SAKURA TERRACE THE GALLERYらしいサービスです。

SAKURA TERRACE THE GALLERYの客室の種類は?

全220室。ぬくもりのある木目を基調としたNORTHと、色彩とアートが融合した個性的なSOUTHに、それぞれシンプルステイルームとリラックスステイルームがあります。

SAKURA TERRACE THE GALLERY(サクラテラスザ・ギャラリー)の客室の種類

SAKURA TERRACE THE GALLERY(サクラテラスザ・ギャラリー)の客室数は、North(北館)とSouth(南館)を合わせて全220室です(全室禁煙)。

SAKURA TERRACE THE GALLERY(サクラテラスザ・ギャラリー)の客室の種類 階数表示

North、Southともに、京都観光やビジネスが中心でお部屋での滞在時間が短めの人向きの「スタンダード×シンプルステイルーム」と、お部屋でゆったりと過ごしたい人向きの、広めのバルコニーを備えた「ラグジュアリー×リラックスステイルーム」があります。

▼スタンダード×シンプルステイルーム

  • North モデレートダブル(17㎡+バルコニー6㎡、ベッド幅160cm)
  • North スタンダードダブル(17㎡+バルコニー6㎡、ベッド幅160cm)
  • North スーペリアダブル(19㎡+バルコニー6㎡、ベッド幅160cm)
  • North モデレートツイン(19㎡、ベッド幅100cm×2台)
  • North スタンダードツイン(19㎡+バルコニー6㎡、ベッド幅100cm×2台)
  • South モデレートダブル(17㎡、ベッド幅160cm)
  • South スタンダードダブル(17㎡、バルコニー5~6㎡、ベッド幅160cm)
  • South スーペリアダブル(18㎡、バルコニー6㎡、ベッド幅160cm)
  • South スタンダードツイン(18㎡、バルコニー6㎡、ベッド幅100cm×2台)

▼ラグジュアリー×リラックスステイルーム

  • North デラックスキング(25㎡、バルコニー6㎡、ベッド幅180cm)
  • North ルーフキング(21㎡、バルコニー13~15㎡、ベッド幅180cm)
  • North ルーフダブル(22㎡、バルコニー13~15㎡、ベッド幅160cm)
  • North テラスダブル(25㎡、バルコニー8㎡、ベッド幅180cm)
  • North デラックスツイン(25㎡、バルコニー6㎡、ベッド幅110cm×2)
  • North ルーフツイン(22㎡、バルコニー15㎡、ベッド幅110cm×2)
  • South デラックスダブル(23㎡、バルコニー5㎡、ベッド幅160cm)
  • South バルコニーダブル(19㎡、バルコニー9㎡、ベッド幅160cm)
  • South ルーフダブル(20㎡、バルコニー25㎡、ベッド幅160cm)
  • South ユニバーサルツイン(28㎡、バルコニー12㎡、ベッド幅100cm×2台

(写真はSouthの中庭)

客室の種類が多く迷ってしまうかもしれませんが、お部屋が比較的狭めでもよいから宿泊料金を抑えたいなら「スタンダード×シンプルステイルーム」、宿泊料金が多少高くなってもよいから広めのバルコニーがついたゆったりとしたお部屋に泊まりたいなら「ラグジュアリー×リラックスステイルーム」から選ぶと良いでしょう。

いわゆるシングルルームはなく、1人で泊まる場合は、ダブルまたはツインのシングルユースをするかたちとなります。最も狭い部屋でも17㎡あるので、一般的なビジネスホテルに比べれば、ゆとりを感じられる間取りだと思います。

▶ 宿泊予定日の空室&最安値をCheckして予約する!

SAKURA TERRACE THE GALLERYのお部屋の様子と備品は?

Northのルーフダブルのお部屋とバルコニーを詳しく紹介します。

SAKURA TERRACE THE GALLERYのお部屋のカードキー

今回はSAKURA TERRACE THE GALLERYのNorth最上階(6階)にある、ルーフダブルのお部屋に泊まりました。客室ドアはカードキーで開錠します。

SAKURA TERRACE THE GALLERYのお部屋の様子と備品

ルーフダブルはラグジュアリー×リラックスステイルームのひとつで、客室の面積22㎡、バルコニー13~15㎡、ベッド幅160cmのお部屋です。室内にはソファはありませんが、ベッドの足元にある細長いベンチがソファ代わりになります。

SAKURA TERRACE THE GALLERYのお部屋の様子と備品

ベッドはシモンズ社製マットレスを使用しており、寝心地の良さは抜群です。ピロー2種類とクッション、そして客室や館内で利用できるブランケットが用意されていました。

ベッドサイドテーブルと読書灯は両側についているのですが、この読書灯のオン・オフが両側同時にしかできないうえ、明るさの調節ができません。また、枕元にコンセントがないのも不便に感じました。

ルーフダブルのお部屋のベッド

(フロントで延長コードを借りられるそうですが、枕元でスマホの充電をしたい人は多いと思うので、なぜネッドヘッドにコンセントを設置しなかったのかと不思議です。)

片側のサイドテーブルの中はミニ冷蔵庫(中身は空)になっています。

ルーフダブルのお部屋のベッド

クローゼットはありませんが、片側の壁面にポールがあり、ハンガーかかっていました。また、荷物置きラック、館内用スリッパ、客室用スリッパ、靴べら、消臭スプレーも。

大浴場専用バック’&ブランケット、作務衣がひきだしに入っています。

SAKURA TERRACE THE GALLERYのお部屋の様子と備品

ハンガーポールの横には縦長の姿見もあるので、身支度を整えるのに便利です。ドア付近にはプラズマクラスター加湿器付空気清浄機も置かれていました。

お部屋の備品 テレビカウンター

ベッドの足元方向には、薄型テレビが設置された棚があります。デスクはありませんが、キューブ状のイスがあるため、この棚を簡易デスクとして使うことができるでしょう。

お部屋の備品

棚のひきだしには、ヘアドライヤー、マーガレット・ジョセフィンの女性用アメニティと入浴剤(部屋によります)、電気ケトル、湯飲み、インスタントティーがありました。

バルコニー

窓の外にはバルコニーがあり、デッキチェアが2つ置かれています。暖かい季節なら、ここでのんびりくつろぎたいところですが、寒い季節にはあまり利用できません。

客室バルコニーからの景色

このお部屋は最上階(6階)でしたが、特に眺望がよいわけでもなく、夜景がきれいなわけでもないので、せっかくの広いバルコニーもいまいち活用できませんでした。リゾート地であればともかく、京都駅周辺ですからね……。

SAKURA TERRACE THE GALLERYのバスルームとトイレは?

大きなバスタブと洗浄機付きトイレ、洗面化粧台が備わっています。

SAKURA TERRACE THE GALLERYのバスルームとトイレ

こちらがSAKURA TERRACE THE GALLERYのルーフトップのバスルームとトイレです。モノトーンに統一され、スタイリッシュな印象。

SAKURA TERRACE THE GALLERYのバスルームとトイレ

客室からスライドドアを開けた正面に洗面化粧台が、その横にウォシュレット付きトイレがあります。

こうした作りは部屋を広く見せるのに効果的だと思うのですが、このスライドドアが完全に閉まるタイプではなく、施錠もできないので、カップルや友人同士で泊まるときに音が気になるかもしれません。

洗面化粧台にはボディウォッシュタオル、歯ブラシ、カミソリ、コームなどのアメニティが用意されていました。こちらもバスルームの雰囲気にあわせてモノトーンです。

バスタブ

バスタブは横幅がある広いタイプで、2人で入ることもできそうなほど。

バスアメニティは、ペリカン石鹸・プロバンシアのもので、南フランス産の植物エキスとオイルを配合したバス&シャワージェル、ラベンダーの香りのシャンプー&コンディショナーが置かれていました。

SAKURA TERRACE THE GALLERYは、こうしたアメニティにこだわっている印象です。細やかな部分にも良質なもの、香りのよいものが用意されているのは女性としては嬉しいものですし、ホテルステイの満足度もぐっと上がります。

SAKURA TERRACE THE GALLERYの館内施設とサービスは?

サウナ付き大浴場、ジム、ギャラリーラウンジ、レストラン&バー、セルフランドリーなど、ホテルステイを快適にしてくれる施設とサービスが揃っています。

SAKURA TERRACE THE GALLERYの館内施設 大浴場

SAKURA TERRACE THE GALLERYのSouth(南館)には、男女別のサウナ付き大浴場があります。営業時間は6:00~10:00、16:00~1:00。

SAKURA TERRACE THE GALLERYの館内施設 大浴場の脱衣所

上写真は女性用の脱衣所です。(許可を得て撮影)

清潔で広々としており、ロッカーも十分に用意されています。タオルはないので客室から持っていく必要がありますが、アメニティやドライヤーなどは揃っていました。

大浴場のアメニティ

アメニティはマーガレット・ジョセフィンのもの。綿棒、ヘアゴム、コームもあります。

SAKURA TERRACE THE GALLERYのシャンプーバー

ユニークなのがこちらのシャンプー・バー。大浴場の洗い場にも備え付けのシャンプー&コンディショナーがあるのですが、このバーから好みのシャンプー&コンディショナーを自由に大浴場内に持っていけます。女性に嬉しいサービスですね。

SAKURA TERRACE THE GALLERYの館内施設 大浴場

こちらが大浴場の中です。ゆったりと湯船に浸かって旅の疲れを癒せます。外国人ゲストが多いせいか、壁に外国語で「大浴場の利用マナー」が掲示してありました。

お湯はスタッフが2時間毎にチェックをしているそうで、気持ちよく利用できます。

SAKURA TERRACE THE GALLERYの館内施設 大浴場

ゆったりとした湯船のほか、サウナ(女性用は塩サウナ)も備わっているのが魅力です。

ギャラリーラウンジ

South1階にあるギャラリーラウンジではお茶やジュース、コーヒーなどをセルフサービスで利用できます。お風呂上がりの休憩にもぴったりのスペースです。

SAKURA TERRACE THE GALLERYのフィットネスジム

同じくSouth1階にはトレッドミル数台を備えたフィットネスジムもあります。

セルフランドリー コインランドリー

セルフランドリー(コインランドリー)もあり、連泊する人は重宝しそうです。

SAKURA TERRACE THE GALLERYのSouth 南館

少し気になったのは、大浴場は上写真のSouth(南館)にあるため、North(北館)に宿泊している人は、部屋のタオルを持って、道路を渡らなくてはいけないこと。

屋根のない外なので、暖かい季節の晴れた日なら気になりませんが、寒い冬場や、雨・雪の日には、この移動がちょっと辛い気がしました。

館内設備 自動販売機

North1階の奥には自動販売機と製氷機があります。また、コンビニも近いです。

SAKURA TERRACE THE GALLERYの朝食付きプランは?

約40種類のメニューが並ぶ朝食ブッフェはおいしさにも定評あり。朝食付きプランでない場合は、当日フロントで朝食券を買えば利用できます。

SAKURA TERRACE THE GALLERYの朝食ブッフェの内容

SAKURA TERRACE THE GALLERY(サクラテラス ザ・ギャラリー)には、素泊り(宿泊のみ)プラン、朝食付きプラン、2食(朝食・夕食)付きプランがあります。

この朝食がおいしいと口コミで評判が良かったので、今回実際に食べてきました。

SAKURA TERRACE THE GALLERYの朝食ブッフェ会場のレストラン

朝食会場はNorth1階のレストランで、朝食提供時間は7:00~10:00(L.O.9:30)です。

SAKURA TERRACE THE GALLERYの朝食チケット

素泊りで予約した場合でも、チェックインの際、また当日の朝にフロントで朝食チケット(大人1人2,300円/税込)を買えば利用できます。

SAKURA TERRACE THE GALLERYの朝食ブッフェ会場のメニュー

朝食は、産地直送のお米を自家精米してご提供するほか、お米に合うこだわりの卵料理や具だくさんのスープ、自家製スムージー、約16種の野菜を使ったフレッシュサラダ、焼きたての自家製パンなどこだわりのメニュー約40種が並ぶブッフェスタイルです。

全体的に洋食メニューが多めですが、和食のコーナーもありました。

SAKURA TERRACE THE GALLERYの朝食ブッフェ会場のパンやデザート

SAKURA TERRACE THE GALLERYの朝食ブッフェには、石窯ブレッド、ライ麦パン、アップルペストリー、全粒チャバタ、ツイストレモン、クロワッサンなど、種類豊富な自家製パンが並ぶので、パン好きさんにはとてもおすすめ。

焼きたてのフレンチトーストはプレーンや抹茶など3種類、オープンサンドや小さなサンドウィッチも複数の種類が揃っていて、選ぶ楽しみがあります。

SAKURA TERRACE THE GALLERYの朝食ブッフェ 盛り付け写真

どれも美味しそうで、盛りだくさんのパワー・ブレックファストになってしまいました。野菜とパンが特においしく、朝からエネルギーをいっぱいチャージできた気分です。

AKURA TERRACE THE GALLERYの朝食ブッフェ レストランの様子

朝食ブッフェ会場のレストランの混雑具合は、宿泊曜日や時間帯にもよると思いますが、私が訪れた9時頃は半分くらいの席が埋まっている程度でした。ソファは座り心地がよく、両側が大きなガラス窓になっていて、開放感たっぷり。

AKURA TERRACE THE GALLERYの朝食ブッフェのコーヒー

自家焙煎のコーヒーはテイクアウト用のカップも用意されているので、朝食後、お部屋に持って帰れます。バルコニーでゆっくりとコーヒーを味わうのもいいですね。

SAKURA TERRACE THE GALLERYのおすすめ度は?

SAKURA TERRACE THE GALLERYの評価と実際に泊まってみた感想

SAKURA TERRACE THE GALLERYの評価と実際に泊まってみた感想

今回SAKURA TERRACE THE GALLERY(サクラテラスザ・ギャラリー)に実際に泊まってみた感想ですが、よい意味で京都らしくないホテルであり、新感覚の滞在型ホテルだと感じました。JR京都から徒歩2分という立地も非常に便利でした。

SAKURA TERRACE THE GALLERYの評価と実際に泊まってみた感想

豪華なホテルではありませんが、ホテルステイを楽しめるので、寝泊まりするだけの画一的なチェーン型ホテルとは違った、思い出に残る宿泊体験ができることでしょう。

SAKURA TERRACE THE GALLERY(サクラテラス ザ・ギャラリー)に実際に泊まった感想とおすすめ度

個人的にとても良かったのが、朝食ブッフェです。2,300円(税込)と特に安いわけではありませんが、メニューの豊富さ、そしておいしさを考えると、文句なしの大満足!

外国人ゲストが多いせいか、まるで海外のカフェやホテルラウンジにいるような気分で、ゆったりと朝食タイムを過ごすことができました。SAKURA TERRACE THE GALLERYに泊まるなら、ぜひ朝食付きプランをおすすめします。

SAKURA TERRACE THE GALLERY(サクラテラスザ・ギャラリー)

今回泊まったSAKURA TERRACE THE GALLERYの近くには、姉妹ホテルであるSAKURA TERRACE(サクラテラス)、SAKURA TERRACE THE ATELIER(サクラテラス ザ・アトリア)があるので、予約の際はお間違えのないように。

京都駅からいちばん近く、特に口コミの評判がよいのが、このSAKURA TERRACE THE GALLERY(サクラテラスザ・ギャラリー)です。

各公式サイトのバナーをクリックすると、SAKURA TERRACE THE GALLERY(サクラテラスザ・ギャラリー)の空室状況と最安値をCheckできます!

数ある旅行予約サイトの中で人気なのが、じゃらん、楽天トラベル。なんと国内ホテル予約のシェア60%以上!

じゃらんはPontaポイント、楽天トラベルは楽天スーパーポイントが宿泊料金の1~2%も還元!楽天カードでホテル代を支払うと最大4%のポイント還元でさらにお得に泊まれます。

楽天公式サイトで空室確認と予約をする!

じゃらん公式サイトで空室確認と予約をする!


SAKURA TERRACE THE GALLERYの最安値をCheck!detail

SAKURA TERRACE THE GALLERYの最安値料金が簡単に見つかる!

SAKURA TERRACE THE GALLERY(サクラテラスザ・ギャラリー)の最安値をCheckしたいなら、宿泊予定日の最安値を簡単に比較できるトリップアドバイザーがおすすめ!

ホテルの料金は予約サイトによって様々。トリップアドバイザーは、国内200社以上のホテル予約サイトの宿泊料金をランキング形式で表示!宿泊予定日のSAKURA TERRACE THE GALLERY(サクラテラスザ・ギャラリー)の最安値が簡単に見つかります!

トリップアドバイザーで最安値を比較して予約する!

SAKURA TERRACE THE GALLERYの基本情報

ホテル宿泊料金(大人一人):12,000円~

住所

京都府京都市南区東九条上殿田町39(地図

電話

075-672-0002

アクセス

新幹線/電車:JR京都駅(八条西口から徒歩2分、八条口から徒歩4分)
車:名神高速道路 京都南I.Cから約20分

最寄駅

JR京都駅(八条西口から徒歩2分)

部屋数

220室(全室禁煙)

客室設備

個別空調、プラズマクラスター加湿器付空気清浄機、ミニ冷蔵庫、無料CS放送、ウォシュレット付トイレ、マイナスイオンドライヤー、電気ケトル ※ベッドはシモンズベッドを使用

館内設備

サウナ付き大浴場、ジム、ギャラリーラウンジ、レストラン&バー、セルフランドリー(コインランドリー)、自動販売機、製氷機

インターネット

全館で無料Wi-Fiを利用可

駐車場

なし(近隣のコインパーキングを利用)

サービス

ウェルカムドリンク無料サービス(1人1杯)、フリードリンクカフェ、テイクアウトサービス

クレジットカード

JCB、VISA、Master Card、AMEX、Diners

チェックイン

14:00

チェックアウト

11:00

公式サイト

http://sakuraterrace-gallery.jp/

SAKURA TERRACE THE GALLERY フォトギャラリー

住所アクセス連絡先チェックイン館内施設チェックアウト客室数朝食付きプラン

はてなブックマークに追加 SAKURA TERRACE THE GALLERY(サクラテラス ザ・ギャラリー)の口コミと評判は?実際に泊まった感想とおすすめ度

京都府のホテル一覧へ戻る


SAKURA TERRACE THE GALLERYの宿泊記を書いた人

ayan

愛知県在住フリーランスで、ブログ歴15年目のブロガー&旅ライターとして国内外で活動中。各国政府観光局及び航空会社とのタイアップ企画参加経験も複数あり。

旅行が大好きで、過去に旅した国は10カ国以上。5つ星ホテルからバックパッカーズのドミトリーまで多種多様な宿泊施設に泊まった経験を元に、ホテルやラウンジを詳しく紹介します。

編集&校正 ビー・エイブル