本文へスキップ

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの口コミと評判

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

クラス:ハイクラスホテル 予約サイト評価:4.3/5.0

石垣島屈指のラグジュアリーリゾートホテル ANAインターコンチネンタル石垣リゾート。ゆったりと静かに海を眺めながら過ごすことができるほか、多彩なアクティビティも。

はてなブックマークに追加  ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの口コミと評判は?実際に泊まった感想とおすすめ度

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

石垣島で屈指のラグジュアリーなリゾートホテルとして知られる、ANAインターコンチネンタル石垣リゾート。石垣島の海と空の青に良く映える白いホテルは帆船をイメージして作られています。マエサトビーチに面するため、ほとんどの部屋はオーシャンビュー。

石垣空港からは車で20分程度、繁華街が近い石垣港からは車で10分程度と、街の喧騒から離れた静かな立地もポイントです。夜間は付近の灯りが少ないので、ビーチで星を眺める「南の島の星空ツアー」も実施されます。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

予約サイトでの評価は4.37と、評判の良いANAインターコンチネンタル石垣リゾート。

全ての項目において評点は4.0以上と高評価なのですが、中でも特に評価が高いのは部屋とアメニティ、そして設備。さらに立地も好評です。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートには、大きく分けて二つの建物があり、それぞれ、タワーウィングとコーラルウィングと呼ばれています。

→宿泊日の空室状況と最安値をCheckして予約する!

今回宿泊したのはANAインターコンチネンタル石垣リゾートのコーラルウィングですが、タワーウィングのプレミアムフロアのお部屋も特別に見せていただきましたので、あわせて口コミの評判が本当か詳しく紹介します。

このページの目次

  1. ホテルへのアクセス
  2. 客室の種類
  3. フロントロビー
  4. お部屋の様子と眺望
  5. お風呂とトイレ
  6. 備品とアメニティ
  7. 館内施設
  8. 朝食
  9. ANAインターコンチネンタル石垣リゾートのおすすめ度は?
  10. 最安値を確認して予約

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートへのアクセスは?

石垣空港からは車で20分、石垣港からは車で10分程度とアクセス良好な立地です。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートへは、石垣空港からは車で20分、石垣港からは10分程度の場所にあります。レンタカー利用の場合は、駐車場代は無料。ホテルの255室に対し300台とゆとりがあるので安心です。

石垣島路線バスの場合は、空港線系統10番にて、石垣空港から約20分「ANAインターコンチネンタル」停留所下車です。路線バスは繁華街のある石垣港にもエントランスから直接向かうことができるので便利という口コミも。

また、石垣島のタクシー初乗り運賃は460円(2018年2月現在)なので、タクシーを使うのもおすすめです。


ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの客室の種類は?

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの客室数は255室。タワーウィングとコーラルウィングに別れ、客室タイプは全部で11タイプあります。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの客室の種類

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートには、「タワーウィング」「コーラルウィング」という2つの建物があり、タワーウィングには8タイプ、コーラルウィングには3タイプ、全部で11タイプの部屋があります。建物別の客室の種類は以下の通り。

▼タワーウィングの客室一覧

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの客室の種類 タワーウィング

タワーウィングは、全室オーシャンビューでバルコニー付き 。11階建てで、8つのタイプのお部屋があります。

  • スーペリア:3~4階 ・40㎡・1名~4名
  • デラックス:5~8階 ・40㎡・1名~4名
  • スーパーデラックス:5~9階・40㎡・1名~4名
  • プレミアム:9~11階・40㎡・1名~4名
  • レッドスイート:10階・80㎡・1~3名
  • グリーンスイート:10階・80㎡・1~3名
  • ブルースイート:11階・80㎡・1~3名
  • ロイヤルスイート:11階・120㎡・1~3名

▼コーラルウィングの客室一覧

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの客室の種類 コーラルウィング

コーラルウィングは、バルコニーがない分部屋が広めのゆとりのあるサイズ。プレミアムオーシャンビュー以外の客室については、プレミアムガーデンビューは海が見えません。

また、プレミアムパーシャルオーシャンビューは海が建物の向こう側になるので、建物の奥に海が見えます。しかしコーラルウィングはタワーウィングよりもビーチに近い立地のため、ビーチが目当ての方にはおすすめです。3つのタイプのお部屋があります

  • プレミアムガーデンビュー:1階・50㎡・1~5名
  • プレミアムパーシャルオーシャンビュー:2~4階・50㎡・1~5名
  • プレミアムオーシャンビュー:2~4階・50㎡・1~5名

(※全室3名以上はエキストラベッド使用。)

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの客室の種類

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートには、このようにさまざまなタイプの部屋があるので、個人・カップル・家族・グループ、そしてラグジュアリーな旅まで、用途と予算にあわせてリゾートステイを満喫できます。

→各グレードのお部屋の詳細と宿泊日の最安値をCheckしておく!

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートのフロントロビーは?

エントランスにアテンドスタッフが待機しており、チェックインがスムーズ。待合も広く、アクティビティの申込や情報収集ができるコーナーもあります。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートのフロントロビー

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートのホテル駐車場に車を停めた後、荷物を持ってエントランスに向っていると、すぐにスタッフの方が駆け寄ってきて、名前を確認され、フロントまでアテンドしてくれました。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートのフロントロビー

フロントロビーは見ての通りゆったりとしたスペース。私が来た時は混み合っていませんでしたが、大型ホテルのため、時間帯によっては団体客のチェックインで時間がかかることもあるそうです。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートのフロントロビー

その場合は、フロントカウンターの向かいのラウンジにつながる待合スペースがあるので座ってゆったり待つことも可能です。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートのフロントロビー

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートは広くて設備が充実しているので、スタッフの方がその内容を丹念に解説してくれるのですが、解説の時間が少々長いので、チェックインに時間をかけたくない方は解説不要の旨をお伝えすると良いかもしれません。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートのフロントロビー

ホテル内外のアクティビティなどを申し込みたい方は、フロントからエントランスを挟んでリゾートセンターがあります。

リゾートセンターでは、観光情報提供やレンタカーの手配、施設内の様々なアクティビティの予約も受け付けています。受付時間は朝の午前7時より夜の8時30分まで。

天気やバスの時刻表もリゾートセンターのモニターで確認できるので、お出かけ前に一度立ち寄っておくとよいでしょう。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートのフロントのビジネスコーナー

また、リゾートセンター隣のスペースには、観光情報などを集めた冊子や、八重山の伝統工芸などが飾られた重厚な本棚が仕切りとなったビジネスコーナーが設けられています。

置いてあるパソコンは自由に使用可能。なお館内は無料Wi-Fiがあるので、インターネットがどこでも利用可能となっています。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートのお部屋の様子と眺望は?

タワーウィングのお部屋はオーシャンビューで、高層階がプレミアムフロアです。コーラルウィングはバルコニーがない分、50㎡と広め。ゆったりとした作りでくつろげます。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの客室の様子

今回は、別館にあたるコーラルウィングのパーシャルオーシャンビュー(海が一部見える)に宿泊して来たのですが、ホテルの方のご厚意により、タワーウィング9階のプレミアムルームを見せていただけたのでそちらから先にご紹介します。

間取りは、ドアを開けて手前にバーカウンターとバスルームがあり、奥がベッドルームになっています。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの客室の様子

手前にベッドが並び(この部屋はツインルームでした)、テーブルの奥にはバルコニー。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの客室からの景色

バルコニーからマエサトビーチを広く見渡せるこの眺望が、タワーウィング高層階の一番の魅力。天気の良い日は、ベランダに設けられたベンチで、ルームサービスを取りながら、のんびりと過ごすのも良さそうですね。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートのコーラルウィング

次はコーラルウィングです。別館のようになっており、ロビー階の2階が渡り廊下でつながっています。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの客室の様子

コーラルウィングの部屋はバルコニーはありませんが、窓が大きく、光の入り具合は遜色ありません。また、バルコニー分も部屋になっているので、タワーウィングの部屋よりも10㎡ほどゆったりとした作りになっているのが特徴。

タワーウィングの部屋を見た後だったので、なおさら広さが良くわかりました。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの客室の様子

八重山の伝統工芸「ミンサー織」をタペストリーにしたシックなインテリア。このベッドはダブルではなくキングサイズで、とても大きいのですが、部屋が広いためベッドによる圧迫感は全くありません。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの客室の様子

窓側にはゆったりとしたオットマン付きのソファ、壁には流木アートが飾られています。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの客室のテーブル

反対側には書類やパソコンを広げても充分ゆとりのある大きめのテーブルがありました。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの客室の様子

テレビ台の上の空間にもゆとりがあり、トランクを置いたり、チェストに衣類をしまったりするのに十分なスペースがあります。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの客室からの景色・眺望

気になる客室うからの景色(眺望)ですが、こちらの部屋はゴルフ場に面しているので、緑あふれる草原のような光景と、パーシャルオーシャンビューの名前の通り、確かに一部海が見えました。

完璧なオーシャンビューを望む方には眺望はいまいちかもしれませんが、この建物の向こうがすぐビーチという立地なので、ビーチ遊びをメインとしたい方にはこちらのコーラルウィングの方がおすすめなのではと感じます。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの客室の様子

コーラルウィングはレストランや大浴場は遠いのですが、その分ビーチが近いので、水着でそのまま出られる気軽さがあります。実際、広さとビーチの近さを優先する方は、毎回コーラルウィングを指定されて宿泊される方もいらっしゃるそうです。

眺望を気にされる方は、コーラルウィングでもオーシャンビューの部屋があります。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートのお風呂とトイレ

浴室と洗面所、トイレはそれぞれ独立しており、広さも充分。バスタブとは別にガラス扉付きのシャワーブースが別に設置されています。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートのバスルーム(お風呂)・洗面所・トイレ

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの洗面所・バスルーム・トイレは、リビングの手前。バーコーナーの奥にあります。

お風呂・トイレ・洗面所については、スイート以外はほぼ作りは同じ。ドアを開けると洗面所、トイレ、バスルームがそれぞれ独立しており、広くゆとりのあるレイアウトです。

洗面台はメイク道具などを置くのに充分な広さ。フェイスタオルをハンドタオルとは別に洗面台に作り付けのポールにかけてあります。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートのバスルーム・洗面所

壁には手鏡サイズの鏡が作りつけられており、裏面は拡大鏡になっていて、メイクアップの際に役立ちます。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートのバスルーム(お風呂)・洗面所

バスルームを見ると、バスタブの横にもう1つ洗面にも使える流しがありました。複数名で泊まる際には、身支度をする場所が2つあるのは便利ですね。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートのバスルーム(お風呂) バスタブ

バスタブも申し分ない広さです。

シャワーはバスタブの向かい側に、ガラス扉付きのシャワーブースが設けられていて、こちらで使用します。シャワーヘッドは大きめで、水圧も強いです。

シャワーヘッドの位置は上下好きな場所に設定できるようになっていますが、個人的にはシャワーブースだけでなく、バスタブにもシャワーがもうひとつ欲しいと思いました。

また、タワーウィング端にサウナ付の大浴場があり、そちらも無料で利用できます。浴衣や館内着ではホテル内は歩けませんが、バスタオルは大浴場に備え付けのものを使うことが可能。なお、大浴場の入場にはお部屋のカードキーが必要です。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートのバスルーム・トイレ

洗面台の奥にトイレがあります。洋式の洗浄機能付きトイレです。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの備品とアメニティは?

快適なホテルステイを過ごすための備品が揃い、アメニティも充実しています。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの客室備品 テレビ

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの客室備品を紹介します。お部屋のテレビはDVDプレーヤーが備え付けられていて、室内でゆったりと過ごす場合にも便利です。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの客室備品

テレビ台となっているチェストには室内着が収納されています。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの客室クローゼット

それとは別に、ゆとりある広さのクローゼットには、お風呂上りに重宝するタオル素材のバスローブも用意されていました。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの客室備品 金庫

クローゼットの手前には貴重品を入れる金庫があります。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの客室備品

金庫の棚の下にはしっかりとした作りのインターコンチネンタルホテルロゴ入りのスリッパ(持ち帰り可能)と、シュークロスが、もう片側には、充分な数のしっかりした木製ハンガーが用意されており、着替えが多くてもしっかりかけられそうです。

物干しもあり、タオルや洗濯したもの、水着などを乾かすのに役立ちますね。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの客室備品

クローゼットに面した部分、バスルームの前にはバーコーナーがあります。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの客室バーコーナー

台の上には無料でドリップコーヒーが淹れられるマシンとカートリッジ。反対側にはスナックとワイン、そして沖縄ならではの泡盛のボトルがありますが、こちらは有料です。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの客室備品 冷蔵庫ミニバー

下の冷蔵庫にはぎっしりドリンクが詰まっていますが、どれも結構な金額(ミネラルウォーターが260円)なので、ドリンクは、ホテル内の売店か、敷地を出たところにあるコンビニで、部屋でくつろぐ前に購入しておくと良さそうです。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの客室備品

湯沸かしポット、アイスペール、水差しは下の引き出しに格納されています。(ホテル内に製氷室があり、無料で利用可能です。)

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの客室備品とアメニティ

また、冷蔵庫の上の段の引き出しを開けると、グラス・ワイングラス・マグカップ、カトラリー、ティーパックなどが収納されています。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの客室アメニティ

続いてはバスルーム。洗面台の左側には、ティッシュケースのほかに、オリジナルアメニティ「AGRARIA(アグラリア)」の手洗い用の小さめの固形石鹸が置いてありました。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの客室備品とアメニティ

右側には、歯磨き用のコップ2つと、オリジナルアメニティ「AGRARIA(アグラリア)」のトラベルサイズのシャンプー・コンディショナー・バス&シャワージェル、ハンド&ボディローション、それからフェイスタオルとは別にハンドタオルがあります。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートのバスアメニティ

スイートルーム以外はオリジナルアメニティ「AGRARIA(アグラリア)」、スイートルームのアメニティは「LOCCITANEロクシタン」です。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの客室アメニティ

そして、洗面台の下には木製の引き出しがあり、引き出し1段目には使い捨てアメニティが格納されています。歯ブラシ・ブラシ・カミソリといったアメニティのほかに、こまごまとしたアメニティを収納したボックスが入っています。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートのアメニティの種類

開けてみると、ソーイングセット・コットンパッド・サニタリーバッグ・シャワーキャップ・ヘアゴム・綿棒・爪磨きとキューティクルプッシャー(爪のふちの甘皮を根元に押し上げる道具)そしてシェービングクリームが収納されていました。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの客室備品

引き出しの2段目にはドライヤー、洗面台の下にはゴミ箱とヘルスメーターがあります。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの客室備品

また、「AGRARIA(アグラリア)」の固形石鹸はバスルームにもややサイズが大きめのものが置いてあり、身体を洗うタオルは、バスタブの縁にスタンバイされていました。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの客室備品 ベッドサイド

部屋に戻ってベッドサイドのテーブルには電話・メモ帳と時計があります。ベッドヘッドには照明の調整のほか、コンセントもあって使い勝手が良いです。

部屋が広いので、窓際の机の上にももう1台電話があります。机の横の壁にはコンセントのほか有線LANのジャックもついていました。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの客室エアコン

……と、痒い所に手が届くANAインターコンチネンタル石垣リゾートの室内備品と設備なのですが、唯一の問題がエアコン。セントラルヒーティングのため、室温を変更することはできても、運転切り替え(暖房・冷房・除湿など)が個々の部屋でできません。

実は私が宿泊した日が、石垣島にしては珍しく寒い夜(15℃くらい)で、暖房にしたかったのですが、その日は昼間は暑かったため冷房運転にしており、問い合わせたところ自分の部屋だけの暖房への切り替えはできないと言われてしまいました。(仮に温度を27℃などにしても、あくまで冷房の27℃)

結果的に冷房を切って過ごしましたが、後で貸出備品の中に赤外線ヒーターがあることを知り、こちらは「寒い」と訴えているのだから、代替案としてヒーターがあることを教えてくれても良かったのにと思いました。石垣島が寒いというのは、おそらく年に数日しかない事象なのだと思いますが……

また、口コミを見ていると、コーラルウィングは部屋が広い分、冷房の効きが弱いという口コミもありました。これについても、フロントで申し出すれば扇風機を貸してくれるので、冷房効率がアップできます。

この口コミが読まれた方の参考になれば幸いです。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの館内施設は?

日本料理・沖縄料理などのレストラン、ラウンジ&バー、カフェ、バーベキューガーデン、売店やコンビニ、プール、スパ、大浴場、テニスコート、ゴルフコースがあります。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの館内施設

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートは、石垣島の魅力を存分に楽しめるアクティビティをリゾートセンターから申し込みができるほか、ホテルステイを楽しめるような施設を多数、館内に備えています。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの館内施設 レストラン

レストランは日本料理・沖縄料理・鉄板焼き・中国料理などレストランのほか、ラウンジ&バー、カフェ、バーベキューガーデンなども。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの館内施設 売店

また、ショッピングが楽しめる売店も、お土産物屋が6店あり、その中でもアパレルや伝統工芸といったようにお店ごとに特色があります。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの館内施設 売店

マリングッズに日用品まで揃うコンビニエンスストアもあって便利です。

ただ、飲料品は館内に自動販売機はなく、持ち込むか、コンビニエンスストアで購入するか、室内のミニバーを使うかになるのですが、コンビニエンスストアはタワーウィングの端にあるので、コーラルウィングから歩くと結構な距離があります。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの館内施設 ATMと貴重品ボックス

そのほか館内には、セブン銀行のATMや公衆電話、室内の設備とは別に、セキュリティボックスもあります。ビーチやプールの利用の際に便利ですね。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの館内施設 手作り工房

さらに、手作り体験工房では、琉球ガラスにデコレーションしたり、シーサーを作ったりする手作り体験コーナーを用意、お土産ショップ内でのミンサー織の体験など、インドアのアクティビティもあります。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの館内施設 プール

屋外に目を向けると、中庭には屋外プールがあります。屋外プールも、実は通年泳ぐごとが可能です。タオルはインドアプールに用意されており、借りることができます。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの中庭

中庭は遊歩道が設けられているので、白亜のクルデスールチャペルを眺めながら、ビーチまでの道を歩いて散策するのも楽しいです。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの前のマエサトビーチ

ホテルの目の前にあるマエサトビーチは、整備された人工ビーチでありながら、透明度の高い美しさはさすが石垣島。ハブクラゲ防止ネットもあり、ライフセイバーが見守っていてくれるので、安心して泳ぐことができます。

ビーチアクティビティは館内リゾートセンターほか、ビーチ受付でも申し込み可能です。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの館内施設 コインランドリー

館内にコインランドリーが3ケ所(タワーウィング3・7階、コーラルウィング1階)あり、水着や服はここで24時間洗えます。(写真はコーラルウィング1階のコインランドリー)

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート隣接のマエサトゴルフパーク

さらに、ホテルに隣接するゴルフ場、マエサトゴルフパークがあります。ゴルフクラブもレンタルできて気軽にプレーできるショートコース。金曜日と土曜日のみドライバー使用可能コースになります。

パターゴルフやスナックゴルフなどお子様や年配の方にも楽しめるコースも。ほかにも、敷地内にはテニスコートもあります。

そのほか、ジャグジーを併設した温海水を使ったインドアプールに、リラクゼーション施設、そして疲れた体をゆっくり癒せるサウナ付の大浴場など、ANAインターコンチネンタル石垣リゾートには、ホテル内だけでも楽しめる施設が盛りだくさんです。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの朝食は?

朝食はオールデイダイニング「サンコーストカフェ」での和洋ブッフェ、もしくは日本料理「八重山」にて100食限定の和朝食膳が選べます。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの朝食会場は、1階のオールデイダイニング「サンコーストカフェ」のほか、同じく1階にある日本料理レストラン「八重山」にて100食限定の和朝食膳も選択可能です。

和朝食膳は「でいご」「あだん」「あかばなー」の3種類があり、日替わりで供されます。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの朝食

今回は、「サンコーストカフェ」での朝食をセレクト。ブッフェ形式で、和食・洋食・沖縄料理など様々な料理をいただくことができます。朝食時間は6:00~10:00です。

ちょうど私が訪れた時に、スタッフの方から「いいタイミングでいらっしゃいましたね」と声をかけられたのですが、直前まで団体客の方がいらしていて朝食会場がごった返していたそうです。

タイミングというのが、ツアーの出発時間がまちまちなため「この時間が空いている」という案内が難しく、部屋から内線をかけても、到着までにお客様が来てしまうこともあって、空いているかどうかは運がかなりの割合を占めるとのこと。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの朝食

今回はカフェの外、中庭を見渡せる場所に席を作っていただきましたが、混み合っている場合は、サンコーストカフェの奥にあるバーベキューテラスや、中国料理店も朝食会場として開放するということなので、混雑しても席がないということはなさそうです。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの朝食ブッフェのドリンク

入ってすぐの場所にコーヒー、ミルク、お水、そのまま進むと、各種ジュース、サラダ、冷製のオードブル(スモークサーモンやチーズなど)が並びんでいます。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの朝食ブッフェのパン

パンは10種類。クロワッサン・パインデニッシュ・チーズブレッド・ミルクロールパン・大納言デニッシュ・チョコデニッシュ・もちきびブレッド・チョコマフィン・パンケーキ・食パンです。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの朝食ブッフェ

野菜はサラダのほかに、蒸し野菜も。サラダにはゴーヤー、蒸し野菜には紅芋など、沖縄らしい食材も取り入れられています。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの朝食ブッフェ

もちろん温かいおかずもそろっています。焼き魚、ポテト、ベーコン、スクランブルエッグ、ソーセージなどの定番おかずのほか、青パパイヤをアレンジに使った「人参しりしり」や、八重山そばなどもありました。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの朝食ブッフェ

オムレツ、卵白を使うホワイトオムレツ、ポーチドエッグ、目玉焼きはその場で作り上げるサービスがあります。オムレツの具や目玉焼きの焼き方は好みを伝えましょう。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの朝食ブッフェ

もずくをはじめ、八重山かまぼこ、オクラの和え物、うっちん(ウコン)やパパイヤのお漬物など沖縄らしい副菜。ご飯は白米とお粥のほかに、ひじきを入れたじゅーしぃ(沖縄風炊き込みご飯)もありました。汁物はコーンスープやポーク卵味噌汁。

こうして見ると、和食は沖縄料理の色が強いですね。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの朝食

和洋折衷の取り合わせはブッフェの醍醐味。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの朝食

吹き抜け部分全面がガラス張りになった開放感あふれる空間で、中庭の風景を眺めながらゆっくりと朝食をいただいて大満足です。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの朝食

食後のコーヒーやお茶ははゆったりと部屋で、もしくは散策しながら楽しみたい方には、カップでテイクアウトできるサービスも。

この朝食ブッフェ、朝食付き宿泊プランでない方は2,500円(税・サービス料別)で利用ができます。

ブッフェのほか、単品でフレッシュジュースや飲み物、コンチネンタルブレックファストなどの朝食メニューも用意されており、ベジタリアンやヴィーガンの方向けの単品メニューも表示されています。朝食を軽く済ませたい方のニーズにも応えられそうですね。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートのおすすめ度は?

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの評価と実際に泊まってみた感想

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートのおすすめ度は?

今回は、せっかく石垣島まで行くのだから広々としたリゾートホテルに泊まってみたい!という気持ちで、ANAインターコンチネンタル石垣リゾートのコーラルウィングを予約してみました。

思いのほか部屋もベッドも広く、設備も(空調の問題はありましたが、私の宿泊時がレア時期というだけだと思われます)高級感があり、さすがのインターコンチネンタルブランドで満足できるものでした。

空港と繁華街の間という立地も良いので、石垣島の色々な場所にアクセスしたい、アクティブな方にもおすすめできるホテルと言えます。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートのおすすめ度は?

家族旅行やグループでの旅行だけでなく、恋人と記念日などの特別な機会に、奮発してホテルステイを満喫するような楽しみ方もできます。忙しい日常から離れ、美しい石垣島を満喫したい方はぜひ一度泊まってみてくださいね。

各公式サイトのバナーをクリックすると、ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの空室状況と最安値をCheckできます!

数ある旅行予約サイトの中で人気なのが、じゃらん、楽天トラベル。なんと国内ホテル予約のシェア60%以上!

会員の方はそれぞれの公式サイトから申し込めば、よりお得に泊まれます。(じゃらんはPontaポイント、楽天トラベルは楽天スーパーポイントが宿泊料金の1~2%も付与!)

楽天公式サイトで空室確認と予約をする!

じゃらん公式サイトで空室確認と予約をする!


ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの最安値をCheck!detail

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの宿泊料金の比較が簡単にできます。

どの予約サイトの会員にもなっていない方は、宿泊予定日の最安値を簡単に比較できる「トリップアドバイザー」がおすすめ!

ホテル予約サイトの「楽天トラベル」や「じゃらん」はもちろん、国内200社以上の予約サイトの宿泊料金をランキング形式で表示!最安値でANAインターコンチネンタル石垣リゾートを予約できます。

トリップアドバイザーで最安値を比較して予約する!



ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの基本情報

ホテル宿泊料金(大人一人):19,800円~

住所

沖縄県石垣市真栄里354-1(地図

電話

0980-88-7111

アクセス

石垣空港から車で20分。石垣島路線バスの場合は空港線系統10にて約20分「ANAインターコンチネンタル」停留所下車。

最寄バス停

石垣島路線バス「ANAインターコンチネンタル」停留所

部屋数

255室

設備・備品

テレビ、電話、湯沸かしポット、冷蔵庫、ドライヤー、ヘルスメーター、洗浄機付トイレ、石鹸、ボディーソープ、シャンプー、リンス、ハミガキセット、カミソリ、シャワーキャップ、くし、タオル、バスタオル、ナイトウェア、バスローブ、スリッパ、ソーイングセット、金庫、DVDプレーヤー

インターネット

無線LAN、フリーWi-Fiあり

館内施設

レストラン、ティーラウンジ、バーラウンジ、宴会場、結婚式場、大浴場(サウナ付)、売店、コインランドリー(有料)、エステサロン、スポーツジム、室内プール(通年)、屋外プール、テニスコート、貸自転車、モーニングコール、宅配便、スパ、製氷室

駐車場

ホテル駐車場あり(300台収容/無料)

サービス

マッサージサービス(有料)、アクティビティ取次

クレジットカード

VISA、JCB、American Express、Diner's Club、UC、DC、NICOS、Bank Card、UFJ Card、Master Card、Saison、CF、ANA

チェックイン

15:00(最終チェックイン24:00)

チェックアウト

11:00

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートフォトギャラリー

住所アクセス連絡先チェックイン部屋数備品館内施設チェックアウト

はてなブックマークに追加  ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの口コミと評判は?実際に泊まった感想とおすすめ度

沖縄県のハイクラスホテル一覧へ戻る


このホテルの宿泊記を書いた人


Churako

沖縄在住の愛猫と暮らすWEBライター&工芸作家(月桃カゴ編み)です。 東京・大阪・福岡に住んでいたので、関東・関西・九州方面に出向いてお仕事をすることもしばしば。そのときに利用したホテルやラウンジを中心にご紹介しています。


編集&校正 ビー・エイブル