本文へスキップ

品川プリンスホテルの口コミ&宿泊記

品川プリンスホテル

クラス:ハイクラスホテル 予約サイト評価:3.9/5.0

「品川」駅高輪口すぐ目の前で利便性が高く、ホールや映画館などエンターテイメント施設もあって終日楽しめるホテル。

 はてなブックマークに追加  品川プリンスホテルの口コミと評判は?実際に泊まった感想とおすすめ度

品川プリンスホテル

品川プリンスホテルは、品川駅高輪口から徒歩約2分にある、西武グループのホテルブランド「プリンスホテル」の代表格ともいえるホテルです。

Wikipediaによれば、イーストタワー(旧本館)全1015室、Nタワー(旧別館)全257室、メインタワー(旧新館)全1735室、アネックスタワー(旧エグゼクティブタワー)全672室、の4つのタワーから成っており、総客室数3679室(他に3560室の説も)。

日本最大級のシティホテルで、イーストタワーにはカラオケ、メインタワーにはチャペルや神殿、各種宴会場、プールが、アネックスタワーには、ボウリングセンター、映画館、円形ホール、ライブホール、水族館などのエンターテイメント施設があり、さらにそれぞれのタワーにレストランがあります。

品川プリンスホテルの中だけで1日遊べそうなほど、多くの施設・店舗が入っており、コンビニやフードコートもあります。Nタワーでは2017年からデリバリーロボットがサービスを提供しているなど、面白い試みも興味を引きます。

品川プリンスホテル

1978年開業ということで40年経っていますが、その間さまざまに形を変えてきました。

部類としてはハイクラスホテルに入りますが、プリンスホテルがカテゴリー分けしたなかでは、ザ・プリンス、グランドプリンスホテルのほうが上級と設定しており、隣にあるグランドプリンスホテル高輪、グランドプリンスホテル新高輪にはあるスイートルームが、プリンスホテルにはありません。

あくまでもビジネスやレジャー目的のユーザーがターゲットのようです。実際、筆者もハイクラスの中では中級という印象。ホテルの各施設でおこなわれるイベントや、レストランの料理などとの組み合わせのユニークなプランがあるのも魅力です。

▶宿泊予定日の最安値料金と空室状況をCheckする!

今回は品川プリンスホテル メインタワーのツインルームに実際に宿泊してきたので、客室内の様子や窓からの景色、サービスなど、宿泊記&口コミをお届けします。

このページの目次

  1. 立地とアクセス
  2. フロントロビー
  3. メインタワーの客室の種類
  4. 客室内の様子と備品
  5. 窓から見える景色・夜景
  6. 浴室とトイレ
  7. アメニティグッズの種類
  8. サービス
  9. レストランや施設
  10. 朝食
  11. 品川プリンスホテルのおすすめ度は?
  12. 空室状況と最安値をチェックして予約

品川プリンスホテルの立地とアクセスは?

東京の玄関口「品川」駅より徒歩2分。日本一利便性が高いといえる抜群のアクセス!


品川プリンスホテルの立地は、東京の西からの玄関口ともいえる「品川」駅徒歩2分。

品川駅は、東海道新幹線、JR東日本在来線(東海道線・京浜東北線・山手線・横須賀線)、京浜急行電鉄が乗り入れていますので、新幹線の品川駅ができてから、多くのビジネスマンがこの駅を介して関東方面に足を運んでいるのではないでしょうか。

この品川駅高輪口から出て、信号を渡れば「ウィング高輪」というショッピングモールがあり、その中を通るとアネックスタワーの入り口に着きます。公式サイトによれば2分ですが、よく考えてみるとこの信号につかまれば2分では到着できませんね。

でも体感としては確かに5分かからないほど近いです、信号の前に立つとタワー群がそびえ立っているのが見えるのです。

品川プリンスホテルの立地とアクセス

画像手前のIMAXと書いてある円形の建物はアネックスタワーの一部(宿泊棟は32階建)、その奥に見えるのがメインタワー、右手に少し見えるのがNタワーです。新幹線のホームに降り立ってから15分以内にアネックスタワー入り口に到着できるという印象です。

品川プリンスホテルの立地とアクセス

イーストタワーの前から撮影したもの。左手に見えるのがメインタワー、右手に見えるのがNタワー、その奥にアネックスタワーの宿泊棟が見えます。

この角度から見るとアネックスタワーは四角いのですが、反対側(品川駅から見て奥)は円形という不思議な形をしています。すべてのタワーは建物内で繋がっています。

今回、メインタワーに宿泊しましたが、アネックスタワーのなかにあるセブンイレブンで書類の印刷をしたり、飲み物を購入したりできました。ただ、この客室数に対してコンビニが一つしかないため、時間帯を問わず混雑していました。

品川プリンスホテルのフロントロビーは?

広くて天井が高い華やかなロビーに長いフロントカウンターがあります。

品川プリンスホテルのフロントロビー

品川プリンスホテルの2階まで吹き抜けたロビーは、天井が高く広くて開放感があります。

上写真はチェックアウトの時間に通りかかったときに撮影したもの。この日は中国人観光客がたくさんいて、かなり混雑していました。

品川プリンスホテルのフロントロビー

この両側のモニュメントのようなものは、日本らしく「屏風」をモチーフにしたデザインだそうです。屏風の間に洋風のステンドグラスがありますが違和感なくかっこいいので、スマホで撮影している人の姿をちらほら見かけました。

品川プリンスホテルのフロントデスクはかなり長く、それでも待たせることがあるのか、手前にロープで仕切りがしてありました。このときは6〜7人のスタッフがいました。

品川プリンスホテルのフロントロビー

チェックイン時のメインタワーのスタッフは、対応もスマートでてきぱきしていたのですが、実は、電話スタッフからフロントスタッフへ、そして、イーストタワーのフロントスタッフからメインタワーのフロントスタッフへの伝言が伝わっていないというトラブルがありました。

予約時は一人で出張予定だったので、トーキョーブックマークの一人のツアーで申し込んでおり、最初はイーストタワーに宿泊予定でした。ところが家族がもう一人東京出張が重なったため、ツインルームに変更ができるかどうか電話で前もって問い合わせたところ、ツインへの変更が認められたのです。

差額は非常に安く4,000円程度。さすがの対応です! そして、当日、少し早く(チェックイン時間前)に到着したので、その部屋の確認だけすべく、まずは予約しておいたイーストタワーのフロントに足を運んだところ、どうやらその電話での予約がちゃんと伝わっていないようでした。

そして「イーストタワーはすべての客室がシングルルームなので、メインタワーの部屋に変更しました」「チェックイン時はメインタワーにお越しください」とのこと。ところが、メインタワーにチェックインしにいくと「お客様はシングルルームのご予約ですよね」といわれ、こちらも伝わっていないことは判明。これには少しがっかりしました。

週末の忙しい時期だとは思いますが、二度も伝わっていないことに驚いたのが正直な感想です。無事にツインルームを予約できましたが、カードキーは一枚しかもらえませんでした。「一名分ですか?」と聞くと、「必要ならもう一枚用意しますのでおっしゃってくださいね」とのこと。

不便を感じなかったので一枚で過ごしましたが、最初から人数分のカードキーをもらえるホテルもあるので、ちょっと残念。この連絡ミス以外は、とても気持ちよく過ごせました。それだけに二度の連絡ミスは印象に残ってしまいました。

トーキョーブックマークのようなツアーでも、最初と違う部屋への変更が認められるので、ぜひ利用してみてください。今回のような連絡ミスの可能性は否めませんが。

品川プリンスホテルの荷物預かりカウンター

なお、荷物の一時預かりに関しては、フロントではなく、こちらの「荷物預かりカウンター」で預かってもらえます。常時5名前後のスタッフが対応していました。

品川プリンスホテル 〜メインタワー〜の客室の種類は?

すべてツインかダブル。セミスイートサイズのスーペリアダブルルームも。

品川プリンスホテルの客室の種類

品川プリンスホテルの総客室数は3679室。宿泊したメインタワーだけでも全1735室あります。メインタワーの客室の種類は以下の通り。

  • ツインルーム:21.0㎡(ベッド幅105㎝×長さ195㎝)
  • コーナーツインルーム:26.5㎡(ベッド幅110㎝×長さ195㎝)
  • コーナーダブルルーム:26.5㎡(ベッド幅160㎝×長さ195㎝)
  • ダブルルーム(プレミアフロア):21.0㎡米(ベッド幅160㎝×長さ195㎝)
  • ・コーナーツインルーム(プレミアフロア):26.5㎡(ベッド幅110㎝×長さ195㎝)
  • スーペリアダブルルーム(プレミアフロア):53.0㎡(ベッド幅240㎝×長さ195㎝)

メインタワーにはシングルルームはなく、すべてツインかダブルです。イーストタワーが全室シングルルームを担当しているからでしょう。また、反対にスイートルームもありません。とはいえ、やはりハイクラスホテル。一番狭い部屋でも21㎡あります。

なお、スーペリアダブルルームというセミスイートサイズの部屋もあるようです。

▶各お部屋の詳細と最安値料金&空室状況をCheckしてみる!

品川プリンスホテルの客室内の様子と備品は?

メインタワーのツインルームはそこそこの広さががあり、心地よいベッドが魅力的ですが、気になる点もちらほら。

品川プリンスホテルの客室内の様子と備品

今回は品川プリンスホテルのメインタワーのツインルームに宿泊しました。21㎡ということで、狭すぎず特に広いというほどでもなくといったところでしょうか。

ベッドメイキングはデュベスタイル。公式サイトにベッドメーカーなど記載が見当たりませんが、心地よいベッドで快適でした。

品川プリンスホテルの客室内の様子と備品

窓際にテレビやライティングデスク(ドレッサー)、テーブルとイスがあります。

品川プリンスホテルの客室内の様子と備品

窓側から室内を見たところ。

品川プリンスホテルの客室内のテレビと空気清浄機

テレビと空気清浄機。

テレビでストランの混雑状況や、WiFiの接続方法の解説

レストランの混雑状況や、WiFiの接続方法の解説などもテレビで知ることができます。

加湿空気清浄機

加湿空気清浄機については、詳しい説明がパンフレットの中にありました。

ライティングデスクと大きな鏡

ライティングデスクには大きな鏡がついていますが、ラグジュアリーなデザインというわけではありませんでした。 サイドボード的なデザインのものと違ってパソコンなどは置きやすいサイズです。コンセントもついていました。

品川プリンスホテルのレターセット

ホテルのレターセット。昔はこれが好きでよく使ったり持ち帰ったりしたものでした。

延長コードの入った引き出し

引き出しには延長コードが置いてあります。なにかと便利ですね。また、海外の方向けのプラグが置いてあります。

ナイトウェアの浴衣

またナイトウェアとして浴衣が引き出しに入れてありました。

ナイトテーブルの電話

ナイトテーブルの電話は短縮ボタンがいくつもありました。これならお年を召された方にもわかりやすそうです。ライトはもちろん空調が枕元で調整できるのもうれしいところ。

ナイトテーブルの下に暗証番号式の金庫

ナイトテーブルの下に暗証番号式の金庫があります。

品川プリンスホテルの客室クローゼット

クローゼットの中には、ハンガーがたくさん。そして、消臭スプレーがあります。

品川プリンスホテルの客室クローゼット

また珍しいのは、アイロンセット。通常、貸し出し備品としてフロントにあることが多いのですが、部屋に置いてありました。荷物置きスタンドもこちらに収納されています。

品川プリンスホテルの客室の冷蔵庫周辺

ちょっと気になったのは、お茶セット周りと冷蔵庫。ドアのすぐそばにコンパクトに設定してあります。人がかなり通る場所に扉のないオープン型の棚にカップやコップが置かれています。

品川プリンスホテルの客室のお茶セット

実際には、掃除は行き届いていたので汚れは気になりませんでしたが、ハイクラスホテルにはこの棚は少し似合わない気がしました。

品川プリンスホテルの客室備品

また、ポットでお湯を沸かそうと思うとこのようにバスルームへの通路を塞いでしまいます。ちょっと残念ですよね(注:画像のプリンスホテルの水は無料サービスではありません。アネックスタワーのコンビニで買いました)。

品川プリンスホテルの客室冷蔵庫

そして、この棚の下の黒い扉が冷蔵庫です。スイッチは入っていて冷えていました。かなり小さく、冷凍の機能もなさそうでした。

リモコンの汚れ

また、一つ記しておきたいのは、このリモコンの汚れ。埃だらけなのです。リモコンの掃除が難しいのは家事をしている人なら誰でもわかることだとは思いますが、それにしても何日触っていないのかと思うほどの埃に、これは一度書いておこうと思いました。

品川プリンスホテルの窓から見える景色は?

目の前に高い建物がないのでよく見渡せる眺望。夜景を楽しみたいカップルにも!

品川プリンスホテルの窓から見える景色

品川プリンスホテルのメインタワーの20数階からの景色は、こんな感じ。左下にはプリンス・レジデンス(住居)が見えます。

品川プリンスホテルの窓から見える景色

正面には高輪テニスセンター・高輪ゴルフセンターの緑の屋根が。

品川プリンスホテルの窓から見える景色

右手には見えているのはアネックスタワーです。

夜になると目の前に広がる夜景がロマンティックなムード

夜になると目の前に広がる夜景がロマンティックなムード。カップルにも良さそうです。

高輪テニスセンター・高輪ゴルフセンターの明かり

高輪テニスセンター・高輪ゴルフセンターの明かりが目立ちます。

品川プリンスホテルの浴室とトイレは?

広さのあるハイクラスのバスルームで、掃除もしっかり行き届いていますが、プラスチック系素材の劣化が気になります。

品川プリンスホテルの浴室とトイレ

品川プリンスホテルの客室バスルームは、バスとトイレがいっしょになったタイプですが、ハイクラスホテルらしくしっかり広さがあり、筆者が泊まった部屋は掃除も行き届いていました。

品川プリンスホテルの浴室とトイレ

トイレの便座周辺にもゆとりがあります。バスタブは一般的なサイズの男性ならゆったり使える大きさでしょう。

品川プリンスホテルの浴室とトイレ

バスタブはよく見ると少々の黒ずみがありますが、気になるほどではありませんでした。

シャンプー・リンス・ボディシャンプー

シャンプー・リンス・ボディシャンプーはポーラ製のもの。乾燥気味になることもなく、心地よい使用感です。

バスルームのタオル

タオルはバブル期のプリンスホテルよりは少し品質は落ちるのかもしれません。フェイスタオルが少し薄くなった気がしました。また、ハンドタオルがありませんでした。以前は3点セットではなかったでしょうか。

ドライヤー(パナソニックのイオニティ)は洗面台の端に置いてありました。

洗面ボウル

洗面ボウルは清潔感があり気持ちよく使えました。

フェイス&ハンドソープ

ディスペンサー式のフェイス&ハンドソープも置いてあります。

バスルームのアメニティグッズの棚

このアメニティの棚のプラスチック感が、筆者は気になります。ほかのプリンスホテルでもよく見かけますが、安っぽいのと経年劣化が目立ちやすい気がします。少し今の時代には合わないかもしれませんね。

トイレットペーパーホルダーのカバーが割れていた

そして、今回の宿泊で残念だった点はこちら。トイレットペーパーホルダーのカバーが、割れていたことです。修理しようとした様子もなく、このまま放置しておくのは非常に残念です。子どもや目が悪い方などが、うっかりケガをしてしまわないか心配です。

品川プリンスホテルのアメニティグッズの種類は?

アメニティはかなり充実。本当に自分が必要な荷物だけで宿泊できます!

品川プリンスホテルのアメニティグッズの種類

品川プリンスホテルのアメニティは、部屋によって違います。

メインタワーのツインルームは、バスタオル、フェイスタオル、ウォッシュタオル、バスマット、ナイトウェア(5月は浴衣でした)、歯ブラシ、レザー、くし、シャワーキャップ、ヘアブラシ、綿棒、コットン、シャンプー・コンディショナー・ボディーソープ、ハンドソープ。すべて部屋に置いてあります。

設備としては、ドライヤー、液晶テレビ、金庫、湯呑み、グラス、スリッパ、電気ポット、冷蔵庫、加湿空気清浄機、アイロン、アイロン台、携帯電話充電器、消臭剤。

プレミアフロアには、コーヒーマシンが設置されていたりするようです。貸し出し備品としては、照明スタンド、枕、毛布、ズボンプレッサー、ヘアドライヤー、氷枕、体温計、爪切り、絆創膏などがあります。

品川プリンスホテルのサービスは?

タワーごとにサービスが異なる。カフェレストランから客室へのデリバリーも可能。

品川プリンスホテルのデリバリーサービス

品川プリンスホテルでは、一般的なホテルのようにマッサージやモーニングコールのサービスもありますが、いわゆるルームサービスはありません。代わりにカフェレストラン24からデリバリーが頼めます。部屋のテレビから予約可能です。

メインタワーのコインランドリーは9階にあり、縦型洗濯乾燥機とドラム式洗濯乾燥機が各7台ずつ設置されています(100円硬貨専用機)。

また「プリンスデリバリーサービス」といって羽田空港〜品川プリンスホテル間で荷物を1個1,200円で配送してくれるサービスがあります。受付は宅急便カウンターにて。

アネックスタワーでは全室に無料貸し出しスマートフォンが設置されています。また、Nタワー宿泊客専用のビジネスラウンジ、サービスコーナーがあるようなので、今度はぜひNタワーに宿泊してみたいところです。

品川プリンスホテルのレストランや施設は?

エンタメからウェディングまで、まるでアミューズメントパークのようなホテル

品川プリンスホテルには、水と癒しのストーブッフェを楽しむ「リュクス ダイニング ハプナ」(メインタワー1階:朝食ブッフェもこちら)、中国料理バイキング「孫悟空」(メインタワー4階)、24時間営業の「カフェレストラン24」(イーストタワー1階)など、各タワーすべてにレストランが入っています。

また、メインタワーには、チャペル、ブライダルサロン、神殿、フォトスタジオがあり、大小13の宴会場が、6〜36階まで各階に設置されているようです。その周囲を客室が囲んでいるという造りになっています。結婚式から披露宴までこちらで行えるとのこと。

そのほか、アネックスタワーにはベビー休憩室や2,046平米のプリンスホールなど、ここに記すときりがないほどのたくさんの施設があります。

品川プリンスホテルの朝食は?

メインタワーの朝食ブッフェが人気だが、日によってはかなり混むという話も。

(画像は著作権法32条に基づき公式サイトより転載)

品川プリンスホテルの朝食は、いろいろなレストランでいただけますが、人気はメインタワー1階にあるリュクス ダイニング ハプナ」の朝食ブッフェです。

6:00〜10:00と朝早くからスタートします。おとな2,500円、こども1,500円。おむすび、焼き魚2種、うどん各種など、和食もありつつ、オムレツやロールケーキなど、子どもも喜びそうなメニューも。人気があり過ぎて混むのが難点という噂もあります。

今回、仕事ですぐに出なければならなかったので朝食レポートはありません。

品川プリンスホテルのおすすめ度は?

品川プリンスホテルの評価と実際に泊まった感想。ビジネスでもファミリーでも楽しめる!

品川プリンスホテルのおすすめ度と泊まった感想

品川プリンスホテルは、品川駅すぐの好立地で、ビジネスには立地条件として文句なし。Nタワーにはビジネスラウンジやサービスラウンジもあり、滞在して仕事をすることもできます。

子どもや年配の方にも、すべてエスカレーターやエレベーターで移動できるので、新幹線から疲れずに移動できる場所だともいえます。どのタワーに泊まるか、選ぶ楽しさがあるのもうれしいですよね。

次は、泊まっていないタワーに行きたいと思わせる魅力もあります。筆者自身、次はNタワーかアネックスに……と思いました。ぜひおすすめしたいです。

ただ、「ハイエンド」という口コミには、ちょっと待ったをかけたいところです。それはタワーが建てられた年数にもよるかもしれません。以前から気になっていたプラスチック系の経年劣化については、ほかにも感じている方がいらっしゃるようです。

ハイクラスにしてはリーズナブルだといえる、イーストタワー、メインタワーについてはラグジュアリーを求めすぎないほうがいいかもしれません。ビジネスだけれど少しゆったりしたいときや、若いカップルやファミリーが旅行で使う分には、ちょうどよい高級感があると思います。

各公式サイトのバナーをクリックすると、品川プリンスホテルの空室状況と最安値をCheckできます!

数ある旅行予約サイトの中で人気なのが、じゃらん、楽天トラベル。なんと国内ホテル予約のシェア60%以上!

じゃらんはPontaポイント、楽天トラベルは楽天スーパーポイントが宿泊料金の1~2%も還元!楽天カードでホテル代を支払うと最大4%のポイント還元でさらにお得に泊まれます。

楽天公式で空室と最安値をCheckして予約する!

じゃらん公式で最安値と空室をCheckして予約する!

品川プリンスホテルの基本情報

ホテル宿泊料金(大人一人):10,000円~

住所

東京都港区高輪4-10-30(地図

電話

03-3440-1111

アクセス

<電車の場合>東海道新幹線・JR線・京浜急行 品川駅(高輪口)より徒歩2分
※成田空港、羽田空港よりリムジンバス運行
<車の場合>・羽田空港から約30分・東京駅から約20分・銀座から約15分

最寄駅

各線「品川」駅

部屋数

3679室(3560室との説も)

設備

バスタオル、フェイスタオル、ウォッシュタオル、バスマット、ナイトウェア(浴衣)、歯ブラシ、レザー、くし、シャワーキャップ、ヘアブラシ、綿棒、コットン、シャンプー・コンディショナー・ボディーソープ、ハンドソープ 設備:ドライヤー、液晶テレビ、金庫、湯呑み、グラス、スリッパ、電気ポット、冷蔵庫、加湿空気清浄機、アイロン、アイロン台、携帯電話充電器、消臭剤。

貸出備品:照明スタンド、枕、毛布、ズボンプレッサー、ヘアドライヤー、氷枕、体温計、爪切り、絆創膏など。

インターネット

全室無線LAN(Wi-Fi)(無料)

館内施設

レストラン、コーヒーハウス、喫茶、ラウンジ、スカイラウンジ、バーラウンジ、バー、カラオケルーム、宴会場、会議室、結婚式場、禁煙ルーム、売店、コンビニエンスストア、フラワーショップ、ドラッグストア、ショッピングアベニュー、自動販売機、コインランドリー(有料)、プール(屋内通年・屋外夏季のみ)、テニスコート、コンビニエンスショップ、コーヒーラウンジ、アクアパーク品川(水族館)、映画館、ボウリング場

サービス

クリーニングサービス、マッサージサービス、モーニングコール、宅配便、

駐車場

765台(1500円/泊)

クレジットカード

JCB、VISA、AMEX、ダイナース、UC、DC、ニコス、Bank Card、UFJ Card、Saison、JAL(デビットカード不可)

チェックイン

14:00

チェックアウト

11:00

公式サイト

品川プリンスホテル


 はてなブックマークに追加  品川プリンスホテルの口コミと評判は?実際に泊まった感想とおすすめ度

東京都のハイクラスホテル一覧へ戻る

品川プリンスホテルの宿泊記を書いた人

のんくら

当メディアのプロデューサー兼チーフエディター。日本全国を旅しながらご当地の美味しいものを食べることが趣味。

カプセルホテルからハイクラスホテルまで様々なホテルや旅館に実際に泊まり、独自の厳しい目線で予約サイトの口コミや評判が真実なのかを徹底的に調査しています。


編集&校正 ビー・エイブル