本文へスキップ

ウェスティンナゴヤキャッスルのラウンジ「ウィンザー」

ウィンザー(ウェスティンナゴヤキャッスル)detail

浅間町駅の近くにある名古屋城が見えるラウンジ

はてなブックマークに追加  

席から名古屋城が見えるウェスティンナゴヤキャッスルの1Fのカフェラウンジ「ウィンザー」、内装や家具類は落ち着いた風合いでシックな大人の雰囲気が人気のラウンジ。名古屋城に近い場所にあり、スタッフの制服が和装という珍しいカフェで、メニューの抹茶(薄茶)と和菓子のセットも人気です。

ラウンジ「ウィンザー」のラウンジ・カフェ店内

日中もラウンジ内の照度が適度に抑えられていて、各テーブルに置かれた照明が辺りをぼんやりと照らして、落ち着いた雰囲気の中でおしゃべりが楽しめるのも「ウィンザー」の魅力。

落ち着いて高級感のあるラウンジ「ウィンザー」は、スタッフのサービスも一流。制服が和服ということもあり、日本らしい淑やかで気配りの良いサービスを感じます。

名古屋駅近くで景色がいいカフェ(ラウンジ)

「ウィンザー」は名古屋駅から離れていることもあり、平日は混雑することが少ないカフェラウンジ。今回は平日の昼間にお茶を楽しんだのですが、殆どの席はあいていて、静かな雰囲気でカフェタイムを楽しむことが出来ました。ウィンザーは穴場のカフェラウンジだと思います。

ただし、土日祝日に結婚式などが多い日は、このラウンジが披露宴までの待合場所になっていることがあるので、時間帯によって多少混雑していることがあるようです。

ラウンジ内の雰囲気、名古屋駅近くの静かなラウンジ

ウィンザーの座席の種類は、ソファー席とテーブル席があり、テーブルやソファーなどの家具類は高級感があり格調高雅。ソファーの沈みも丁度よく、長時間の利用でも疲れにくい柔らかさ。テーブルやソファーのサイズが大きく、間隔も適度に空いているので、恋人や友人との語らいタイムも疲れることなくゆっくり過ごせるでしょう。

長時間座って友人や恋人と談笑する時は座り疲れないソファー席、ノマドをする時はテーブル席がおすすめ。ソファー席はテーブルが低いうえソファが沈み込むので、パソコンを使う作業は少し座りにくい感じです。ちなみにウィンザーでは、コーヒー(ホット・アイス)や紅茶がお代わりが自由なので、ノマドする時は大変コスパが良いラウンジです。

「ウィンザー」の人気メニューは?detail

「ウィンザー」おすすめはアフターヌーンティ

ウィンザーは、コーヒーや紅茶のほか、軽食・ケーキセット・アフターヌーンティセットなどセットメニューが豊富。季節限定のオリジナルメニューもあるので、何度も足を運びたくなります。

メニューの中でもナゴヤキャッスル一番の人気メニューは伝統のアップルパイ。たくさんのリンゴを時間をかけて白ワインで煮詰めて、ふんわり軽く焼き上げたパイ生地で包み込んだ上品な一品。どこか昔懐かしいウィンザー伝統のアップパイをぜひ召し上がれ。

ラウンジ「ウィンザー」のアフタヌーンティーセット

ウェスティンナゴヤキャッスルのラウンジ「ウィンザー」は、アフタヌーンティー(平日限定)が2,350円、ケーキセットは1,350円、コーヒーと紅茶が1,050円、カクテルが1,150円、ボトルビールが900円、生ビールが1,000円。

その他にも沢山のドリンクとフードメニューが用意されています。

ラウンジ内の雰囲気、名古屋駅近くの静かなラウンジ

ウィンザーは名古屋城側が一面、天井までの大きな窓になっているので、席に座って窓の外を見ると、そこから名古屋城の天守閣や城壁を望めます。春になると堀の周りに咲いた桜がとても美しく、うららかな春のひと時を美味しいコーヒーを飲みながら満喫できる、花見シーズンの隠れ人気スポット。お花見シーズンになるとラウンジ内の装飾も桜一色。

「ウィンザー」はウェスティンナゴヤキャッスルの1階にあるため、名古屋城を上から見渡す絶景を楽しむことは出来ませんが、周辺に植えられている桜などの樹木とお城のコラボレーションは、風情があって他のラウンジにはないちょっと贅沢な気分を味わえます。

ラウンジ「ウィンザー」の景色(名古屋城ライトアップ)

このウィンザーのあるウェスティンナゴヤキャッスルホテルは、名古屋駅から毎時00分にシャトルバスが運行しています。シャトルバスの乗り場は、成城石井前(帰りは、毎時30分ホテル玄関)です。ちなみに乗車時間は20分ほど。

ラウンジ「ウィンザー」のハッピーアワーdetail

ライトアップがきれい、名古屋城の夜景が存分に楽しめるラウンジ

「ウィンザー」のナイトタイムは美しい名古屋城のライトアップを楽しみながら飲める本格的な大人の癒しの空間。ビールやウイスキー・ワインなどのアルコール類や各種カクテル類などのメニューは豊富。

ちなみにハッピーアワーとは、レストランやバー・パブなどの飲食店が、ビール、ワイン、カクテルなど酒類の割引を行う時間帯のこと。バータイムは21:30(ラストオーダー21:15)までですが、ハッピーアワーは17時30分~19時30分となっています。

バーから見える景色

バータイムの人気は窓側に近いソファー席とテーブル席。ナイトタイムは名古屋城のライトアップが良く見える席がやはり人気。

ラウンジ「ウィンザー」の予算は?detail

ラウンジ「ウィンザー」の料金はお手頃な低価格設定

「ウィンザー」の利用料金の目安ですが、昼(ランチタイム)は1,000~2,000円、夜(ナイトタイム)は1,500~3,000円とラウンジではお安めの設定です。

ラウンジ「ウィンザー」は飲食代のお支払いをレジで払うスタイル。ラウンジの入り口を出るところにチェックカウンターがあり、そこで会計をするようになっています。キャッシュ以外にも、各種クレジットカードで支払うことが出来ます。

ラウンジ「ウインザー」概要

住所

愛知県名古屋市西区樋の口町3-19(地図

アクセス

浅間町駅から徒歩で10分(約500m)

連絡先

052-521-2121

最寄駅

浅間町駅

座席数

66席

喫煙

全席禁煙(一部喫煙可)

ドレスコード

スマートカジュアル

営業時間

9:00~21:30(17:30~ナイトタイム)

定休日

年中無休

アフターヌーンティ

平日/12:00~ 土日祝/12:00~

個室

無し

予約

有り 052-521-2121(10:00~21:00)
クレジットカード 可(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)

駐車場

有(駐車場無料)

子供同伴

可能 ただし、バータイム(17:00以降は不可)

フォトギャラリー

ラウンジ「ウィンザー」外観ラウンジ「ウィンザー」の料金相場ラウンジ「ウィンザー」のピアノ生演奏ラウンジ「ウィンザー」のカフェ(席の種類)椅子の座り心地ラウンジ「ウィンザー」ノマド向けのカフェウィンザーの展望デートに最適なホテルラウンジ

愛知県のホテルラウンジ一覧へ戻る

はてなブックマークに追加  

このホテルラウンジの記事を書いた人

のんくら

当メディアのプロデューサー兼チーフエディター。日本全国を旅しながらご当地の美味しいものを食べることが趣味。

カプセルホテルからハイクラスホテルまで様々なホテルや旅館に実際に泊まり、独自の厳しい目線で予約サイトの口コミや評判が真実なのかを徹底的に調査しています。


編集&校正 ビー・エイブル