本文へスキップ

ラウンジ・オー(ヒルトン東京ベイ)の口コミと評判

ラウンジ・オー(ヒルトン東京ベイ)

東京ディズニーリゾートオフィシャルホテル「ヒルトン東京ベイ」にある土日祝のみ営業のラウンジ。提供メニューはデザートブッフェのみで、予約が必須です。

はてなブックマークに追加  ラウンジ・オー(ヒルトン東京ベイ)の口コミと評判は?おすすめ度は?実際に行ってみた感想と評価

ラウンジ・オー(ヒルトン東京ベイ)

ラウンジ・オー(Lounge O)は、千葉県浦安市舞浜にある東京ディズニーリゾートオフィシャルホテルのひとつ、「ヒルトン東京ベイ」唯一のラウンジです。

ラウンジ・オーは、最上階までの吹き抜けと、高さ約8メートルの窓のある開放的な空間。内装は白とベージュを基調とし、光の泡をイメージした円形のモチーフがあちこちに散りばめられています。

ラウンジ・オー(ヒルトン東京ベイ)

このラウンジの特徴は、営業が土日祝日の13:30〜18:00に限られ、予約必須という点。平日はすべて定休日です。(※期間限定で金曜に営業している場合があります。)

提供しているのはデザートブッフェのみですが、ブッフェにはチョコレートファウンテンなど、家族で盛り上がれるメニューや軽食も含まれ、子供から大人まで楽しめます。

ラウンジ・オーのデザートブッフェは予約必須で、以下よりネット予約が可能です。

・Ozmall →割引プラン&お席の予約状況をCheckする!
・一休.com →割引プラン&お席の予約状況をCheckする!

ラウンジ・オー(ヒルトン東京ベイ)へのアクセス(行き方)は?

東京駅からわずか20分! 舞浜駅からはバスやリゾートラインですぐ。ホテル駐車場あり。

ラウンジ・オー(ヒルトン東京ベイ)へのアクセス(行き方)は?

ラウンジ・オーの入っている「ヒルトン東京ベイ」へのアクセスは、JR京葉線「舞浜」駅からシャトルバスで約7分。あるいは、舞浜駅でディズニーリゾートラインに乗り換え、「ベイサイド・ステーション」下車、そこから徒歩またはシャトルバスで1分です。

舞浜駅からのシャトルバスは朝夕は1時間あたり5本出ていますが、昼間は20分間隔でしか来ないので、急いでいるときはディズニーリゾートライン&徒歩で行くのがおすすめ。

また、羽田空港や成田空港からは「エアポートリムジンバス」が出ています。空港から「東京ディズニーリゾートエリア」行きに乗って「ヒルトン東京ベイ」で降りましょう。

自動車の場合は、ホテル駐車場(400台収容)を利用できます。ラウンジやレストランで3,000円以上利用すると、駐車料金が2時間まで無料(以後30分ごと260円)、5,000円以上利用すると3時間まで無料(以後30分ごと260円)です。

ラウンジ・オー(ヒルトン東京ベイ)の座席の種類は?

席数は238席と豊富。2人掛け~4人掛けのテーブルが中心で、1人席はありません。

ラウンジ・オー(ヒルトン東京ベイ)の座席の種類は?

ヒルトン東京ベイのラウンジ・オーの座席数は238席とかなり多く、人気のブッフェでも予約は取りやすいです。(利用には予約が必須)

すべての座席が2人掛け以上で、カウンター席などはなく、1人で来店しても2人掛け~4人掛けがけの席に案内されます。「みんなでブッフェを食べる」ために席がある印象です。

ラウンジ・オー(ヒルトン東京ベイ)の座席の種類は?

丸テーブルをはさんでイス2脚を置いた2人掛けのお席、四角いテーブルにイス4脚を配置した4人掛けの席のほか、片側にベンチソファーを利用した4人席もあります。

ラウンジ・オー(ヒルトン東京ベイ)の座席の種類は?

カーブを描いたソファーでテーブルを囲んだお席は、6人くらいまで座れそうで、お子さんのいるファミリーにおすすめ。

ラウンジ・オー(ヒルトン東京ベイ)の座席の種類は?

イス5脚を配置したお席も。ラウンジ・オーはブッフェ形式なので、席を立つ回数が多いと思うのですが、この座席なら大人数でも気軽に立ち座りができます。

一人用の席はなく、2人以上で来ることが前提になっている印象でしたが、実際には一人で来ている方もいました。とはいえ、このラウンジの性質上、パソコンを広げての作業や、打ち合わせなどには向かないでしょう。コンセントやフリーWifiもありません。

ラウンジ・オー(ヒルトン東京ベイ)の人気メニューは?

メニューはシーズンごとにテーマの変わるデザートブッフェのみ。

ラウンジ・オー(ヒルトン東京ベイ)の人気メニューは?

ヒルトン東京ベイのラウンジ・オーの提供メニューは、デザートブッフェのみです。

ラウンジ・オーでは、デザートブッフェの会場に写真映えを意識したフォトジェニックなスポットを用意しており、おしゃれな写真が撮れると若い女性やママに人気。

デザートブッフェは年間を通して提供されていますが、ブッフェのテーマはシーズンごとに変わります。

例えば、2018年は1月~7月までの期間は「ストロベリーフィールド」を開催、7月から8月までの期間は「ハワイアンデザート」、9月から10月までの期間は「ハロウィーンデザート」、11月から12月までの期間は「クリスマスデザート」を予定。

以下、2017年のクリスマスシーズンのデザートブッフェ「ピンク・クリスマス」の内容を詳しく紹介します。

現在開催中のデザートブッフェの内容は、以下ページよりご確認ください。

・Ozmall →割引プラン&お席の予約状況をCheckする!
・一休.com →割引プラン&お席の予約状況をCheckする!

ラウンジ・オー(ヒルトン東京ベイ)のデザートブッフェ

テーマに沿った世界観が楽しめるデザートブッフェ。スイーツだけでなく、軽食も充実。

ラウンジ・オー(ヒルトン東京ベイ)のデザートブッフェ

ヒルトン東京ベイのラウンジ・オーのデザートブッフェは、甘いデザートが中心ですが、おかず系/軽食も充実しているので、甘いものがそれほど得意でない方でも楽しめます。

ラウンジ・オー(ヒルトン東京ベイ)のデザートブッフェ

ヒルトン東京ベイのデザートブッフェは、テーマごとにその世界観が楽しめるのが魅力。

このときは「ピンク・クリスマス」がテーマで、ピンクを中心に、かわいらしいデザートがたくさん並んでいました。

ラウンジ・オー(ヒルトン東京ベイ)のデザートブッフェ

ブッフェの内容は時期により異なりますが、デザート25種類程度+軽食10種類程度が食べ放題、コーヒー・紅茶・ソフトドリンクのドリンクバーが飲み放題となっています。

ラウンジ・オー(ヒルトン東京ベイ)のデザートブッフェ

ラウンジ・オーのデザートブッフェは、お店に入るとまず席に案内され、スタッフからブッフェのシステムに関する説明を受け、飲食がスタート。

ラウンジ・オー(ヒルトン東京ベイ)のデザートブッフェ

ブッフェコーナーには、写真映えしそうなスポットがいくつもありました。

ラウンジ・オー(ヒルトン東京ベイ)のデザートブッフェ

ブッシュドノロゼは、テーマである「ピンククリスマス」を意識したピンクと黒の色合い。ストロベリークリームと甘さ控えめのスポンジがマッチしていました。

アイスとアーモンドは後のせで、アイスはブースにシェフがいるので、シェフに言えばのせてもらえます。生クリームやストロベリーソース、チョコソースなどさまざまな種類のソースも用意されていました。

ラウンジ・オー(ヒルトン東京ベイ)のデザートブッフェ

聖夜のクリスマスベルは、外はチョコで覆われており、中にはスポンジと白いクリームが入った、2種類の違う甘さを楽しめるデザート。

ラウンジ・オー(ヒルトン東京ベイ)のデザートブッフェ

チョコクッキーはついたピンクツリーは、味は普通のいちごムースケーキですが、チョコクッキーとともに食べると、サクサク感とビターさも同時に味わえます。

ラウンジ・オー(ヒルトン東京ベイ)のデザートブッフェ

デザートブッフェというと、普通はデザートの品数が圧倒的に多いですが、ラウンジ・オーはおかず系のメニューも充実しているので、家族やカップルできても楽しめます。

上写真は、ガーリックとパセリ風味のフライドポテト」です。ほかに、チキンナゲット、パスタ、サンドイッチなどの軽食メニューも。甘いものだけですとたくさんは食べられないのですが、甘い・しょっぱい・甘い……と順番に食べていけるのが良いと感じました。

ラウンジ・オー(ヒルトン東京ベイ)のお席の予約は?

デザートブッフェは予約必須。営業は土日祝日の二部制・二時間制です。

ラウンジ・オー(ヒルトン東京ベイ)のお席の予約は?

ヒルトン東京ベイのラウンジ・オーは、必ず予約が必要です。

営業時間は、土日祝日の13:30〜15:30(2時間)と、16:00〜18:00(2時間)の2部制。変則的に、金曜日の営業や、ナイトブッフェの営業をしている場合があります。

ラウンジ・オーのデザートブッフェは、ヒルトン東京ベイ公式サイト、電話、一休.comやオズモールから予約が可能です。

公式サイトと一休.com、オズモールの記載料金が違いますが、これは公式サイトが「税別・サービス料(13%)別」で表示されているためで、実際には同一価格。

時期により、お得な一休限定プラン、オズモール限定プランが登場していることもあるので、お得にデザートブッフェを楽しみたい方はチェックしてみるのがおすすめ。

・Ozmall →割引プラン&お席の予約状況をCheckする!
・一休.com →割引プラン&お席の予約状況をCheckする!

ラウンジ・オー(ヒルトン東京ベイ)の予算は?

デザートブッフェの価格は大人は2,800円、子供(4歳~12歳)1,600円(税・サ別)。

ラウンジ・オー(ヒルトン東京ベイ)の予算は?

ヒルトン東京ベイのラウンジ・オーのデザートブッフェ料金は、大人3,417円、子供(4歳~12歳)1,953円です。東京都内のホテルラウンジのデザートブッフェと比べると、大変リーズナブルと言えるでしょう。

ラウンジ・オー(ヒルトン東京ベイ)のおすすめ度は?

家族でブッフェを楽しむのにおすすめ! ノマドや打ち合わせには向きません。

ラウンジ・オー(ヒルトン東京ベイ)のおすすめ度は?

ヒルトン東京ベイのラウンジ・オーは「ラウンジ」という名称がついてはいますが、通常のホテルラウンジとは違い、デザートブッフェがメインなので、味と接客にこだわるなら都内か千葉駅周辺のホテルラウンジに行った方がいいでしょう。

ほかのホテルラウンジでは、パソコンを広げてノマドをする人もいますが、ラウンジ・オーでする人は全くいないので、確実に浮きます。コンセントやフリーwifiもないので、舞浜駅周辺のカフェか東京駅周辺のホテル、もしくは千葉駅周辺のホテルに行ったほうがはかどるでしょう。

客層としては若い女性客やファミリーが多く、にぎやかなので、「取引先や上司との打ち合わせ」にも向きません。

ラウンジ・オー(ヒルトン東京ベイ)のおすすめ度は?

ファミリーで行くなら、甘いスイーツやキュートな飾りが子どもや女性に喜ばれるので、スペシャルな思い出になること間違いないでしょう。

また、中高生や大学生の友達同士なら、写真映えする映えスポットで撮影したり、撮ったものを見せ合いっこすれば盛り上がること確実です。

ただ、20代後半以上のカップルがデートで使おうとすると、「子どもっぽい」と思われることがあるかもしれないので、相手の好みを確認してからがおすすめです。

お席予約はOzmall(オズモール)や一休.comがおすすめ。時期によりお得なプランが出ていることもあるので、チェックしてみてくださいね。

・Ozmall →割引プラン&お席の予約状況をCheckする!
・一休.com →割引プラン&お席の予約状況をCheckする!

ラウンジ・オー 概要

住所

千葉県浦安市舞浜1-8(地図

アクセス

JR京葉線・武蔵野線 舞浜駅下車後、ホテル直通のシャトルバス、もしくはディズニーリゾートラインのリゾートゲートウェイ駅からモノレールに乗車し、ベイサイド・ステーション駅下車。ベイサイド駅下車後は、徒歩1分で到着。

連絡先

047-355-5000(直通)

最寄駅

ディズニーリゾートライン ベイサイド・ステーション駅

座席数

238席

禁煙

全席禁煙

ドレスコード

なし

営業時間

13:30〜18:00(土日祝日) ※期間限定で金曜営業をする場合もあり。

定休日

平日(※土日祝日のみの営業)

アフタヌーンティー

なし

個室

なし

予約

可(必須)

ネット予約

クレジットカード

VISA、MasterCard、AmericanExpress、DinersClub、JCB、ユニオン

駐車場

ホテル駐車場あり(400台収容)
3,000円以上利用の場合/2時間まで無料(以後30分ごと260円)
5,000円以上利用の場合/3時間まで無料(以後30分ごと260円)

子供同伴


フォトギャラリー

住所アクセス座席数デザートブッフェ

はてなブックマークに追加  ラウンジ・オー(ヒルトン東京ベイ)の口コミと評判は?おすすめ度は?実際に行ってみた感想と評価

千葉県のホテルラウンジ一覧へ戻る

このホテルラウンジの口コミを書いた人


網野新花

旅関連メディアだけではなく、恋愛メディアやWebマーケティングのメディアなども執筆。自他ともに認める高級ホテル好き。自分の誕生日は2年連続で高級ホテルで楽しむほど。趣味で培った知識や経験を活かして有益な情報を伝えていきたいです。


編集&校正 ビー・エイブル