本文へスキップ

ラウンジ(ラグナガーデンホテル)の口コミと評判

ラウンジ(ラグナガーデンホテル)

沖縄本島中部、宜野湾市の高級リゾートホテル「ラグナガーデンホテル」1階にある緑と光あふれる南国カフェ風アトリウムラウンジ。琉球アフタヌーンティーセットがおすすめ。

はてなブックマークに追加  ラウンジ(ラグナガーデンホテル)の口コミと評判は?おすすめ度は?実際に行ってみた感想と評価

ラウンジ(ラグナガーデンホテル)

沖縄県宜野湾市にある「ラグナガーデンホテル」のラウンジは、ホテルの中央部分に位置する、3階までの吹き抜けが開放的なアトリウムラウンジです。

大きな窓からは明るい光が降り注ぎ、プライベートプールと緑豊かな広い庭が見渡せるほか、ラウンジの手前にあるガラスの滝と運河のように設けられた水路、室内にも椰子の木などの南洋植物が多く、トロピカルな雰囲気。沖縄らしいリゾート気分を満喫できます。

このラウンジのあるラグナガーデンホテルは、沖縄本島中部、宜野湾市のコンベンションセンター、ぎのわん海浜公園エリアに位置する高級リゾートホテル。トロピカルビーチも近く、花火大会などのイベントも多く開催される、中北部観光に便利な人気エリアです。

ラウンジ (ラグナガーデンホテル)へのアクセス(行き方)は?

那覇空港から自動車で約40分。バスの場合は中部地区リゾートホテル行のリムジンバスが便利です。

ラウンジ (ラグナガーデンホテル)へのアクセス(行き方)は?

ラウンジのあるラグナガーデンホテルへのアクセスは、道路状況にもよりますが、那覇空港から車で約40分。沖縄本島のメイン道路、国道58号線の上り線に面しています。

バスでのアクセスは、那覇空港からの中部地区リゾートホテル行リムジンバスで「ラグナガーテンホテル」にて下車。路線バスの場合は、沖縄バス・琉球バスの路線バス(コンベンションセンター前バス停)から徒歩で5分ほどです。

ラウンジ (ラグナガーデンホテル)へのアクセス(行き方)は?

ラグナガーデンホテルの駐車場は、ホテル構内に平置き170台、通りを挟んで立体の第2駐車場が360台、合計530台分あり、ホテル施設利用者であれば無料で利用可能。

メインエントランスやフロントは2階ですが、ホテル左右それぞれに1階入口があります。

ラウンジ (ラグナガーデンホテル)へのアクセス(行き方)は?

ラグナガーデンホテルの2階から1階のラウンジへ降りていくと、滝の水音とともに、緑に包まれた南国の風景が広がっていきます。

ラウンジ (ラグナガーデンホテル)の座席の種類は?

席数は41席。広い空間の中にゆとりをもって配置されています。ラウンジ内の滝の水音がBGMとなっており、隣の人の話し声は全然気になりません。

ラウンジ (ラグナガーデンホテル)の座席の種類は?

ラグナガーデンホテルのラウンジの座席は、2~3名掛けのソファもところどころありますが、基本的に1名掛けの籐ソファです。クッションは柔らすぎず普通に座りやすい座面。

ラウンジ (ラグナガーデンホテル)の座席の種類は?

空間面積が広いうえに座席と座席の間もゆとりがあり、ラウンジ内にも階段や水路、植え込みなどが設けられ、席同士がなるべく隣り合わないようになっています。

ほとんどのテーブルは低めなので、パソコンなどを広げて作業するには向かなそうです。電源も見当たりません。あくまでここはゆっくりとくつろいで談笑を楽しむラウンジなのでしょう。

ラウンジ (ラグナガーデンホテル)の座席の種類は?

ラウンジ入口にはガラスの滝が流れていて、水音がBGMとなっているため、おしゃべりの声はあまり聞こえません。トロピカルムードが盛り上がるだけでなく、プライバシーにも配慮されているといえます。

バータイムは、南国の森がライトアップされた中で、カクテルやピンチョスなどを楽しむのもおすすめ。毎週土曜日の20:00~23:00には、“Saturday Night Lounge”として、ライブチャージ無料のライブも催されており、リゾート気分がとても盛り上がりそうです。

ラウンジ(ラグナガーデンホテル)の人気メニューは?

ラグナガーデンホテルオリジナルケーキのセットが人気。スイーツだけを盛り付けたアフタヌーンティセットも。

アトリウムラウンジ(ラグナガーデンホテル)の人気メニューは?

ラグナガーデンホテルのラウンジの人気メニューは、ホテルオリジナルのケーキセット。苺のショートケーキ、ザッハトルテ、紅いもモンブランなど、11種類のケーキの中からお好きなケーキを選び、コーヒーか紅茶を付けられます。

アトリウムラウンジ(ラグナガーデンホテル)の人気メニューは?

ラウンジの入口にあるケーキのショーケース。

アトリウムラウンジ(ラグナガーデンホテル)の人気メニューは?

ケーキセット(830円/税別)はケーキ1品+コーヒーまたは紅茶のセットですが、もう少しスイーツを食べたい人向けにアフタヌーンティセット(1,100円/税別)があります。

後述する「琉球アフタヌーンティセット」とは別なのですが、ケーキ1つと、ミニタルト、ミニゼリー、クッキーが2段のトレイで供されるセットです。ケーキセットでは物足りないけれど、琉球アフタヌーンティセットを食べるほどお腹に余裕がない方におすすめです。

ラウンジ(ラグナガーデンホテル)の琉球アフタヌーンティーセット

沖縄らしさを前面に出したホテルオリジナルの「琉球アフタヌーンティセット」が人気。

アトリウムラウンジ(ラグナガーデンホテル)の琉球アフタヌーンティーセット

今回は、ラグナガーデンホテルオリジナルの沖縄らしさを前面に出した人気の「琉球アフタヌーンティーセット」をいただいたので、詳しく内容を紹介します。

琉球アフタヌーンティーセットは、平日・土日祝ともに1,600円(税金・サービス料別)という、とてもお得な料金と、その内容のボリュームさもあって人気のメニューです。

3段スタンドのお皿はすべて琉球ガラスを使用、柄がそれぞれ異なりますが、爽やかな海と空をイメージしたエメラルドグリーンやブルーというところが沖縄らしい雰囲気。

紅いも、サンニン(月桃)、田芋、ハンダマ、ハイビスカス、パインなど沖縄産の材料が使われてアレンジされたオリジナルスイーツやセイボリーが並び、ポットカバーも琉球の伝統的な染物、紅型(びんがた)柄で琉球をアピールしています。

アトリウムラウンジ(ラグナガーデンホテル)の琉球アフタヌーンティーセット

ちなみに、この琉球アフタヌーンティーセットのドリンクはは、紅茶のみの提供でコーヒーはなし。茶葉も1種類(アッサム)のみです。

紅茶はポットサービスで約2杯分入っていますが、注意したいのはお代わり不可(継ぎ足しのお湯もなし)ということ。飲み終わってからお茶がもっとほしい場合は新たにオーダーしなくてはならないというのがちょっと微妙な点ですね。

友人にも確認したところ、スイーツとセイボリーの量が多いので、結局ドリンクを追加注文していた人が多かったです。アフタヌーンティにしては破格ともいえる料金の安さなので仕方がないかもしれませんが……。

アトリウムラウンジ(ラグナガーデンホテル)の琉球アフタヌーンティーセット

それでは、3段のトレイを上から紹介します。1段目は7種類ものスイーツが載ったお皿。

・田芋パフェ
・ハイビスカスゼリー
・パート・ド・フリュイ
・サンニン(月桃)風味のマカロン
・ブラウニー
・きび糖シュークリーム
・紅芋タルト

田芋パフェは、ケーキセットでも人気メニューのミニ版。田芋の粘り気を活かしたムースの上に、生クリームとチョコパフをちりばめた小さなガラスに入ったデザート。

田芋はサトイモに似た沖縄では良く食べられるお芋で、最近ではスイーツに加工するのが人気です。田芋と生クリームの甘みがまろやかで美味しくいただけます。

ハイビスカスゼリーは意外にさっぱりした甘さで、口直しに良さそうです。琉球アフタヌーンティセットはスイーツの分量が多めなのでこうしたさっぱり系スイーツを挟みながら食べていくのが良いかもしれません。

マカロンは、一見普通ですが、沖縄でよく見かけるハーブであるサンニン(月桃)が練りこまれていて、独特の甘い風味がします。沖縄でムーチー(餅)といえばこの風味です。

そして、とても濃厚なブラウニー。きび糖のシュークリームは、柔らかなシューの中に優しい甘みのカスタードクリームが入ったプチシュー。黒糖と比べて苦みや独特の風味が取り除かれ、丸みのある甘さが特徴です。

紅芋タルトは市販でよく見かけるものより、紅芋クリームが濃厚でタルトがサクサク! パートドフリュイはパインのピューレをペクチンで固めた、キャラメルくらいの堅さのあるゼリー。糖度が高く、表面にもグラニュー糖がまぶされており、とにかく甘いです。

アトリウムラウンジ(ラグナガーデンホテル)の琉球アフタヌーンティーセット

次は2段目です。

・ドライフルーツパウンド
・紅芋デニッシュ
・紅芋あんをはさんだサンニン(月桃)風味のスコーン

1段目に比べ、2段目は3品と少なめですが、その分、サイズはどれも大きめ。

ドライフルーツのパウンドケーキはパインやマンゴーなどのドライフルーツがゴロゴロ。デニッシュは最初ラズベリーかと思いきや紅芋というのにびっくりでした。

アトリウムラウンジ(ラグナガーデンホテル)の琉球アフタヌーンティーセット

紅芋あんをはさんだサンニン(月桃)風味のスコーンは、スコーンにクリームなどを付けるのとは異なり、あらかじめ半分に切ったスコーンに紅芋あんがはさまっています。スコーンは1つだけですが、スコーンというよりパンのような大きさ。

アトリウムラウンジ(ラグナガーデンホテル)の琉球アフタヌーンティーセット

3段目は、パンメニューが3つ。

・紅芋食パンのフルーツサンド
・スモークサーモンとハンダマのサンド
・キャロット&エッグクリームのブルスケッタ

薄紫色の食パンは紅芋が練り込まれています。生クリームに挟まれたフルーツ自体はイチゴとキウイでした。

アトリウムラウンジ(ラグナガーデンホテル)の琉球アフタヌーンティーセット

スモークサーモンとハンダマのサンドには、沖縄野菜のハンダマ(本土では“水前寺菜”や加賀野菜でも知られる“金時草”“式部草”と呼ばれる葉の裏が紫色の野菜の沖縄での呼び名)も挟まっています。

葉の紫色はポリフェノールの一種アントシアニンが豊富に含まれ、健康に良いとされる伝統的な野菜です。

キャロット&エッグクリームのブルスケッタは、パンのかりっとした食感も楽しいイタリアのおつまみとして良く食べられる前菜の一つです。

アトリウムラウンジ(ラグナガーデンホテル)の琉球アフタヌーンティーセット

以上、全部で13種類(スイーツ10種類、スコーン1種類、セイボリー2種類)のボリュームに、沖縄産の材料をふんだんに盛り込んだ琉球アフタヌーンティーセット。

これだけの量が1,600円(税・サービス料別)であれば、人気なのもわかります。複数人で来て、ドリンクは別にオーダーし、それぞれ分け合って食べるのも楽しそうですね。

ラグナガーデンホテル ラウンジの「琉球アフタヌーンティーセット」は予約が可能です。週末やホテルが混み合うオンシーズン、年末年始、ゴールデンウイークなどは予約してから行った方が良いでしょう。予約は電話もしくは直接来店で受け付けています。

ラウンジ(ラグナガーデンホテル)の予算は?

オリジナルブレンドコーヒー550円~ 、ジュース440円~、琉球アッサムティー 560円~、ケーキセット830円と、ホテルラウンジにしては手ごろな価格。

ラウンジ(ラグナガーデンホテル)の予算は?

ラグナガーデンホテルのラウンジの予算は、那覇市内のホテルや、北部のラグジュアリーホテルに比べると、平均的に控えめです。

・オリジナルブレンドコーヒー550円~
・ジュース440円~
・琉球アッサムティー 560円~
・ケーキセット830円
・アフタヌーンティセット 1,100円
・琉球アフタヌーンティセット 1,600円
(※いずれも税別・サービス料別)

トロピカルリゾートの雰囲気が漂うラウンジで、ゆっくりとくつろげることを考えると、かなりコストパフォーマンスの良い値段設定といえるでしょう。

ラウンジ(ラグナガーデンホテル)の予算は?

ラウンジの会計は入口付近のカウンターで。琉球紅茶やケーキなど気に入るものがあれば買い求めることもできます。お支払いは現金ほか各種クレジットカードが使用可能です。

ラウンジ(ラグナガーデンホテル)のおすすめ度は?

街中なのにトロピカルムードがあり、お手頃料金でリゾート気分を味わえるラウンジ。

ラウンジ(ラグナガーデンホテル)のおすすめ度は?

ラグナガーデンホテルは、本島北部のリゾートホテルに比べると、那覇空港からの距離が近い中部地区に位置しており、幹線道路沿いなのでまだまだ街中なのですが、アトリウムラウンジの中はトロピカルムード満点。

ラウンジ(ラグナガーデンホテル)のおすすめ度は?

ドリンクやケーキ、そしてアフタヌーンティーセットの値段もお手頃で、リゾート気分を味わえるラウンジ。地元の方にも旅行者の方にもおすすめできます。

ラウンジ概要

住所

沖縄県宜野湾市真志喜4-1-1(地図

アクセス

・那覇空港から自動車で約40分。
・中部地区リゾートホテル行 空港からの中部地区リゾートホテル行リムジンバス「ラグナガーテンホテル」にて下車
・沖縄バス・琉球バスの路線バス(コンベンションセンター前バス停)から徒歩約5分

連絡先

098-897-2121

最寄駅

沖縄バス・琉球バスの路線バス「コンベンションセンター前」バス停

座席数

41席

禁煙

全席禁煙

ドレスコード

なし

営業時間

9:00~21:00(季節により変動する場合あり)

定休日

なし

アフタヌーンティー

あり(2種類)

個室

なし

予約

ネット予約

公式サイトのメールフォームより問い合わせ

クレジットカード

Diners、VISA、Master、DC、JCB、ミリオン、NICOS、UNION、SAISON、AMEXのクレジットカードが使用可能

駐車場

あり(530台/ホテル構内170台・第2駐車場360台)、ホテル施設利用者は駐車料無料

子供同伴


フォトギャラリー

住所アクセス連絡先座席数予約アフタヌーンティーセット

はてなブックマークに追加  ラウンジ(ラグナガーデンホテル)の口コミと評判は?おすすめ度は?実際に行ってみた感想と評価

沖縄県のホテルラウンジ一覧へ戻る



このホテルラウンジの記事を書いた人


Churako

沖縄在住の愛猫と暮らすWEBライター&工芸作家(月桃カゴ編み)です。 東京・大阪・福岡に住んでいたので、関東・関西・九州方面に出向いてお仕事をすることもしばしば。そのときに利用したホテルやラウンジを中心にご紹介しています。


編集&校正 ビー・エイブル