本文へスキップ

ロビーラウンジ(ハイアットリージェンシー大阪)の口コミと評判

ロビーラウンジ(ハイアット リージェンシー大阪)

大阪ベイエリアにあるシティリゾートホテル「ハイアット リージェンシー大阪」のロビーにあるラウンジ

はてなブックマークに追加  ロビーラウンジ(ハイアット リージェンシー大阪)の口コミと評判は?

ハイアット リージェンシー大阪のロビーラウンジは、ホテル1階、メインロビー中央の吹き抜け階段をぐるりと取り囲むように配置された広々としたコーヒーラウンジです。

ハイアット リージェンシー大阪は、大阪ベイエリアにあるホテル。大阪市内にありながらも都会の喧騒を離れた解放感を楽しめるシティリゾートホテルとして活用されています。

あまり格式張った雰囲気はなく、かといってカジュアルすぎない、居心地のよいホテル。そのホテルコンセプトは、このロビーラウンジからもしっかり感じることができます。

豪華な装飾があるわけではなく、シンプルでスマートなインテリアは都会的な雰囲気。

ホテル玄関の正面の壁は一面ガラス張りとなっているので、開放的な気分を味わうことができ、屋外庭園とウォーターガーデンの景観も楽しめます。まさにシティリゾートというハイアット リージェンシー大阪のコンセプトどおりのラウンジです。

→スイーツブッフェの割引プランの確認と予約はこちらから

ロビーラウンジ(ハイアット リージェンシー大阪)へのアクセスは?

都心から離れた立地ながらも、JR大阪駅からの無料シャトルバスで25分とアクセス良好。

ロビーラウンジ(ハイアットリージェンシー大阪)へのアクセスは?

「ハイアット リージェンシー大阪」があるのは大阪の咲洲(さきしま)と呼ばれる地域。都心から離れたベイエリア(人工島)ということもあり、公共交通機関を利用してのアクセスはあまりよくありません。

しかし、大阪北部の繁華街である梅田とハイアット リージェンシー大阪の間を結ぶ無料のシャトルバスが30分間隔で運行されており、アクセスは意外と便利です。

ロビーラウンジ(ハイアットリージェンシー大阪)へのアクセスは?

シャトルバスの乗り場は、JR大阪駅桜橋口のすぐそば。途中、阪神高速道路を経由し、25分ほどでホテルの玄関へ到着します。

梅田以外からホテルへ向かう場合は、地下鉄中央線からコスモスクエア駅でニュートラムに乗り換え、中ふ頭駅で下車。中ふ頭駅からは徒歩5分ほどです。

車の場合は、ホテルの駐車場が利用できます。約300台収容可能な駐車場は利用料金が30分あたり200円。ホテル内のラウンジやレストランを利用する場合は、利用金額に応じてサービスチケットが発行されます。

ロビーラウンジ(ハイアット リージェンシー大阪)の座席の種類は?

開放的な店内の座席は約80席。一人掛けの椅子席のほかに、ゆったりとしたソファ席も。

ロビーラウンジ(ハイアットリージェンシー大阪)の座席の種類は?

ハイアット リージェンシー大阪ロビーラウンジの席数は約80席。大部分が一人掛けの椅子またはソファで、三人掛けソファのあるテーブルも数席あります。

三人掛けソファと一人掛けのソファを合わせれば4~5人でテーブルを囲めるので、友だち数人でのお茶会を計画しているのなら、予約の際に相談してみるとよいでしょう。

ロビーラウンジ(ハイアットリージェンシー大阪)の座席の種類は?

ソファ席以外はひとつのテーブルにイスが2~3脚配された座席。椅子は大きすぎず、座面も柔らかすぎず、とても座り心地が良かったです。

ロビーラウンジ(ハイアットリージェンシー大阪)の座席の種類は?

ロビーラウンジは、フロア中央の階段をぐるりと取り囲むように位置していることから、店内は細長い三日月型。そこにテーブルセットが配置されているので、視界に入る他の席は比較的少なめです。

壁の一部は大きな窓となっており、外光が取り入れられた店内はとても明るく開放的。

天井も一部吹き抜けになっているため、細長い店内でも圧迫感がありません。まわりの席を意識せず、広々とした空間でゆったりと過ごすことができます。

ロビーラウンジ(ハイアットリージェンシー大阪)の座席の種類は?

窓の外の池には白いチャペルが浮かび、その向こうには木立。森の中の湖をイメージしたのような庭園を眺めていると、気持ちが安らぎ、つい長居をしてしまいそうになります。

ロビーラウンジ(ハイアット リージェンシー大阪)の人気メニューは?

平日はホテルメイドのケーキとロンネフェルトティー。土・日・祝日は「抹茶マニア」など季節ごとのテーマ性のあるスイーツブッフェが人気です。

ハイアット リージェンシー大阪のロビーラウンジでは、平日11時~17時は、コーヒーや紅茶などの飲み物とホテルメイドのケーキが人気。比較的シンプルなラインナップです。

コーヒー 950円、紅茶 1,129円、ジュース 772円、ケーキ(月替わりで5種類ほど) 500円前後(税金・10%のサービス料込)。紅茶はドイツの最高級紅茶ブランド「ロンネフェルト」のもの。香りが豊かで飲みやすい紅茶です。

ホテルメイドのケーキは、季節ごとに旬のフルーツなどの素材を使った色鮮やかなケーキが揃います。1つ500円前後とホテルラウンジでいただくケーキとしては手ごろな価格。

ハイアット リージェンシー大阪のロビーラウンジには、ホテルのラウンジでよくあるアフタヌーンティセットはありませんが、土・日・祝日限定でスイーツブッフェがあります。

詳しくは次の項目でご説明します。

ロビーラウンジ(ハイアット リージェンシー大阪)のスイーツブッフェ

ロビーラウンジの土・日・祝日限定のスイーツブッフェは、季節ごとにテーマが定められた人気イベント。

ロビーラウンジ(ハイアットリージェンシー大阪)のスイーツブッフェ

ハイアット リージェンシー大阪のロビーラウンジでは、土・日・祝日限定で、季節ごとにテーマ性のあるスイーツブッフェが開催されています。

今回は2017年秋に開催されたスイーツブッフェ「抹茶マニア オータム」を紹介します。

ロビーラウンジ(ハイアットリージェンシー大阪)のスイーツブッフェ

「抹茶マニア オータム」は、その名の通り、抹茶をテーマとしたスイーツブッフェ。

春から秋にかけて開催されていた「抹茶マニア」というイベントに続き、芋・栗・パンプキンなどの素材が加わった”秋のお楽しみ”として展開されています。

料金は、飲み放題のドリンクも合わせて4,200円(子どもは2,100円)。800円プラスすると、スパークリングワインを追加することができます。(税金・サービス料別)

(※スイーツブッフェはイベントにより料金が変わる可能性があります。)

ロビーラウンジ(ハイアットリージェンシー大阪)のスイーツブッフェ

スイーツブッフェは12:00~16:00の時間帯で楽しめ、特に時間制限はありません。

ブッフェメニューは、食事代わりにつまめるセイボリー(甘くないもの)やパン、そして、バラエティー豊かなスイーツ類。抹茶味のチョコレートファウンテンもありますよ。

ロビーラウンジ(ハイアットリージェンシー大阪)のスイーツブッフェ

セイボリーは、グリーンサラダにグリーンのドレッシング、ポテトサラダやカボチャのスープなども抹茶風味の緑色。

ロビーラウンジ(ハイアットリージェンシー大阪)のスイーツブッフェ

グリーンのクッキー生地のメロンパンや、抹茶とさつま芋のデニッシュなど、どれも色鮮やかです。

ロビーラウンジ(ハイアットリージェンシー大阪)のスイーツブッフェ

スイーツは、抹茶をふんだんに使ったケーキやドーナツなどの洋菓子がたくさん。チーズケーキもチョコレートムースも緑色。とにかく、なにもかもが抹茶づくしです。

ロビーラウンジ(ハイアットリージェンシー大阪)のスイーツブッフェ

ミニ和菓子バーなどセルフサービスのお楽しみもいろいろ。

最中の皮やどら焼きに好みの和菓子素材をはさんでオリジナル和風スイーツを作ったり、ソフトクリームマシンを使って自分好みの抹茶パフェも作ったりすることもできます。

ロビーラウンジ(ハイアットリージェンシー大阪)のスイーツブッフェ

抹茶チョコレートファウンテンでマシュマロやフルーツに抹茶チョコをかけるのも楽しく、複数人で行けばきっと盛り上がることでしょう。

ロビーラウンジ(ハイアットリージェンシー大阪)のスイーツブッフェ

ドリンクもすべてセルフサービスの飲み放題。コーヒーや紅茶だけでなく、日本茶も選ぶことができ、玄米茶や煎茶、玉露など7種類の宇治茶を楽しめます。ホットドリンクだけでなくアイスもありますよ。

ロビーラウンジ(ハイアットリージェンシー大阪)のスイーツブッフェ

甘みの強い洋菓子にはさっぱりした苦みの日本茶を、あっさりした甘みの和菓子には香りの深いコーヒーをと、スイーツと飲み物の組み合わせを考える楽しみがあるのも、このスイーツブッフェの特徴です。

ロビーラウンジ(ハイアットリージェンシー大阪)のスイーツブッフェ

提供されている食べ物は、さすがホテルの食事だけあってどれも味のレベルが高く、スイーツ類はしっかり甘みがあるのにくどさがありません。

いい意味で後に残らない味付けで、ついついあれもこれも食べてしまい、イスの心地よい座り心地とあいまって、すっかり長居をしてしまいました。

ロビーラウンジ(ハイアット リージェンシー大阪)のお席の予約は?

ハイアットリージェンシー大阪のロビーラウンジの予約は電話か公式サイトから

ロビーラウンジ(ハイアット リージェンシー大阪)のお席の予約は?

ハイアット リージェンシー大阪のロビーラウンジは予約がなくても利用できますが、土・日・祝日限定のスイーツブッフェは人気のイベントなので、事前の予約がおすすめです。

→スイーツブッフェの割引プランの確認と予約はこちらから

ホテルのレストラン専用のダイヤル(06-6612-1234・11:00~18:00)かホテル公式サイトからネット予約が可能です。

ロビーラウンジ(ハイアット リージェンシー大阪)の予算は?

スイーツブッフェは約5,000円と高額ながら、平日はかなりリーズナブルに利用が可能。

ロビーラウンジ(ハイアット リージェンシー大阪)の予算は?

ハイアット リージェンシー大阪のロビーラウンジは、利用のしかたによって予算が大きく変わります。

まず、土日祝日限定のスイーツブッフェは税金・サービス料込みで4,900円。ホテルのラウンジとしては比較的高額な料金と言えるかもしれません。ですが、ブッフェ形式で自由な楽しみ方ができ、時間制限もないことを考えると妥当な金額でしょう。

また、平日の利用は、ドリンク代金が1,000円前後と利用しやすい金額です。ケーキも500円前後とリーズナブルで、ドリンクとセットにしても1,500円ほど。ゆったりとした空間で、薫り高い飲み物を楽しみながら過ごすお値段としてはお得ではないでしょうか。

(※土・日・祝もスイーツブッフェ以外の単品メニューの注文が可能です。ただし、スイーツブッフェ開催日は混雑するため、平日ほど落ち着けない可能性があります。)

ロビーラウンジ(ハイアットリー ジェンシー大阪)のおすすめ度は?

手ごろな料金でゆったり過ごすなら平日の利用がおすすめ。咲洲での用事の前後に立ち寄ればシャトルバスも無料で利用できて便利。

ロビーラウンジ(ハイアットリージェンシー大阪)のおすすめ度は?

ハイアット リージェンシー大阪のロビーラウンジは、平日は比較的空いていることが多く、静かにコーヒーを飲みながら贅沢にラウンジの空間を楽しむことができます。ホテル内はレストランでもWi-Fiに接続可能で、パソコンを広げてのノマドワークにもぴったり。

個人的には、ホテル近くのインテックス大阪やATCホールで展示会などがあったときは、用事をすませた後、ロビーラウンジでコーヒーをいただくことにしています。

資料を整理しながらのんびりと歩き疲れた足を休めることもできますし、梅田までシャトルバスを利用すれば、地下鉄の面倒な乗り換えや電車代も気にする必要がありません。

1,000円ほどのドリンク代で、それ以上のサービスを受けることができるラウンジとしておすすめします。

土・日・祝日にハイアット リージェンシー大阪のロビーラウンジでスイーツブッフェを楽しみたい方は、一部メニュー限定となりますが、一休.comの一休限定プランが20%OFF~35%OFFで予約できるのでお得です。

→スイーツブッフェの割引プランの確認と予約はこちらから

ラウンジ概要

住所

大阪府大阪市住之江区南港北1-13-11(地図

アクセス

ニュートラム南港ポートタウン線 中ふ頭駅下車、徒歩約3分。梅田駅より無料シャトルで約25分。

連絡先

06-6612-1234(レストラン予約ダイヤル 11:00~18:00)

最寄駅

ニュートラム南港ポートタウン線 中ふ頭駅

座席数

80席

禁煙

全席禁煙

ドレスコード

なし

営業時間

平日 11:00~17:00
土・日・祝 9:00~17:00

定休日

なし

アフタヌーンティー

なし

デザートブッフェ

あり(12:00~16:00、土・日・祝および特定日のみ)

個室

なし

予約

可能

ネット予約

可能

クレジットカード

可能(Visa、MasterCard、AmericanExpress、JCB、Diners、銀聯カード(Union Pay)等)

駐車場

あり(約300台、30分200円。ホテル内のラウンジやレストラン利用の場合、2,500円利用で1時間、5,000円利用で2時間無料の駐車券発行あり。)

子供同伴

可能

フォトギャラリー

住所アクセス連絡先最寄駅座席数禁煙定休日アフタヌーンティーデザートブッフェネット予約

はてなブックマークに追加  ロビーラウンジ(ハイアット リージェンシー大阪)の口コミと評判は?

大阪府のホテルラウンジ一覧へ戻る

このホテルラウンジの口コミを書いた人


たまのみか

生まれも育ちも大阪北摂のライター・ブロガー。おいしいものや旅が大好き。あちらへこちらへと気ままに旅しています。

街で人気のおしゃれカフェもいいけれど、ゆったりとお茶ができるホテルラウンジも大好き。人込みを気にせず静かに過ごせるところがいいですよね。

高級ホテルにはそれぞれにストーリーがあるもの。おいしいスイーツやラグジュアリーな空間と合わせて、そのあたりもご紹介します。


編集&校正 ビー・エイブル