本文へスキップ

マーブルラウンジ(ヒルトン東京)

マーブルラウンジ

ヒルトン東京のマーブルラウンジは、毎回大人気のデザートブッフェはもちろん、ランチ&ディナーブッフェもおすすめ。家族や友人との会食、女子会、デート、ビジネスの打ち合わせなど幅広く使えます。

 はてなブックマークに追加  マーブルラウンジ(ヒルトン東京)の口コミと評判は?おすすめ度は?実際に行ってみた感想と評価

マーブルラウンジ(ヒルトン東京)

マーブルラウンジは、東京・新宿にあるホテル「ヒルトン東京」の1階ロビーフロア、正面エントランスを入ってすぐのところにあるラウンジです。

中央にらせん階段を配したマーブルラウンジは、2階まで吹き抜けの開放感あふれる空間。内装はダークブラウンを基調としたモダンなテイストです。

全席ソファー席で座り心地がよく、一人用のカウンター席もあるので、家族やグループ、カップル、あるいはビジネスの打ち合わせやノマドワークなど幅広い用途に適します。

マーブルラウンジ(ヒルトン東京)

ヒルトン東京のマーブルラウンジといえば、朝食ブッフェやスイーツブッフェ、ランチ&ディナーブッフェなど、ブッフェが評判です。時期によっては予約でいっぱいになることもあるほどの人気ぶりで、シーズン毎に通うファンも少なくありません。

このページでは、実際にマーブルラウンジに行ってみた感想を写真付きで紹介します。

→お得な割引プランの詳細と予約状況をCheckする!

このページの目次

  1. アクセス
  2. 座席の種類
  3. 人気メニュー
  4. デザートブッフェ
  5. お席の予約
  6. 予算
  7. マーブルラウンジのおすすめ度は?

マーブルラウンジ(ヒルトン東京)へのアクセスは?

西新宿駅と都庁前駅からは地下通路で直結しており、雨の日でもアクセスが便利。

マーブルラウンジ(ヒルトン東京)へのアクセス

マーブルラウンジの入っている「ヒルトン東京」は、東京メトロ丸ノ内線「西新宿」駅、都営地下鉄大江戸線「都庁前」駅と地下通路で直結しており、日差しの強い日や雨の日にもアクセスが便利です。また、新宿駅からは徒歩10分、無料シャトルバスで5分ほど。

羽田空港と成田空港からは、ヒルトン東京行きのリムジンバスが運行しています。(羽田空港からは80分、成田空港からは120分)

マーブルラウンジ(ヒルトン東京)の座席の種類は?

グループ向け、2人がけ、1人用カウンター席など、さまざまなタイプの座席があります。コンセント付き席もあり、ビジネスの打ち合わせやノマドワークにもおすすめ。

マーブルラウンジ(ヒルトン東京)の座席の種類

マーブルラウンジの座席数は208とかなり多いです。大人数で座れる席から2人がけの席、そして1人でも使いやすいコンセント付きのカウンター席など、さまざまな種類の席があるので、いろいろなシーンで利用できます。

マーブルラウンジ(ヒルトン東京)の座席の種類 カウンター席

バーカウンター形式の席。マーブルラウンジにはバーカウンター席が2か所あります。

マーブルラウンジ(ヒルトン東京)の座席の種類

電源コンセントがついた席は、スマートフォンやパソコンの充電をしながら作業ができ、ビジネスの打ち合わせやノマドワークにぴったりです。

マーブルラウンジ(ヒルトン東京)の座席の種類

ラウンジ内には2人がけの席が多いですが、すべてが同じタイプというわけではなく、その種類はさまざま。

マーブルラウンジ(ヒルトン東京)の座席の種類

どれも肘置きつきのソファータイプのチェアで座り心地が良いです。ただ、お客さんの数が多いこともあって、一人ひとりのスペースはやや狭めといえるでしょう。

マーブルラウンジ(ヒルトン東京)の座席の種類

くっつけてグループ席としても、離して2人がけの席としても使えるタイプのお席。

マーブルラウンジ(ヒルトン東京)の座席の種類

こちらは丸テーブルを4つのチェアで囲んだお席です。ナプキンが2人分で精一杯なところを見ると、4人で使うにはちょっと狭いかもしれません。

マーブルラウンジ(ヒルトン東京)の座席の種類

こちらも4人がけの席です。2パターンあり、イスが向かい合っているものとそうでないものがあります。

マーブルラウンジ(ヒルトン東京) 半円状の座席

半円状のソファーとチェア2脚で丸テーブルを囲んだお席は、女子会などグループでの利用や、小さな子ども連れのファミリーでの利用によさそうです。

マーブルラウンジ(ヒルトン東京)の座席の種類

マーブルラウンジ(ヒルトン東京)の人気メニューは?

シーズンごとにテーマが変わるデザートブッフェが大人気! ブレックファストブッフェ、ランチブッフェ、ディナーブッフェも展開しています。

マーブルラウンジ(ヒルトン東京)の人気メニュー

ヒルトン東京のマーブルラウンジの人気メニューは、何といってもデザートブッフェ。

特に、毎年12月下旬から5月頃に行われる、イチゴをテーマにしたブッフェは大人気で、ヒルトン東京の名物になっているほどです。

マーブルラウンジでは、スイーツブッフェ以外にも、ブレックファストブッフェ、ランチブッフェ(月~土曜)、ブランチブッフェ(日祝日)、ディナーブッフェなど、さまざまなブッフェを展開しています。

各種ブッフェの内容は以下のページよりご確認ください。

→一休の割引プランを公式サイトでCheckする!

→Ozmallの割引プランを公式サイトCheckする!

マーブルラウンジ(ヒルトン東京)のデザートブッフェは?

食べるだけではなく見て楽しめるデザートブッフェ。テーマごとに楽しめます。

マーブルラウンジ(ヒルトン東京)のデザートブッフェ

ヒルトン東京のマーブルラウンジのデザートブッフェは、シーズン毎に変わるテーマに沿って凝った盛り付けをしており、食べるだけではなく、見ても楽しめると評判です。

マーブルラウンジ(ヒルトン東京)のデザートブッフェ

今回私が訪れたときは、「ストロベリー・サイケデリック`60s」をテーマにしたデザートブッフェが開催中で、メリーゴーランドの飾りや、写真映えする椅子、サイケデリックなイラストが映し出されるモニターなど、派手でどこかレトロな装飾が施されていました。

マーブルラウンジのデザートブッフェの内容はテーマごとに変わりますが、デザートブッフェなので、基本的にはスイーツが多めです。

各種ケーキ、シュークリーム、焼菓子、生菓子、揚げ菓子、フルーツピザ、チョコレートファウンテン、スコーン、アイスクリーム、果物などのスイーツのほか、サンドウィッチやパスタ、揚げ物などの軽食も並びます。ドリンクは、コーヒー、紅茶、ウーロン茶。

マーブルラウンジ(ヒルトン東京)のデザートブッフェ

まずはこれらを撮ってみました。左奥はイチゴのパチパチマシュマロ 右奥はマカロン・ストロベリー、右中段はイチゴのショットグラス、中央はイチゴの板チョコレート、左手前はシュークリーム、右手前はイチゴのチョコレートコーティングです。

マーブルラウンジ(ヒルトン東京)のデザートブッフェ

マシュマロを棒付きキャンディーの形に加工したものと、フレッシュストロベリーがのったいちごのマカロン。見た目もかわいらしく、味も甘酸っぱくて美味しいです。

マーブルラウンジ(ヒルトン東京)のデザートブッフェ

チョコレートのコクのある甘さとイチゴの甘酸っぱさがミックスされたイチゴの板チョコレートは、中にはクランチやドライベリーが入っていて食感も楽しめます。

イチゴのショットグラスは、オレンジジュースとパッションジュースのミックスにイチゴが入っています。酸味が強くイチゴで甘さを補う感じですが、口直しにはピッタリです。

マーブルラウンジ(ヒルトン東京)のデザートブッフェ

をサイケデリックをテーマにした今回のデザートブッフェには、虹色のスポンジのケーキもありました。味は普通でしたが、写真映え抜群で目を引きます。

種類は少ないものの、イカリングなどのおかず系メニューもいくつかありました。甘みばかりが続くと飽きてしまいますが、途中で塩気のあるものを食べると口が変わって、また甘いものを楽しめます。

ヒルトン東京のマーブルラウンジのデザートブッフェの内容はシーズンにより異なるので、最新のブッフェの情報は以下ページよりご確認ください。

→Ozmallで最新ブッフェの内容をCheckする!

マーブルラウンジ(ヒルトン東京)のお席の予約は?

公式サイトや一休.com、オズモールから予約可能。ランチのみ電話での予約もできます。

マーブルラウンジ(ヒルトン東京)のお席の予約

マーブルラウンジの予約は、ヒルトン東京の公式サイトや電話、また一休.comなどの予約サイトから可能です。

ストロベリーデザートブッフェの開催期間中(毎年12月下旬~5月)は、予約で満席になり、ブッフェ以外の通常利用でも入店できないことが多いので、予約してから行くことをおすすめします。

ランチブッフェ、デザートブッフェ、ディナーブッフェの予約は、一休.comやオズモールからネット予約が可能です。一休.comにはお得な一休限定プランがあり、メニューによって割引率は変わりますが、通常価格の18%~48%OFFとなります。

デザートブッフェはとても人気があり、予約なしで行くと入店できない場合もあるので、必ず予約していくようにしましょう。

→一休の割引プランを公式サイトでCheckする!

→Ozmallの割引プランを公式サイトCheckする!

なお、ランチブッフェに限り、ヒルトン東京に直接電話でも予約可能です。

ストロベリーデザートブッフェのシーズンは毎年すぐ予約が埋まってしまうので、通常のカフェ利用もままなりません。その時期に普通にラウンジとして使うなら、同じヒルトン東京の2Fにある「バー&ラウンジZATTA」に行くほうがいいでしょう。

マーブルラウンジ(ヒルトン東京)の予算は?

デザートブッフェは大人で4,500円〜 アラカルトではソフトドリンクが1,100円〜。

マーブルラウンジ(ヒルトン東京)の予算は?

ヒルトン東京のマーブルラウンジのブッフェは大人と子供で料金体系が違いますが、大人はデザートブッフェで4,500円〜となっています。アラカルトではソフトドリンクが1,100円〜、紅茶が1,331円〜、コーヒーが1,452円〜となっています。

※消費税と13%のサービス料が別途必要です。

東京都内高級ホテルのブッフェの値段としては、決して高くないでしょう。

また、アラカルトではソフトドリンクが1,100円程度で、紅茶が1,331円〜、コーヒーが1,452円〜。こちらも都内のホテルラウンジの値段としては、平均的な値段といえます。

マーブルラウンジ(ヒルトン東京)のおすすめ度は?

女子会やデートでブッフェを楽しむのにおすすめですが、人気のため混雑するのがネック。

マーブルラウンジ(ヒルトン東京)のおすすめ度は?

ヒルトン東京のマーブルラウンジは、さまざまな用途に使うことができ、味も接客も良く、話題性もあるのが魅力ですが、ストロベリーデザートブッフェのシーズンはとても混雑し、通常利用すらままならないのはマイナスポイントといえるでしょう。

個人的には、女子会やデートには特におすすめで、ノマドワークやビジネスの打ち合わせにはやや不向きかなと思います。(人気があり予約しなければ入れない時期があるのと、ひとりひとりの席スペースが少し狭いこと、人の話し声がけっこうすることが理由。)

マーブルラウンジのデザートブッフェは数ある東京のデザートブッフェの中でもかなり人気があり、話題のスポットのひとつにもなっているので、女性グループやカップルで出かければ盛り上がること間違いなしでしょう。

普通のデートでふらっと入ってもいいですが、特に毎年12月下旬から5月の時期は予約で満席ということが多いので、気をつけてくださいね。

デザートブッフェやディナーブッフェの予約はネットからのみ可能です。お得にブッフェを楽しみたい方は、一休.comの一休限定プランがおすすめ! メニューによって割引率は変わりますが、通常価格の18%~48%OFFとなります。

割引プランの詳細は以下ページよりご確認ください。

→一休の割引プランを公式サイトでCheckする!

→Ozmallの割引プランを公式サイトCheckする!

マーブルラウンジ概要

住所

東京都新宿区西新宿6-6-2 ヒルトン東京1階(地図

アクセス

「西新宿」駅・「都庁前」駅から地下通路で直結

連絡先

03-3344-5111(代表) ※予約受付時間 10:00~21:00

最寄駅

西新宿駅(C8出口)、都庁前駅

座席数

208席

禁煙

全席禁煙

ドレスコード

なし

営業時間

ブレックファスト:6:30~10:30(土・日・祝日~11:00)
ランチブッフェ:11:30~14:00(月曜日~土曜日)
ブランチブッフェ:11:30~14:00(日・祝日)
デザートブッフェ:14:30~17:30
ディナーブッフェ:18:00~21:00
アラカルト:6:00~23:00(金・土は24:00まで)

定休日

なし

アフタヌーンティー

なし

デザートブッフェ

あり

個室

なし

予約

ネット予約

可(公式サイト、一休.com、ホットペッパー、オズモール)

クレジットカード

Master、VISA、UC、アメックス、ダイナーズ、DC、NC、JCB、UFJ

駐車場

あり。3,000円以上の利用で3時間30分まで無料。延長の場合、30分ごと300円。

子供同伴


フォトギャラリー

住所アクセス

 はてなブックマークに追加  マーブルラウンジ(ヒルトン東京)の口コミと評判は?おすすめ度は?実際に行ってみた感想と評価

東京都のホテルラウンジ一覧へ戻る


このホテルラウンジの口コミを書いた人


網野新花

旅関連メディアだけではなく、恋愛メディアやWebマーケティングのメディアなども執筆。自他ともに認める高級ホテル好き。自分の誕生日は2年連続で高級ホテルで楽しむほど。趣味で培った知識や経験を活かして有益な情報を伝えていきたいです。


編集&校正 ビー・エイブル