本文へスキップ

THE BAR(ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留)

THE BAR(ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留)

新橋駅・汐留駅から近いバー・ラウンジ。商談・ビジネスの打ち合わせによく使われます。

はてなブックマークに追加  THE BAR(ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留)の口コミと評判は?おすすめ度は?実際に行ってみた感想

THE BAR(ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留)

THE BARは、東京の汐留にある高級ホテル「ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留」の24階フロントレセプションフロアにあるバー・ラウンジです。朝から深夜まで営業しており、朝食・ランチ・カフェ・ディナー・バーとさまざまな用途に利用できます。

THE BAR(ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留)

店内にはおしゃれなアートが飾られており、リング型の照明が吊り下げられていました。昼は目立ちませんが、窓の外が暗くなると、まるで光の輪が浮かんでいるかのようです。昼と夜とでガラリと雰囲気が変わるのも、このバー・ラウンジの特徴と言えるでしょう。

このページの目次

  1. アクセス
  2. 座席の種類
  3. メニュー
  4. お席の予約
  5. 予算
  6. THE BARのおすすめ度は?

THE BAR(ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留)へのアクセスは?

JR・都営浅草線「新橋」駅から地下通路で直通、徒歩約3分。都営大江戸線・ゆりかもめ「汐留」駅からは徒歩1分。

THE BAR(ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留)へのアクセス

THE BARのある「ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留」へ電車でアクセスする場合、JR、ゆりかもめ、地下鉄3路線が利用できます。

便利なのは、JR新橋駅(汐留口)・都営浅草線新橋駅から地下通路を通っていく方法です。新橋駅からホテルまでは徒歩3分ほど。地下通路なので、冬の寒さや夏の暑さにもさらされず、雨に濡れることもありません。

東京メトロ銀座線 新橋駅からは徒歩約5分、都営大江戸線汐留駅(2番出口)・ゆりかもめ汐留駅からは徒歩約1分でホテルに到着します。

車の場合は、首都高速都心環状線の汐留出口より約3分 、銀座出口より約5分です。ホテル地下に公共駐車場(192台収納可能)があり、レストランを3,000円以上利用すると2時間まで駐車料金が無料となります(延長は15分につき200円)。

THE BAR(ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留)の座席の種類は?

カウンター席が多めです。2人掛け、4人掛け、6人掛けのテーブル席もあり。

THE BAR(ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留)の座席の種類

ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留のTHE BARにはカウンターが2つあり、カウンター席が多く用意されています。

THE BAR(ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留)の座席の種類

ひとりでの利用や、2人で並んで座りたいときに重宝するでしょう。

THE BAR(ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留)の座席の種類

窓際にはこのような2人掛けの席があります(取材した日は満席でした)。

THE BAR(ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留)の座席の種類

窓からは浜離宮やベイエリアのビル群を眺めることができます(ビルが目の前にありますが)。

THE BAR(ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留)の座席の種類

4人掛けのテーブル席は、低めのテーブルを長ソファで挟んだお席や、四角いテーブルを4脚のチェアで囲んだお席など、店内に数多く用意されていました。平日昼間はスーツ姿のビジネスマンのお客さんが多く利用しているようです。

THE BAR(ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留)の座席の種類

4人掛けの席は打ち合わせでもプライベートの集まりでも使いやすく、便利ですね。また、数は少ないですが、6人掛けのテーブル席もありました。

なお、THE BARは全席禁煙となっています。

THE BAR(ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留)のメニューは?

ティータイムはケーキセット、ドリンクならカプチーノが人気です。

THE BAR(ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留)の人気メニューは?

THE BARでは、ランチタイムにはアメリカンクラブハウスサンドウィッチやハンバーグ、ティータイムにはケーキセットが人気です。

夜はバーラウンジなので、ビールやジントニック、コスモポリタンやモスコミュールなどのカクテルを頼むお客さんが多く、お酒に合うおつまみも揃っています。

メニューはタブレットで閲覧するスタイルですが、タップして注文をするわけではありません。普通にスタッフを呼んでオーダーを伝えましょう。

THE BAR(ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留)のメニュー

今回はティータイムに訪問し、カプチーノ1,069円(税・サービス料込)を頼みました。ミルクフォームはきめ細かくクリーミーで、シナモンの香りがふんわり。コーヒーは味はコクと苦味があり、飲んだ後の余韻もしっかりとしていて美味しかったです。

THE BAR(ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留)のお席の予約は?

電話予約・ネット予約ともに不可です。

THE BAR(ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留)の席の予約

ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留のTHE BARは、電話・ネットともに予約を受け付けていません。混雑している時間帯に行くと、席が空くまで待つことになるかもしれません。

そのため、取引先との打ち合わせやデートなど、あまり人を待たせたくないときは、早く来て席を取っておくか、別のラウンジやカフェに行くほうが良さそうです。

なお、ザ ロイヤルパーク 東京汐留の1階にはカフェ「チャヤマクロビ」もあります。

THE BAR(ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留)の予算は?

コーヒー・紅茶は1,000円前後、ケーキセットは1,300円です。

THE BAR(ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留)の予算は?

ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留のTHE BARの予算は、ティータイムのコーヒー・紅茶の単品が1,000円前後、好みのケーキにコーヒーまたは紅茶がつくケーキセットが1,300円です(税金・サービス料込)。

ランチタイムは3,000円〜5,000円、ディナータイムで4,000円〜5,000円、バータイムはお酒を飲む量にもよりますが、ホテルのラウンジとしては平均的な価格帯と言えます。

会計は現金のほか、各種クレジットカードも利用可能です。駐車券を持っている場合は、会計時に提示するようにしましょう。

THE BAR(ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留)のおすすめ度は?

最寄駅から近く、商談・打ち合わせがしやすい雰囲気で、ビジネスシーンにおすすめ。

THE BAR(ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留)のおすすめ度は?

ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留のTHE BARは、新橋駅・汐留駅から近くて便利なのですが、平日のティータイムはかなり混雑している上に予約ができない点が残念です。

場所柄、商談や打ち合わせをしているビジネスマンが多いのですが、ティータイムは同じように打ち合わせする人でほとんど席が埋まってしまっているので、取引先や上司を待たせるかもしれません。

コーヒーの値段も手ごろで、ビジネス利用には確かにおすすめできますが、接待する側であれば、早めに行って席を抑えておく、などの対応が求められそうです。

女性受けする華やかなスイーツやアフタヌーンティーセットなどがあるわけではないので、あまり女子会向きのホテルラウンジとは言えません。

バータイムになると店内は一変して艶やかな雰囲気になるので、会社帰りの一杯、あるいは夕食前の待ち合わせや夕食後のお酒を飲みに立ち寄ってみるのも良いでしょう。

バー・ラウンジ THE BAR 概要

住所

東京都港区東新橋1-6-3(地図

アクセス

JR新橋駅(汐留口)・都営浅草線新橋駅より徒歩約3分
東京メトロ銀座線 新橋駅より徒歩約5分
都営大江戸線汐留駅(2番出口)・ゆりかもめ汐留駅より徒歩約1分

連絡先

03-6253-1130(レストラン予約/10:00~19:00)

最寄駅

ゆりかもめ・都営大江戸線 汐留駅

座席数

50席

禁煙

全席禁煙

ドレスコード

なし

営業時間

ブレックファースト 7:00~11:30
ランチ&ティータイム 11:30~17:00
バータイム 平日・土 17:00~25:00(L.O 24:30)
日・祝日 17:00~22:00(L.O 21:30)
ジャズの生演奏 19:00〜22:30
※テーブルチャージ1人500円(税込)

定休日

なし

アフタヌーンティー

なし

個室

なし

予約

不可

ネット予約

不可

クレジットカード

VISA、Master、アメリカンエクスプレス、JCB、ダイナーズクラブ、セゾン、UCカード、DCカード

駐車場

地下駐車場あり。3,000円以上の利用で2時間無料。それ以降は15分につき200円

子供同伴

公式サイト

THE BAR


はてなブックマークに追加  THE BAR(ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留)の口コミと評判は?おすすめ度は?実際に行ってみた感想

東京都のホテルラウンジ一覧へ戻る


このホテルラウンジの口コミを書いた人


網野新花

旅関連メディアだけではなく、恋愛メディアやWebマーケティングのメディアなども執筆。自他ともに認める高級ホテル好き。自分の誕生日は2年連続で高級ホテルで楽しむほど。趣味で培った知識や経験を活かして有益な情報を伝えていきたいです。


編集&校正 ビー・エイブル