本文へスキップ

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの口コミ&宿泊記

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

クラス:ハイクラスリゾートホテル 予約サイト評価:4.0/5.0

沖縄本島中部、恩納村にある老舗リゾートホテル。プールやレストランなど館内施設が充実しているので、ホテルステイを楽しみたい方におすすめ。

はてなブックマークに追加  ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの口コミと評判は?実際に泊まった感想とおすすめ度

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートは、沖縄の人気観光スポット「万座毛」の近くにある老舗リゾートホテルです。館内には8つのレストランやプール、ビーチ、大浴場など、さまざまな施設があり、外出しなくてもホテル内で十分楽しめます。

青と白を基調とした爽やかなインテリアのお部屋から見えるのは、沖縄の海。リゾート感満載のホテルで、ゆっくりとホテルステイを楽しみたいという方におすすめです。

▶宿泊予定日の最安値料金と空室状況をCheckする!

今回はANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのスーペリアルームの客室に実際に宿泊してきたので、感想を交えて、お部屋の様子や館内施設などを詳しく紹介します。

このページの目次

  1. ホテルへのアクセス
  2. 客室の種類
  3. お部屋の様子と備品
  4. 窓からの景色
  5. バスルームとトイレ
  6. 館内施設
  7. 朝食ブッフェ
  8. ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのおすすめ度は?
  9. 空室状況と最安値をチェックして予約!

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートへのアクセスは?

沖縄本島中部にあり、那覇空港より約80分。沖縄自動車道利用(屋嘉IC)で約50分。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートへのアクセス

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートは、沖縄本島中央の恩納村(おんなそん)、西海岸リゾートエリアにあります。

車(レンタカー)で行く場合は、那覇空港より約80分です。沖縄自動車道を利用する場合は、「屋嘉IC」で降りて一般道を通り、50分ほど走れば到着します。宿泊客の駐車料金は1泊1,000円です。

なお、ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートはバレーパーキングなので、エントランス前でスタッフの方に車を預ければオーケー。そのまま受付まで案内してもらったので、移動もスムーズでした。


バスで行く場合は、那覇空港から乗車できる空港リムジンバスの利用がおすすめ。那覇空港国内選旅客ターミナルバス停から乗車して、「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート前」で下車すれば、およそ100分で到着します。

チェックインは15:00から。少し早めに到着しましたが、清掃状況を確認後、すぐにお部屋の手配をしていただきました。館内の説明も簡潔で分かりやすく、笑顔での対応も好印象でした。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの客室の種類は?

客室数397室、階層・眺望・タイプ別ににさまざまな種類の客室があります。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの客室の種類

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの客室数は397室。客室の種類は以下の通りです。

  • パールオーシャンビュー(32㎡)…3階に位置する客室
  • スーペリアルーム(32㎡)…3~4階に位置する客室
  • ユニバーサルルーム(32㎡)…3階ビーチサイドに位置する客室
  • ハイフロアルーム(32㎡)…5~7階に位置する客室
  • クラブインターコンチネンタルルーム(32㎡)…8~9階に位置する客室
  • クラブインターコンチネンタルコーナーテラスルーム(32㎡)…5階~9階に位置する客室
  • クラブインターコンチネンタルデラックスコーナーテラスルーム(96㎡)…最上階に位置するジュニアスイートタイプの客室
  • クラブインターコンチネンタルコーナースイート(64㎡)…6~7階に位置するスイートタイプの客室
  • クラブインターコンチネンタルデラックスコーナースイート(64㎡)…8階に位置する客室

なお、「クラブ」とついているお部屋の宿泊客は、クラブインターコンチネンタルラウンジを利用できます。

▶各お部屋の最安値料金と空室状況をCheckする!

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのお部屋の様子と備品は?

青と白を基調としたビーチリゾートらしい雰囲気のお部屋です。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのお部屋の様子と備品

今回は3階のスーペリアルームに宿泊しました。青と白を基調にしたさわやかなインテリアで、ビーチリゾートらしさが感じられるお部屋です。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのお部屋のベッド

今回は家族4人で宿泊したので補助ベッドが2つ用意されていましたが、小学校低学年以下の子どもならメインベッドで添い寝をしても十分な広さ。

補助ベッドを置くと、どうしても部屋が狭く感じるので、必要でなければ、事前にホテルの方にその旨を伝えておくといいでしょう。掛け布団は薄く、ベッドのスプリングはやや硬めでした。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのお部屋の様子と備品

メインベッドの枕元にはスタンドライト、電話、室内の灯りのスイッチがありました。残念ながらコンセントの差し込み口はなかったので、スマホを充電しながら枕元に置いて寝ることはできません。

ベッドの正面には、本来であればライティングデスクがありますが、今回はベッドを置いているためありませんでした。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのお部屋の様子と備品

テレビの左隣にある棚の上にはスタンドライト、湯わかし器、ミネラルウォーター(1人1本ずつ)、館内で使えるフリースマートフォンがあります。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのティーセットとミニバー

棚の中にはミニバー(有料)やグラス、ティーカップ、お茶のティーパック、インスタントコーヒー、ウイスキーなどのアルコール(有料)、おつまみ(有料)などが入っていました。いろいろとあるので、急にお部屋で何か飲みたくなったときにも便利です。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのクローゼットの中身

クローゼットの中には、ハンガー、スリッパ、セーフティボックス、靴ベラなどが入っていました。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの洗面台

クローゼットの左隣にある洗面台は、青と薄い黄色のタイル張りの壁面がとてもかわいくて、お洒落な雰囲気。あまり広さはありませんが、すっきりとコンパクトな空間で、清潔感もあります。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの洗面台のアメニティ

木製ボックスの中には、歯ブラシセット、かみそり、シャワーキャップ、くし、コットンパッド、ヘアゴム、綿棒、爪磨きとキューティクルプッシャー(爪のふちの甘皮を根元に押し上げる道具)、シェービングクリームが収納されていました。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの窓からの景色は?

ハーバービューのお部屋からは青い海やプールが見渡せ、リゾート感たっぷりです。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの窓からの景色

今回宿泊したスーペリアルーム3階のお部屋からの窓からは、ホテルのプールや海が見えました。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの窓から見えるプールの景色

私が行ったときは残念ながら曇り空だったのですが、晴れた日には青々とした海と空が広がるリゾートらしさが感じられる景色が見られるでしょう。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの窓から見える景色

ちなみに、反対側のお部屋だと駐車場ビューになってしまいます。せっかくANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートに泊まるなら、リゾート感あふれるハーバービューのお部屋を予約するのがおすすめです。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのバスルーム・トイレは?

バルタブとトイレがいっしょになったユニットタイプで、バスタブはゆとりのある大きさ。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのバスルーム

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのバスルームは、バスタブとトイレがいっしょになっています。バスタブはゆったり足を伸ばしてお湯に浸かれる大きさです。

浴室の壁には資生堂のシャンプー・コンディショナー・ボディーソープとタオルが設置されていました。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのバスルーム・トイレ

トイレはウォシュレットタイプです。

ちなみに、ホテル内にはサウナ付きの大浴場もありましたが、浴室内の壁に紫色の汚れのようなものが広がっていたのは少々残念でした。申し訳程度という感じの大浴場なので、温泉旅館のような綺麗な大浴場を期待しない方がいいでしょう。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの館内施設は?

館内には8つのレストラン、宿泊者専用のプール、ショップ、コンビニなどがあります。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの館内施設・レストラン

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートには、8つのレストランがあります。

ホテル周辺に飲食店は少ないので、食事はホテル内で済ませる方が多いのだとか。お店の雰囲気や料理内容もさまざまなので、どれにしようか迷ったときはインフォメーションでスタッフに相談してみるのもおすすめです。

  • ビュッフェ形式のオールデイダイニング「アクアベル」
  • 日本料理「雲海」(鉄板焼き、寿司カウンター)
  • 琉球料理「オーキッド」
  • アジア料理「The Oriental Grill by Karin」
  • ビーチ居酒屋「ちゃんぷる」
  • カフェ「オーシャンカフェ
  • バー「Salvatore Cuomo & Bar 万座ビーチ」
  • バー「バーウェイビー」

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの館内施設 プール

ガーデンプールは、宿泊者専用のプール。利用料はもちろん、タオルや水着、ウエットスーツも無料でレンタルできるので、急に入りたくなったときにも安心です。

11月から5月頃までは温水期間なので、水温が低くて入れないということも少ないでしょう。子ども用プールもあるので、小さなお子さん連れのファミリーにもおすすめです。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのホテル前ビーチ

こちらは、ホテルから数分のところにあるビーチです。マリンアクティビティなどの体験メニューも豊富で、1日中遊べるスポット。今回は海には入りませんでしたが、ビーチ自体は1年中遊泳可能だそうです。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの館内施設 売店

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートには、ホテルのオリジナル商品を販売しているホテルショップ、コンビニエンスストア、琉球ガラス製品のセレクトショップ、手作り工房ショップ、朝市、ビーチショップなどのお店もあります。

「那覇空港でお土産を買う手間を省きたい」「ゆっくりとお土産を選びたい」という方は、ホテル内のショップで買って帰るのもおすすめ。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの朝食は?

朝食会場は3つのレストランから選べます。アクアベルの朝食ブッフェは品数も質も◎

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの朝食レストラン

ANAインターコンチネンタル万座ビーチの朝食は、本館にある「雲海」か「アクアベル」、ビーチゾーンの「The Oriental Grill by Karin」の3会場から選べます。

今回は一番オープン時間が早かったアクアベルに行きました。万座毛を臨む美しい景観とガーデンプールを背景にしたアクアベル、天気のいい日はテラス席がおすすめです。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの朝食ブッフェ

アクアベルでの朝食はブッフェスタイルで、洋食がメインとのことでしたが、ご飯やお味噌汁などの和食、チャンプルーやシリシリなど沖縄料理もありました。品数も多く、料理のクオリティも並以上。特にハード系のパンがおいしく、何個も食べなくなったほど。

朝食会場も3つに分かれていたので、そこまで混雑しておらず、ゆっくりと食事を楽しめたのも、よかったです。

なお、各レストランの朝食時間は、アクアベル 6:30~10:30、雲海7:00~10:00(季節営業)、The Oriental Grill by Karin7:00~10:00(季節営業)となっています。

▶宿泊予定日の最安値料金と空室状況をCheckする!

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのおすすめ度は?

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの評価と実際に泊まってみた感想

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのおすすめ度は?

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートは、館内にさまざまなお店やアクティビティがあるので、わざわざ外に出かけなくても十分ホテル内で楽しむことができます。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのおすすめ度は?

設備はところどころ古さが感じられる部分もありますが、青と白を基調にしたインテリアはリゾート感たっぷりで、外国人観光客の姿も多く、海外のホテルに来たように感じられました。

どのスタッフの接客が丁寧で、滞在中は快適に過ごすことができたのもよかったです。さすがインターコンチネンタルブランドと思えるホテルで、大満足の旅行になりました。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのおすすめ度は?

家族旅行やグループ旅行はもちろんのこと、ゆっくりとホテルステイを楽しみたいというカップルにもおすすめ。日頃の疲れを癒したいという方は、ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートでゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

各公式サイトのバナーをクリックすると、ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの空室状況と最安値をCheckできます!

数ある旅行予約サイトの中で人気なのが、じゃらん、楽天トラベル。なんと国内ホテル予約のシェア60%以上!

じゃらんはPontaポイント、楽天トラベルは楽天スーパーポイントが宿泊料金の1~2%も還元!楽天カードでホテル代を支払うと最大4%のポイント還元でさらにお得に泊まれます。

楽天公式サイトで空室確認と予約をする!

じゃらん公式サイトで空室確認と予約をする!


ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの最安値をCheck!detail

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの最安値料金が簡単に見つかる!

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの最安値をCheckしたいなら、宿泊予定日の最安値を簡単に比較できる「トリップアドバイザー」がおすすめ!

ホテルの料金は予約サイトによって様々。トリップアドバイザーは、国内200社以上のホテル予約サイトの宿泊料金をランキング形式で表示!宿泊予定日のANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの最安値が簡単に見つかります!

トリップアドバイザーで最安値を比較して予約する!

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの基本情報

ホテル宿泊料金(大人一人):11,350円~

住所

沖縄県国頭郡恩納村瀬良垣2260(地図

電話

098-966-1211

アクセス

【車】那覇空港より車で約80分。沖縄自動車道利用(屋嘉インター)で約50分
【バス】那覇空港国内選旅客ターミナルバス停から空港シャトルバスに乗車。「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート前」で下車後すぐ

最寄駅

バス停「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート前」

部屋数

397室

設備

有料テレビ、テレビ、衛星放送、衛星放送(無料)、電話、モジュラージャック、インターネット接続(LAN形式)、インターネット接続(無線LAN形式)、湯沸かしポット、お茶セット、冷蔵庫、ミニバー、ドライヤー、個別空調洗浄機付トイレ、エクステンションベッド、ベビーベッド、石鹸(固形)、ボディーソープ、シャンプー、リンス、洗顔ソープ、ハミガキセット、カミソリ、シャワーキャップ、くし、ブラシ、タオル、バスタオル、ナイトウェア、スリッパ、金庫

インターネット

全室で無料Wifi利用可能

駐車場

あり(ホテル、ビーチあわせて620台収容可能/宿泊者は1泊1,000円)

サービス

モーニングコール、マッサージサービス、ルームサービス、宅配便、クリーニングサービス

クレジットカード

VISA、JCB、American Express、Diner's Club、UC、DC、NICOS、OMC、UFJ Card、Master Card、Saison、ORICO、ANA、デビットカード

チェックイン

15:00(最終チェックイン24:00)

チェックアウト

11:00

公式サイト

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートフォトギャラリー

住所館内施設 プールチェックインチェックアウト

はてなブックマークに追加  ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの口コミと評判は?実際に泊まった感想とおすすめ度

沖縄県のハイクラスホテル一覧へ戻る


このホテルの宿泊記を書いた人


NANA

1988年生まれの神戸在住ライター。2児のママ。旅先では観光地をガンガン巡るというよりは、ホテルや旅館でまったり読書をするのが好きなタイプ。

幼稚園児の子どもがいるので、子持ちママ目線で施設の魅力をご紹介しています!


編集&校正 ビー・エイブル