本文へスキップ

東横イン品川青物横丁駅

東横イン品川青物横丁駅

クラス:ビジネスホテル 予約サイト評価:3.4/5.0

品川駅から5分。京浜急行青物横丁駅に直結で、雨でもぬれずに行ける立地が魅力。羽田空港からもアクセス至便で利用しやすいビジネスホテル。

 はてなブックマークに追加  東横イン品川青物横丁駅の口コミと評判は?実際に泊まった感想とおすすめ度

東横イン品川青物横丁駅

「東横イン品川青物横丁駅」は、品川駅から5分でいける京浜急行「青物横丁」駅のまさに隣に位置し、雨などの天候が良くない日でも傘が要らない、アクセス抜群のホテルです。フロントの方曰く、「日本一駅に近い東横イン」だそう。

東横イン品川青物横丁駅

東横イン品川青物横丁駅の開業は2002年で、設備の古さなどは否めませんが、口コミサイトの評価は平均で3.44ながら、立地については4.54と最上級に高評価。

今回はそんな東横イン品川青物横丁駅に実際に宿泊してきたので、詳しく紹介します。

▶ 宿泊予定日の空室&最安値をCheckして予約する!

このページの目次

  1. 立地とアクセス
  2. 客室の種類
  3. フロントロビー
  4. お部屋の様子と備品
  5. お風呂・トイレ・アメニティ
  6. 館内施設
  7. 朝食
  8. 東横イン品川青物横丁駅のおすすめ度は?
  9. 最安値と空室状況を確認して予約

東横イン品川青物横丁駅の立地とアクセスは?

京浜急行「青物横丁」駅のとなり。品川からは5分、羽田空港からは急行利用で18分と交通至便な立地が魅力。

東横イン品川青物横丁駅の立地とアクセス

東横イン品川青物横丁駅は、京浜急行青物横丁駅のとなりの便利な場所にあります。

浜急行青物横丁駅は品川から5分、羽田空港からは18分。青物横丁駅は、快特とエアポート快特は停まりませんが、エアポート急行と特急の停車駅です)と、大変アクセスのよい駅です。急行が停車するほか、普通列車との乗り継ぎも便利。

他の駅からですと、りんかい線品川シーサイド駅から徒歩10分、JR京浜東北線の大井町駅からも徒歩13分程度で歩いて行くこともできます。

駅近といいつつ、駅自体が大きかったり、駅から坂を上ったり、というホテルも多い中、東横イン品川青物横丁駅は、改札を出て階段を下りたらすぐという立地が魅力です。

あまりに近すぎて通り過ぎるお客様もいるほどだとか。雨の日でも屋根が繋がっているので濡れません。ホテルに駐車場はありませんが、この便利さなら不要でしょう。


東横イン品川青物横丁駅の客室の種類は?

部屋タイプはシングルとダブルのみで、ベッド幅によってタイプが別れます。小学生以下の子供は1つのベッドにつき1名まで添い寝が可能。

東横イン品川青物横丁駅の客室の種類

東横イン品川青物横丁駅の客室の種類は以下の5種類。入口前に部屋タイプと料金が掲げられていてわかりやすいです。

  • シングルA 9㎡ ベッド幅120cm
  • シングルB 9㎡ ベッド幅140cm
  • エコノミーダブル 9㎡ ベッド幅140cm
  • ダブル 11㎡ ベッド幅160cm
  • ハートフルツイン 1階客室に1室

東横イン品川青物横丁駅の客室の種類

また、全ての東横インでは、1ベッドにつき1名まで、小学生以下のお子様が「無料」で利用可能です(アメニティはつきません)。

東横イン品川青物横丁駅では、その立地から、観光客というよりも圧倒的に男性ビジネス客の利用が多く見受けられましたが、ちらほらと小さいお子様連れのご家族もいました。

▶ 各グレードの空室&最安値をCheckしておく!

東横イン品川青物横丁駅のフロントロビーは?

エントランスを入って奥にフロントロビー。ビジネス客が多いため、夜のチェックインの方が混み合っている印象です。

東横イン品川青物横丁駅のフロントロビー

東横イン品川青物横丁駅の正面エントランスから入ると、パソコンコーナーを経て、奥にフロントカウンターがあります。カウンターでは、熟練と思われるフロントスタッフが、てきぱきとチェックイン対応をされていました。

チェックインは16時からで、私は17時ごろ到着しましたが、特に混雑はしていませんでしたが、夜に戻ってくるとチェックイン客で混み合っていましたので、仕事を終えてから、あるいは出張先に到着してからチェックインという方が多いのかなという印象です。

チェックインは並んで待つ形になりますが、スタッフが手際よくさばいていましたので、それほどに待つことはないでしょう。

東横イン品川青物横丁駅のフロントロビー

アメニティについては、パジャマとカミソリ、ブラシについてはフロント階にて必要な方が各自部屋に持ち帰るようになっています。歯ブラシは部屋にセットされています。

東横イン品川青物横丁駅のフロントロビー

フロント正面には朝食会場にもなる休憩スペースがあり、ここでいったん一息ついてから客室にあがる方もちらほらといらっしゃいました。

新聞やウォーターサーバーがあり、コンビニで買ってきたものを温められる電子レンジも使うことができます。

東横イン品川青物横丁駅のお部屋の様子と備品は?

客室はコンパクトで、設備はやや古めですが、必要なものは揃っています。

東横イン品川青物横丁駅の客室の様子と備品

今回は東横イン品川青物横丁駅のシングルBに泊まってきたので、お部屋の中の様子を詳しく紹介します。

ドアを開けるとすぐ目の前がバスルームへの扉、9㎡とコンパクトな空間に広めのベッドを入れているので、床はほとんど見えませが、大きめの荷物はベッドの下に収納できるようになっています。

東横イン品川青物横丁駅の客室の様子と備品

室内の設備・備品はほとんど開業時のままのようで、古さを感じさせますが、機能的には問題ありませんでした。

東横イン品川青物横丁駅の客室の様子と備品

ベッドの奥の机には、地デジ対応(VOD機能アリ)のテレビがあり、Wi-Fiのパスワードはテレビから確認できます。

このWi-Fiはかなり高速で、今まで宿泊した東京のホテルの中ではトップクラスのスピードでした。さすがビジネス客人気が高いだけあるなと感心。パスワード付きのフリーではないWi-Fiなので、セキュリティ面でも安心です。

東横イン品川青物横丁駅の客室の様子と備品

机には身支度に便利な正面の鏡のほか、拡大鏡付きの鏡も置いてあります。ドライヤーは懐かしい壁掛けタイプ。確かに最新ドライヤーに比べれば見劣りしますが、風量には問題なく、しっかりと髪を乾かせました。

東横イン品川青物横丁駅の客室の様子と備品

湯沸かし器はミニ加湿器がついており、部屋が乾燥している場合はタンクに水を入れて加湿することも可能。電話は外線もかけられ、モーニングコール機能がついていますので、必要であれば設定してください。

東横イン品川青物横丁駅の客室の様子と備品

机の下には空の冷蔵庫があり、飲み物など購入したものを保存できます。

東横イン品川青物横丁駅の客室の様子と備品

机と壁の間には室内履きがセットされています。スリッパは使い捨てではないしっかりとしたタイプです。

東横イン品川青物横丁駅の客室の様子と備品

ベッドは140cm幅でダブルサイズの広さ。サイズはゆったり目なのですが、スプリングはかなり固めなので、柔らかいベッドがお好みの方にはちょっと辛いかもしれません。スプリング自体にヘタレはないのですが、ボンネルのスプリングを直に感じられる感じです。

布団は薄手の中綿布団なので、寒い場合はフロントに毛布を借りると良いでしょう。

東横イン品川青物横丁駅の客室の様子と備品

エアコンは部屋ごとの設置。セントラルヒーティングシステムだと、このホテルでは部屋ごとで運転を変えられないのですが、こちらは客室単位で冷暖房の切り替えが可能です。

東横イン品川青物横丁駅の客室の様子と備品

入口すぐの場所には全身鏡があり、こちらは開けるとクローゼットになっています。

東横イン品川青物横丁駅の客室の様子と備品

コートなど長い上着をかけたり、トランクを収納したりできるくらい奥行きがあります。

東横イン品川青物横丁駅の客室の様子と備品

ズボンプレッサーは各階エレベーター前に備え付けてあるので、部屋に持って帰って使う仕組みです。またアイロンもフロントで借りることができます。

そのほかフロントで借りることができるのはLANケーブル、電子体温計、栓抜きや充電器などがあり、風邪薬などの常備薬も用意されているとのこと。

東横イン品川青物横丁駅の客室からの景色

今回は5階のお部屋に泊まったので、窓からの景観は写真のような感じ。夜は夜景と言うにはちょっと低い目線だったので、景色・夜景は期待しない方がよいでしょう。

東横イン品川青物横丁駅のお風呂・トイレ・アメニティは?

浴室はユニットバスでミニマムな作り。部屋に備え付けの使い捨てアメニティは歯ブラシのみで、カミソリとクシはフロント階から持って上がります。

東横イン品川青物横丁駅のお風呂・トイレ・アメニティ

東横イン品川青物横丁駅のバストイレは、客室と同様ミニマムな作り。典型的なユニットバスです。水回りは若干古さを感じさせるものの、清掃は行き届いています。

東横イン品川青物横丁駅のお風呂・トイレ・アメニティ

バスタブは広くはありませんが、ちゃんと浸かることができるくらいの深さはあります。

東横イン品川青物横丁駅のお風呂・トイレ・アメニティ

バスタブの横にはディスペンサー式のシャンプー・コンディショナー・ボディシャンプーが。固形の石鹸が良い方は、フロントにて配布しているので、チェックイン時にもらってきましょう。

東横イン品川青物横丁駅のお風呂・トイレ・アメニティ

使い捨てのアメニティで部屋に備え付けてあるのは歯ブラシのみ。カミソリとクシはエレベーター横に備え付けられているのを必要に応じて持って上がるシステムなので、使う方は忘れないようにしてください。トイレは洋式の洗浄機能付きトイレです。

東横イン品川青物横丁駅のお風呂・トイレ・アメニティ

なお、女性にはクラシエの“肌美精”の基礎化粧品セットを配布しています。

東横イン品川青物横丁駅の館内施設は?

コインランドリー、ビジネスで使うことのできる会議室やPCコーナーなどがあります。

東横イン品川青物横丁駅の館内施設

東横イン品川青物横丁駅は、出張用に使われることが多いビジネスホテルのため、1階フロントにはビジネスコーナーとして、パソコンとプリンタが用意されています。コピーやFAXも可能(有料)です。

会議室も別にありますので、ミーティングやセミナーを行うこともできます。

また、フロントの項で紹介した通り、朝食会場にもなるフロント横の休憩所には、自動販売機とウォータークーラー、電子レンジもあります。

ホテル内には売店やレストランはありませんが、コンビニエンスストアが駅構内にあり、駅近辺に飲食店も多いので、飲み物や食べ物を買うのには困らないでしょう。

東横イン品川青物横丁駅の館内施設

一般的なホテルでは、1000円で提供されることが多いVOD(ビデオオンデマンド)。東横イン品川青物横丁駅では、500円で提供されています。部屋で映画三昧も良いですね。

東横イン品川青物横丁駅の朝食は?

1階フロント前で簡単な朝食をいただくことができます。宿泊者は朝食が無料。

東横イン品川青物横丁駅の朝食

東横イン品川青物横丁駅の朝食会場はホテル1階のフロント前。朝食は宿泊客サービスで、全員に無料でついてきます。

私は8時過ぎに行きましたがほぼ満席でした。朝食の時間は7時から9時半まで。男性ビジネス客がとても多かったのが印象的でした。

東横イン品川青物横丁駅の朝食

朝食は、ご飯・五目御飯・味噌汁・パン・もやしサラダ・シューマイ・筑前煮・ソーセージといった内容で品数は多くはありません。しかし、そもそもが無料の朝食ですし、おかわり自由の和定食やお弁当だと思えばよいのではないでしょうか。

東横イン品川青物横丁駅の朝食

五目御飯とお味噌汁で十分満足。全体的に茶色いのはご愛敬ですね。味は美味しかったので、時間帯が合うようでしたら、朝食を食べることをおすすめします。 

東横イン品川青物横丁駅のおすすめ度は?

東横イン品川青物横丁駅ホテルの評価と実際に泊まってみた感想

東横イン品川青物横丁駅のおすすめ度は? 実際に泊まってみた感想

東横イン品川青物横丁駅に宿泊してみて感じたのは、とにかくそのアクセスの良さ!

ビジネス客の方が多いのも頷けます。品川・蒲田・羽田空港近辺にアクセスが至便で宿泊代金などもお手頃です。電車の接続によっては、品川駅近辺のホテルに宿泊するよりも早く品川駅に到着することができるくらいです。

雨でも濡れずに行けるので、天候が悪い日や荷物が多い場合は、特に重宝するホテルだと感じました。実際、ホテルの稼働率は高く、平日は満室のことも珍しくありません。

東横イン品川青物横丁駅のおすすめ度は? 実際に泊まってみた感想

その反面、設備やアメニティなどを改めて工夫しなくても、部屋が埋まってしまうので、ホテル自体の質を求める方には評判が今一つなのも良くわかりました。

特に目立って悪いというわけではないのですが、ここ数年のビジネスホテルの設備や備品の質は各段に上がっているので、どうしても見劣りしてしまう点は否めません。

しかし、便利な立地と宿泊代金のコストパフォーマンスを重視する方には、本当に素晴らしいホテルだと言えるでしょう。

各公式サイトのバナーをクリックすると、東横イン品川青物横丁駅の空室状況と最安値をCheckできます!

数ある旅行予約サイトの中で人気なのが、じゃらん、楽天トラベル。なんと国内ホテル予約のシェア60%以上!

じゃらんはPontaポイント、楽天トラベルは楽天スーパーポイントが宿泊料金の1~2%も還元!楽天カードでホテル代を支払うと最大4%のポイント還元でさらにお得に泊まれます。

楽天公式サイトで空室&最安値をCheckして予約する!

じゃらん公式サイトで空室確認と予約をする!


東横イン品川青物横丁駅の最安値をCheck!detail

東横イン品川青物横丁駅の最安値料金が簡単に見つかる!

東横イン品川青物横丁駅の最安値をCheckしたいなら、宿泊予定日の最安値を簡単に比較できる「トリップアドバイザー」がおすすめ!

ホテルの料金は予約サイトによって様々。トリップアドバイザーは、国内200社以上のホテル予約サイトの宿泊料金をランキング形式で表示!宿泊予定日の東横イン品川青物横丁駅の最安値が簡単に見つかります!

トリップアドバイザーで最安値を比較して予約する!



東横イン品川青物横丁駅の基本情報

ホテル宿泊料金(大人一人):7,100円~

住所

東京都品川区南品川3-1-20(地図

電話

03-5461-1045

アクセス

京浜急行 青物横丁駅 徒歩0分、りんかい線品川シーサイド駅 徒歩10分、JR京浜東北線の大井町駅 徒歩13分

最寄駅

京浜急行 青物横丁駅

部屋数

197室

設備

テレビ、お茶セット、湯沸かしポット、冷蔵庫、電話、ドライヤー、シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、歯磨きセット、タオル、バスタオル、スリッパ(以下フロント階にて配布)カミソリ、ブラシ、寝間着
(各階ごとにエレベーター横に配置)ズボンプレッサー
(以下フロントにて貸出)アイロン、ズボンプレッサー、加湿器

インターネット

全館無料Wi-Fi(PW設定あり)

館内施設・設備

会議室、自動販売機、無料PCコーナー、コインランドリー

駐車場

なし

サービス

無料朝食・マッサージ、宅配便、FAX

クレジットカード

VISA・JCB・American Express・Diner's Club・UC・DC・NICOS・Master Card

チェックイン

16:00(最終チェックイン24:00)

チェックアウト

10:00

公式サイト

https://www.toyoko-inn.com/

東横イン品川青物横丁駅フォトギャラリー


 はてなブックマークに追加  東横イン品川青物横丁駅の口コミと評判は?実際に泊まった感想とおすすめ度

東京都のホテル一覧へ戻る


このホテルの宿泊記を書いた人


Churako

沖縄在住の愛猫と暮らすWEBライター&工芸作家(月桃カゴ編み)です。 東京・大阪・福岡に住んでいたので、関東・関西・九州方面に出向いてお仕事をすることもしばしば。そのときに利用したホテルやラウンジを中心にご紹介しています。


編集&校正 ビー・エイブル