本文へスキップ

ホテル京阪 京都 グランデ口コミ

ホテル京阪 京都 グランデ

クラス:シティホテル 予約サイト評価:4.1/5.0


京都駅八条口から徒歩1分、観光にもビジネスにも便利な立地です。スーペリア特別フロアに実際に泊まってみて、お部屋の様子と備品・アメニティなどホテル予約サイトの口コミが真実なのかを検証しています。

ホテル京阪 京都 グランデ

JR京都駅八条口から徒歩1分のホテル京阪 京都 グランデは、「京都の落ち着き・和の心」「寛ぎ・心休まる安心感」「洗練されたおもてなし」をコンセプトとするホテルです。

ビジネスにも観光にも便利な駅前の立地で、リーズナブルに泊まれる一般フロアのほか、カップルや友達同士でちょっとリッチな京都ステイが楽しめる、最上階スーペリア特別フロアもあります。

<strong>13階スーペリア特別フロアのビューバスジュニアスイート</strong>

今回、ゆったりと湯船に浸かり高層階からの景色が楽しめる13階スーペリア特別フロアのビューバスジュニアスイートに宿泊してきました。お部屋の様子や備品、アメニティなど、ホテル京阪 京都 グランデに泊まった感想をお届けします。

Main Contents

  1. アクセス
  2. 客室の種類
  3. フロントロビー
  4. お部屋の様子と備品
  5. バスルームとトイレ
  6. 館内施設
  7. 朝食の内容
  8. ホテル京阪 京都 グランデのおすすめ度は?
  9. 最安値で予約する方法

ホテル京阪 京都 グランデのアクセスは?

JR京都駅八条口から徒歩1分(地下道直結)。各線京都駅からも徒歩5分以内、空港バスの発着場はホテル前にあり、観光にもビジネスにも便利な立地。

ホテル京阪 京都 グランデ

ホテル京阪 京都 グランデはJR京都駅八条口(新幹線側)から徒歩1分と近く、観光にもビジネスにも便利な立地。京都駅からは地下道で直結しており、雨の日も安心です。

京都駅八条口を出たら右斜め前方に、ホテル京阪 京都 グランデが見えます。ショッピングモール「京都アヴァンティ」がすぐ隣にあるので、迷うことはないでしょう。

チェックイン前・チェックイン後の荷物預かりも無料で対応してくれるので、京都に着いたら重い荷物を預けて、身軽に観光したい!というときも、駅近の立地は便利です。

伊丹・関西空港リムジンバス(空港バス)の発着所がホテル前にあり、バス案内所も隣にあるので、飛行機で関西入りするときも好アクセス。特に、重いスーツケースを持っているときには助かります。

なお、ホテル京阪 京都 グランデには専用駐車場がありません。車の場合は、隣接するアバンティビル地下2階・3階にある京都市営・八条口駐車場(有料)を利用できます。
(高さ2.1m/幅2.3m/長さ5.5mまで)

ホテル宿泊者は、16時から翌朝9時までの時間帯を900円で駐車できる優待有料駐車券をホテルフロントでもらえます。

ホテル京阪 京都 グランデの客室の種類は?

通常フロアのほか、ちょっとリッチな京都ステイができるスーペリア特別フロアも。

客室エレベーター

ホテル京阪 京都 グランデは13階建てで、3~13階が客室フロアとなっています。13階はスーペリア特別フロア、3~12階が一般フロアで、客室の種類はそれぞれ以下の通り。

スーペリア特別フロア(13階)

ガーデンジュニア スイートルーム禅 -zen- 50㎡、定員2名、ベッド幅120cm×2台
ビューバスジュニアスイート 50㎡、定員2名、ベッド幅135cm×2台
ジュニアスイート 42㎡、定員2名、ベッド幅120cm×2台
スーペリアデラックスツイン 36㎡、定員2名、ベッド幅135cm×2台
スーペリアツイン(A) 25㎡、定員2名、ベッド幅110cm×2台
スーペリアツイン(B) 25㎡、定員2名、ベッド幅110cm×2台

スーペリアツイン

スーペリア特別フロア スーペリアツイン


一般フロア(3~12階)

シングルルーム 15㎡、定員1~2名、ベッド幅120cm
ツインルーム 23㎡、定員1~3名、ベッド幅110cm×2台
カジュアルツイン 19㎡、定員2名、ベッド幅110cm×2台
クイーンダブルルーム 19㎡、定員2名、ベッド幅110cm×2台
ファミリールーム 38㎡、定員3~4名、ベッド幅110cm×3台
コネクティングルーム 46㎡、定員4~6名、ベッド幅110cm×4台

スーペリア特別フロア(13階)のみ、フロア入り口でルームキーをかざさないと入れない仕様になっています(一般フロアはフロアセキュリティはありません)。

喫煙ルームもありますが、数に限りがあり、先着予約順とのこと。

ホテル京阪 京都 グランデのフロントロビーは?

チェックインは15時、チェックアウトは11時です。ロビー階にライブラリーコーナーも。

フロントロビー

ホテル京阪 京都 グランデのフロントロビーは1階にあります。フロントスタッフは1~2名で、スムーズにチェックイン・チェックアウトの対応をしてくれました。

スーペリアフロアの宿泊でも、コンシェルジュデスクやポーターサービスはありません。

公式サイトを見るとフロントロビーの中央にはベンチががあったようですが、ソーシャルディスタンス確保のためか取り除かれていました。フロアの奥に京都の観光情報を集めたライブラリーコーナーがあり、そちらで座って待つことができます。

(※ライブラリーコーナーについては館内施設で後述)

ソーシャルディスタンス

ロビーフロアやエレベーターには、ソーシャルディスタンスを取るようにという案内や、消毒液、アクリル板の設置があり、感染拡大防止に努めている印象を受けました。

→ホテル京阪の新型コロナウイルス感染症への安心・安全に関わる取り組みについて

ホテル京阪 京都 グランデのスーペリア特別フロアのお部屋の様子と備品は?

広さ50㎡、非日常の上質ホテルステイができるビューバス付きスイートルーム。

スーペリアフロア専用ルームキー

ホテル京阪 京都 グランデの最上階(13階)はスーペリア特別フロアとなっており、この階の宿泊者しか入ることができません。エレベーターを降りたところでセキュリティドアにカードキーをかざすと、フロアに入れます。

スーペリア特別フロア廊下

京都の清水寺に続く「二年坂」をイメージした風情のある廊下を進んで客室へ。

ビューバスジュニアスイート

今回は、スーペリア特別フロアでも特にラグジュアリーなビューバスジュニアスイートに宿泊しました。リビングスペース、ダイニングスペース、ベッドスペース、ビューバス、トイレがある、50㎡の広々としたスイートです。

ネスプレッソマシーンと湯沸かしポット

ダイニングテーブルの横にはキャビネットがあり、ネスプレッソマシーン、カプセル、デロンギの湯沸かしポット、アイスペール、カップ&ソーサー、マグカップ、グラス、お茶のパウダー、サービスのミネラルウォーターが置かれています。

リビングスペース

窓側には、一段低くなったリビングスペース。ゆったりくつろげるL字型のソファがあり、楽な姿勢でテレビを見たり、夜景を眺めつつお酒を飲んだりできます。

リビングスペースからの夜景

周囲にはあまり背の高い建物がないので、13階から見下ろす景色はなかなかのもの。灯りを消して、ボーッと夜景を眺めるのにぴったりのリビングスペースです。

ベッドルーム

ダイニングスペースとキャビネットで区切られた奥側には、ベッドが置かれています。135cm幅のシモンズベッドが2台、掛け布団はデュベスタイルでなめらかな肌触り。

ベッドの上にはワンピースタイプのナイトウェア(パジャマ)が置かれていました。

ベッドルームとガラス窓を隔てて、ビューバス(眺望付き浴室)があります。居室からバスルームが見えていますが、内側からブラインドを下ろして目隠しすることも可能です。ビューバスについれは後ほど詳しく紹介します。

ベッドのヘッドボードには、読書灯、室内灯、エントランスのスイッチと、コンセント。コンセントは左右にひとつずつあるので、寝ながらスマートフォンの充電が可能です。

ベッドルーム

ベッドの足元方向には42インチ液晶テレビがあります。このテレビが置かれている棚は、ダイニングテーブルのキャビネットの裏側です。

キャビネット

ベッドのほうから見たキャビネット。向こう側にはダイニングがあり、右手にリビングという配置です。壁側には加湿機能付き空気清浄機が置かれています。

セーフティボックスと冷蔵庫

キャビネット下段の扉を開けると、左側にセーフティボックス(金庫)、右側に冷蔵庫がありました。ミニバーはありませんが、スーペリア特別フロアには専用ラウンジがあり、ソフトドリンクは自由に持ってこられます。

ベッド

ベッドの奥に、鏡台とライティングデスク、クローゼットがあるレイアウトです。

ライティングデスク

L字型になっており、一辺がパソコン作業や書き物をするためのデスク、もう一辺に椅子を移動させれば三面鏡を備えた化粧台になります。

ライティングデスク

デスクの上はティッシュ、アクセサリートレイ、電話、メモ帳が置かれているくらいで、すっきりとしており、おしゃれなデザインの電気スタンドが印象的でした。

三面鏡

壁に取り付けられている三面鏡は大きめで、メイクや身だしなみを整えるのに便利です。

クローゼット

クローゼットは扉を開けると自動的に点灯する仕様。高さも奥行きがあるので、丈の長いコートやワンピース、スーツケースのような大きな荷物も余裕で収納できます。

クローゼットの中のハンガーやアイロン・アイロン台

クローゼットの中には、木製ハンガー6本、消臭スプレー、アイロンとアイロン台、バゲージラック(荷物置き台)、洋服ブラシ、靴べら、室内用スリッパがありました。

(一般フロアでは貸出備品として共有スペースにアイロンとアイロン台があるのですが、スーペリア特別フロアでは客室備品として各部屋に置かれています。)

ビューバスジュニアスイート

ドアや引き戸による仕切りこそないものの、ダイニング、リビング、ベッドとスペースが区切られた広いスイートは、ゆったりと贅沢なホテルステイを楽しみたいデートや記念日のお泊まりにぴったりです。

エアコン(操作パネルと吹き出し口)

なお、エアコンは2台あり、入り口付近とベッドスペースの上部に吹き出し口があります。

ホテル京阪 京都 グランデのスーペリア特別フロアのバスルームとトイレは?

京都の街並みを見渡せる特別なビューバス(眺望付き浴室)。洗面所も広く、トイレは別で、広々としています。

ビューバス(バスルーム)

ビューバスジュニアスイートのバスルーム

スーペリア特別フロアのビューバスジュニアスイートの最大の魅力は、なんといっても、景色を楽しめるビューバスが備わっているところでしょう。

バスタブは大きく、身長162cmの私がヘッドレストに頭を載せて足を伸ばしても、つま先が付かないほど。横幅もあり、かなりゆったりと体を伸ばせます。

ビューバス

大きなガラス窓は東向き。周りに背の高い建物がなく、贅沢な眺望を独り占めできます。スーペリア特別フロアでも、こんなバスタイムが楽しめるのはビューバスのお部屋だけ。

シャワーはハンドシャワーとレインシャワーの2種類があるのですが、なぜか、湯温調整がうまくできませんでした。たいへん熱いお湯が出て、なかなか適温に下がらないのです。あきらかに40度以上あり、手を洗うこともできないほど。

フロントに問い合せたところ、今回初めてのトラブルではなく、以前にも同様のクレームがあったようです。10分ほどお湯を出しっぱなしにすることで適温になり使えましたが、せっかくのビューバスなのに、もったいないなと感じてしまいました。

ハード部分の修理は大がかりになってしまうのかもしれませんが、スーペリア特別フロアに泊まって適温のお湯がすぐに出ないのは、やはり不満が残ります。快適で非日常を味わえる滞在に対して、お金を払っていると思うので……。

ビューバスから京都の夜景を眺める

湯温調整の不具合で残念な気持ちにはなりましたが、ゆったりとした大きなバスタブと、窓からの景色は素晴らしかったです。夜は、室内の灯りを落として、京都の夜景を眺めながらお湯に浸かって、贅沢な気分になれました。

洗面所

洗面所

バスルームの外側には、広々とした洗面所があります。片側がガラス張りで、昼間は陽光が差し込み、開放的で明るい雰囲気です。

洗面台

スクエアタイプの使いやすい洗面化粧台。正面には曇り止め加工が施された鏡、周りにはフェイス&ハンドフォーム、固形石けん、コップが置かれています。

アメニティグッズ

アメニティグッズは、歯ブラシセット、ヘアブラシ、カミソリ、ボディタオル、入浴剤、コットン&綿棒、ヘアゴム、入浴剤、ティッシュ、ハンドタオルが置かれています。

シャンプー、コンディショナー、バス&シャワージェル、ハンド&ボディローションは、「ペリカン石鹸」のトリプルC。オーガニック緑茶葉に含まれる、美容効果の高いカテキン、コラーゲン、ビタミンCの 「3つのC」を配合したオリジナルアメニティです。

棚の下には、バスローブ、バスタオル、フェイスタオル、ヘアドライヤーがありました。

トイレ

客室ドア内側

トイレは客室の入り口近くにあります。上写真で、左側の奥が入り口ドアで、左側の手前がトイレのドアです。

トイレ

トイレはウォシュレットタイプで清潔、ドアを開くと自動で灯りがつきます。

ホテル京阪 京都 グランデの館内施設は?

ライブラリーコーナー、レストラン「Octavar/オクターヴァ」、自動販売機など

ライブラリーコーナー

1階奥には、京都の観光ガイドや写真集を集めたライブラリーコーナーがあります。

ライブラリーコーナー

テーブルやソファが複数配置されており、落ち着いた雰囲気です(飲食は禁止)。

2階ラウンジスペースとレストランオクターヴァ

2階には、宿泊者が自由にくつろげるラウンジスペース(飲食は禁止)と、 レストラン「Octavar/オクターヴァ」、そして宴会場があります。

Octavar/オクターヴァは、宿泊者向けの朝食会場となるほか、ランチ、ディナーの営業もしている地中海料理レストランです。

レストランディナー

夜はコース料理をいただけるほか、カジュアルに料理とお酒を楽しめるワイン&ビアバルとしても利用できます。天井まである大きな窓ガラスの向こうに京都駅が見えました。

同じく2階には、スモーキングスペース(喫煙室)、授乳室、レストルームがあります。

自動販売機コーナー

客室フロア(3階、5階、7階、9階、11階)には、ソフトドリンクとアルコールの自動販売機、電子レンジ、貸し出し品のアイロン&アイロン台もあって便利です。

製氷機とコインランドリー

各階の廊下中央には製氷機とコインランドリーもあります。洗濯乾燥機は全自動で、洗剤不要です。

スーペリア特別フロア専用ラウンジ

スーペリア特別フロア宿泊者専用ラウンジ

スーペリア特別フロアには、四季折々の眺望と京の街を眼下に臨む専用ラウンジがあり、スーペリア特別フロア宿泊者であれば、いつでも自由に利用できます。

スーペリア特別フロア専用ラウンジ

スタッフはおらずセルフサービスですが、ジュースやコーラ、コーヒー、紅茶などが24時間好きなときに何度でも利用できます(フードやアルコールはありません)。

お部屋に持っていくこともできるので、自動販売機のある階に行かなくても済みます。

ホテル京阪 京都 グランデの朝食の内容は?

レストラン「Octavar/オクターヴァ」にて一部ビュッフェ形式の朝食をいただけます。

ホテル京阪 京都 グランデの朝食会場は2階のレストラン「Octavar/オクターヴァ」です。朝食提供時間は7:00~10:00となっています。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一時は朝食をビュッフェからセットメニューに変更して提供していたようですが、2020年8月14日以降は一部ビュッフェを再開し、冷製セットメニュー+ご飯、一部メニューとドリンクのビュッフェのスタイルになりました。

朝食ビュッフェ

レストラン内要所に消毒液と使い捨てビニール手袋を設置、飛沫感染防止のため料理周辺にアクリル板の設置、マスク着用、レストランの利用人数を制限、入場の際の非接触検温など、感染拡大防止策のための取り組みを徹底している印象でした。

朝食会場

密にならないよう、できるだけ対面しないように配慮して、お席に案内してくれます。

朝食ビュッフェのメニュー

ただ、正直な感想を言うと、朝食メニューは、期待していたほどではありませんでした。

バイキングコーナーには並んでいたのは、スクランブルエッグ、ベーコン、豆腐ハンバーグ、焼き魚、ミートボール、焼きビーフンの6種類。そのほか、みそ汁、スープ、冷や奴、白ご飯、納豆、海苔、ふりかけ、パン3種、ヨーグルトです。

冷菜詰め合わせ

そのほか、お重に入った個々盛り冷菜詰め合わせが自由に取れるように置いてありました。コールミートとサラダ、和総菜、珍味と漬け物、フルーツ3種ですが、「ホテルの厨房で手をかけて作られた料理」といった感じではありません。

感染症対策でビュッフェが難しい状況であることは理解できますが、公式サイトに載っている「食材選びにこだわったシェフこだわりの朝食バイキング」を期待していただけに、がっかりしてしまいました。

朝食付き宿泊プランでない場合は、2,200円(税込)で朝食を食べられますが、この内容では2,200円の価値があるかどうかは微妙だな・・・・・・という感想です。状況が変わって、また以前のようなビュッフェが楽しめるのであれば話は別かもしれませんが。

ホテル京阪 京都 グランデのおすすめ度は?

ホテル京阪 京都 グランデの評価と実際に泊まってみた感想

ホテル京阪 京都 グランデ

ホテル京阪 京都 グランデは、JR京都駅八条口から徒歩1分という抜群のロケーションで、京都観光にもビジネスにも便利なホテルです。

客室の種類も豊富で出張から家族旅行まで対応できるので、ホテルを拠点にあちこち京都を観光したいのならリーズナブルな一般フロア、のんびりホテルステイを楽しみたいならスーペリア特別フロアというように、使い分けもできます。

ビューバスジュニアスイート

今回紹介したビューバスジュニアスイートは、シャワーの湯温調整がうまくできなかったのは残念でしたが、それ以外のお部屋のつくりや備品は文句なしで、ビューバスもとても良かったので、カップルのデートや記念日のお泊まりにおすすめです。

ホテル京阪 京都 グランデに最安値で宿泊するコツをお教えします。

ホテル京阪京都グランデ

ホテルによっては早期予約をすることで料金が安くなるプランを設定していることがあります。早期予約プランでは通常よりも数%~数十%も安く泊まれることも。

その他に、お任せプランもお得に泊まれる料金プランの一つ。お部屋のタイプをホテルのお任せにする代わりに、通常よりも安く泊まれるお得なプランです。

この他にも、お得なプランはいくつも用意されています。ホテルが用意した宿泊プランを見つけて上手く利用することがホテルに安く泊まるポイントです。

お得な宿泊プランや最安値を見つけてホテル京阪 京都 グランデの予約をする

ホテル京阪 京都 グランデの基本情報

ホテル宿泊料金(大人一人):6,270円~

住所

京都府京都市南区東九条西山王町31(地図

電話

075-661-0321(代表)

アクセス

JR「京都」駅 八条口から徒歩1分(京都駅から地下道で直結)
地下鉄「京都」駅から徒歩2分、近鉄「京都」駅から徒歩5分

最寄駅

JR「京都」駅

部屋数

320室

設備・備品

テレビ、冷蔵庫、デスクライト、エアコン、加湿機能付空気清浄機、電磁サーバー、バスルーム内固定式ドライヤー、ウォッシュ式トイレ、電気スタンド、スリッパ、ハンガー、靴べら、シューシャインペーパー、便箋、ボールペン、ランドリーリスト、 ランドリー袋、湯のみ、日本茶(無料)、ボックスティッシュ、加湿機能付空気清浄機、タオル類、アメニティ、ボディーソープ、ハンドソープ、シャンプー、リンス

インターネット

全客室高速LAN回線使用可、全館フリーWi-Fi接続可能

館内施設

レストラン、ライブラリーコーナー、宴会場、屋上ビアガーデン(夏期のみ)
自動販売機、製氷機、外貨両替機、スモーキングルーム

駐車場

専用駐車場なし。隣接するアバンティビル地下2階・3階にある京都市営・八条口駐車場を16時~翌朝9時まで900円で優待利用可能

サービス

スーペリア特別フロア宿泊者専用ラウンジあり、ランドリーサービス(有料)

クレジットカード

VISA・JCB各種クレジットカードが利用可能
電子マネーはPAYPAYとLINEPay、au Pay、d払いが利用可能

チェックイン

15:00

チェックアウト

11:00

公式サイト

ホテル京阪 京都 グランデ

 このエントリーをはてなブックマークに追加  ホテル京阪 京都 グランデの口コミと評判は?実際に泊まった感想とおすすめ度

京都府のハイクラスホテル一覧へ戻る


ホテル京阪 京都 グランデの宿泊記を書いた人

ayan

愛知県在住フリーランスで、ブログ歴17年目のブロガー&旅ライターとして国内外で活動中。各国政府観光局及び航空会社とのタイアップ企画参加経験も複数あり。

旅行が大好きで、過去に旅した国は10カ国以上。5つ星ホテルから安宿のドミトリーまで多種多様な宿泊施設に泊まった経験をもとにホテルやラウンジを詳しく紹介します。

編集&校正 ビー・エイブル