本文へスキップ

イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古口コミ

イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古

クラス:ラグジュアリーホテル 予約サイト評価:4.2/5.0


宮古島から橋でつながった伊良部島の海辺に建つラグジュアリーコレクションホテル。実際に泊まってみて、お部屋の様子と備品、朝食、アメニティグッズなど、ホテル予約サイトの口コミが真実なのかを検証しています。

イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古

イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古は、宮古島から伊良部大橋でつながった伊良部島(いらぶじま)の海辺に建つ、2018年12月開業のホテルです。

京都・嵐山の「翠嵐」に続き、森トラストグループが手掛ける「翠 SUI」ブランドのホテルであり、マリオット・インターナショナルの最高級ホテルブランド「ラグジュアリーコレクション」でもある、ダブルブランドのホテルとなっています。

伊良部ブルーと呼ばれる美しい海に向かう白亜の建物は、ル・コルビュジエの弟子である坂倉準三が1940年に創設した流れをくむ「坂倉建築研究所」が設計を手掛けました。

部屋数は58室と、かなりプライベート感を重視した作りです。コンセプトは「モダンスタイル、コージー、リフレッシュ&エナジー」。

イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古

ホテル名の「イラフ」は、伊良部島の古い呼び名で「彩りが美しい」という意味です。

このホテルの英語表記は「IRAFU」ではなく「IRAPH」なのですが、これは古代ギリシャの言葉で、「古くから続く自然や文化を誇りに新しいものと融合すること」という意味だそう。古くから続く伊良部島の自然や文化と、新しいホテルの融合ということですね。

今回、そのイラフSUIラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古に実際に泊まってきたので、お部屋やサービス、食事について詳しい口コミと感想をお届けします。

Main Contents

  1. アクセス
  2. 客室の種類
  3. フロントロビー
  4. お部屋の様子と備品
  5. バスルームとトイレ
  6. 館内施設
  7. 朝食の内容
  8. おすすめ度は?
  9. 最安値で予約する方法

イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古へのアクセスは?

宮古空港から20分、下地島空港から7分の立地(いずれも自動車)。送迎バスを事前に予約すれば楽々アクセスが可能。

イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古は、宮古空港から伊良部大橋を渡り、車で約20分程度の場所にあります。また、2019年4月に開港した下地島空港からだと車で6分ほどです。

いずれも公共交通機関はほとんどないので、ホテル送迎かレンタカーを利用するのがおすすめです。ホテル送迎は無料で、予約時に連絡しておけば空港まで迎えに来てくれます。

送迎バスのないのおしぼりとお水のサービス

送迎バス内では冷たいおしぼりとお水のサービスもあり、ラグジュアリーホテルのおもてなしを感じられました。

レンタカーを借りる場合、駐車場はホテルの前にあります。予約なしで開いているところに停められます。駐車場料金は無料です。

イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古の客室の種類は?

客室は全58室とこじんまりとしたホテルながら、8タイプのスイートルームがあります。

客室(スイート)

イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古の客室数は全58室。部屋数はそう多くありませんが、11タイプのお部屋があり、そのうち8タイプはスイートルームです。

  • オーシャンビュールーム:定員3名・8室・45㎡ バルコニー12㎡
  • アッパーオーシャンビュールーム:定員3名・27室・45㎡ バルコニー12㎡

【スイートルーム】

  • ガーデンジュニアスイート:定員3名 6室・67㎡ プール・ガーデンテラス 42㎡
  • オーシャンフロント ジュニアスイート 定員3名 2室 66㎡ バルコニー 17㎡
  • オーシャンビュー コーナージュニアスイート 定員3名 5室 76㎡ バルコニー 17㎡
  • オーシャンフロント コーナージュニアスイート 定員3名 1室 71㎡ バルコニー 41㎡
  • ガーデン コーナースイート 定員4名 2室 98㎡ プール・ガーデンテラス 57㎡
  • イラフ コーラルスイート 定員4名 1室 103㎡ ジェットバス・バルコニー 80㎡
  • ミヤコ ガーデンスイート 定員4名 1室 119㎡ プール・ガーデン 156㎡

【ドッグフレンドリールーム】

  • ドッグフレンドリールーム 定員3名 3室 45㎡ バルコニー 12㎡
  • ドッグフレンドリー コーナージュニアスイート 定員3名 1室 76㎡ バルコニー 17㎡

最低でも45㎡とバルコニー12㎡と広めの作りとなっており、スイートルームではバルコニーやテラスが70㎡以上のお部屋もあります。

ペットと一緒に過ごせるドッグフレンドリールームなど多彩なお部屋の構成が魅力です。

イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古のフロントロビーは?

インフィニティプールの向こうに広がるラウンジスペースにてウエルカムドリンクをいただきながらゆったりとチェックイン。丁寧な対応で気持ち良くチェックが行えます。

ラウンジスペースでチェックイン

イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古では、エントランスから木製の自動ドアをくぐると、正面に広がるプールと伊良部島の海を眺められるラウンジスペースが広がっています。

ソファの並ぶラウンジ

フロントデスクはありますが、デスクに並ぶ必要はありません。開放感のあるラウンジのソファでゆったりと寛ぎながらチェックインを行えます。

沖縄のハーブを使ったウエルカムドリンク

おしぼりと、沖縄のハーブを使ったウエルカムドリンクをいただきながら、外の暑さをクールダウン。

シャンパンサービス

クラブフロア用ラウンジはありませんが、こちらのラウンジで夕方にはシャンパンディライトが行われ、サンセットから夜に変わる風景を眺めながらシャンパンをフリーフローでいただけるサービスがあります。

テーブルに灯されたキャンドルとシャンパンの取り合わせが何ともロマンティックです。

イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古のお部屋の様子と備品は?

オーシャンビュールームは45㎡と広々! シンプルなインテリアの中に海をイメージした青いカラーがアクセント。エアウィーブのベッドの寝心地は最高です。

オーシャンビュールーム

今回宿泊したのはオーシャンビュールーム。一番スタンダードなタイプのお部屋ですが、広さは45㎡とかなり広々としています。

アッパーオーシャンビュールームと同じ間取りですが、こちらは低層階。とはいっても、最高で4階建てなのでさほどの違いはありません。

お部屋から海を見た景色

しかし、確かに海の見え方がやや低い感じがするので、部屋からもっとちゃんと海を眺めたい方にはアッパーオーシャンビュールームをおすすめします。

ベランダも広々としていて、ゆったりと座ってくつろげるソファも準備されています。

夕暮れ時の景色

ホテルは西向きに面しているので、夕暮れ時にはこのような光景も。夕日そのものは季節にもよりますが、ホテル正面のフロントやプールサイドから眺める方がおすすめです。

宿泊した日は、夜中に雨が降ってしまったのですが、月のない晴天であれば、満天の星を見ることができるでしょう。

クローゼットスペースのバスローブ

さて、お部屋の間取りですが、入ってすぐにあるのはクローゼットスペース。この向かいにバスルームがあるので、バスローブがあらかじめ用意されています。

クローゼットスペース

クローゼットには扉がなく、オープンスペースです。ちょうどトランクを置けるチェストが準備されており、引き出しを開けると、セパレートタイプの肌触りの良いパジャマと、クリーニングサービス用の袋が入っています。

また、引き出しの下には、フカフカの室内履きの他に、ビーチサンダルも。壁面にはブラシ、靴ベラ、シュークロスの他に、ラグジュアリーコレクションのロゴ入りのしっかりとした素材の紙袋もセットされていました。

ハリウッドツインスタイルのベッド

ツインサイズといっても幅が138cmなので、一般的なダブルサイズのベッドが、ぴったりとくっついたハリウッドツインスタイルで並べられています。

ベッドマットレスにはエアウィーブを採用。一瞬「ちょっと硬い?」と思ったのですが、一晩寝てみたらぐっすりと眠れ、柔らかいだけではないマットレスの良さをうかがい知ることができました。シーツも枕も寝心地の良さは最高ランクといってよいレベル!

目覚まし時計とiPad

ベッドサイドにはラジオも聞ける目覚まし時計と、館内で自由に使える案内付きのiPadが備え付けられています。宮古島は台風が多いのですが、いざテレビが見られなくなった場合に頼りになるのはラジオです。

なお、こちらのホテルは自家発電が整備されていますので、2019年に宮古島に台風が直撃して島内が停電した際も、館内では問題なく過ごせたとのことです。

ベッドの奥のソファスペース

ベッドの奥はソファスペース。カーテンを閉めるとこのように海をイメージした青い世界が広がります。

テーブルとソファ

テーブルの上には、全世界のラグジュアリーコレクションホテルの特色を解説した冊子がありました。次はどこに泊まろうかと、世界のラグジュアリーコレクションに思いを馳せてみるのも楽しいでしょう。

お茶セットとコーヒーマシン

ソファの向かいのキャビネット上には、お茶セットとコーヒーマシンが備え付けられ、人数分のミネラルウォーターのペットボトルも置かれていました。

キャビネットを開けると冷蔵庫やグラスが収納されています。右下にあるのはセキュリティの金庫です。ホテルプールに遊びに行く時も便利ですね。

冷蔵庫とミニバー

冷蔵庫には、ソフトドリンクを中心に宮古島ならではのマンゴージュースも。マグカップやワインオープナー、マドラーのほか、ワイングラスやタンブラー、泡盛やウイスキーまで揃ったミニバーとなっています。

気になるお値段ですが、ジュース350円、スパークリングウォーター、650円、ビール550円、泡盛900円となかなかのお値段。

しかしこのホテルのクラスと、館内には自動販売機などはなく、コンビニエンスストアも市街地まで行かないとないことを考えると妥当かもしれません。

テレビとリモコン

テレビは壁に埋め込み式になっているのでインテリアの邪魔をしない仕様です。

イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古のバスルームとトイレは?

お部屋から海が見える広々としたビューバス、大きな洗面台、セパレートのトイレとゆったりとした造りとなっています。

水回りにはかなりゆとりのあるスペースが設けられています。洗面台を挟んでシャワーブースがあるというちょっと変わった作りになっています。

シャワーブースに行く際に床が濡れるのではと思いましたが、かなり速乾性のある素材で床が作られているので、それほど水浸しという感じにはなりませんでした。

バスタブ

バスタブはベッドルームに面したガラス張りになっており、海を向いたビューバス。必要に応じてブラインドを下すことができるようになっています。

シャワーブース

向かいのシャワーブースはレインシャワーもある広々とした空間。ガラス戸がぴったりと締められるので、水滴が外に漏れることはありません。

特筆すべきは、バスルームの照明を「ブライト(明るい)」と「リラックス(やや暗め)」と調整できるようになっていること。こうした空間への配慮はさすがだと感じました。

さらに、南国の湿気を感じさせない空調も素晴らしく、私はクーラーが苦手なのですが、空調を切っても蒸し暑さに悩まされることがありませんでした。おそらくかなり高機能な除湿機能があるのだと思われます。

目に見えない部分での細かい配慮が、お部屋の快適さにつながっているのでしょう。

洗面化粧台とバスタブ

バスタブの上に張り出した洗面化粧台はちょっとした物置スペースになり、メイクアップのときもそうですが、お風呂に本やスマホを持ち込みたい時も濡れずに置けるスペースになっています。

また、タオルやバスマットの位置も、バスタブに居ながらにして手の届く距離です。

バスルームのアメニティグッズ

アメニティはスウェーデン発のフレグランスブランド「BYREDO(バレード)」のもの。ほのかに香るどことなくオリエンタルな香りです。

ちなみに、全世界のシェラトンホテルで採用されているアメニティ「le grand bain」もこちらのブランド発。ラグジュアリーコレクションの刻印がされた特別なボトルは、記念にもなりそうです。ボトル以外のアイテムは和テイストのボックスに入っています。

歯ブラシ、フェイスソープ、ソーイングキット、カミソリ、ブラシ、シャワーキャップ、コットン&綿棒など痒い所に手が届くセットとなっていました。

個室トイレ

トイレはバスルームの左手手前にあります。すりガラスのドアで仕切られた個室です。

イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古の館内施設は?

メインレストラン「TIN’IN」、屋外プール、フィットネススタジオ、スパなど充実。

オーシャンビューを楽しめるレストラン「TIN’IN」

イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古は小さめのホテルながら、ホテルでおこもりステイもできる、さまざまな施設が揃っています。

まずは海に向かってオーシャンビューを楽しめるレストラン「TIN’IN」。朝食・ランチ・ディナーと楽しめるオールデイダイニングです。

レストラン「TIN’IN」のテラス席

テラス席は開放的な雰囲気で楽しめます。

ホテル正面の宿泊者専用インフィニティプール

こちらはホテル正面の宿泊者専用インフィニティプール。タオルは用意されているので、お部屋から持ち出す必要はありません。

デッキチェアやシェード付きのソファーで寛ぎながら、南の島のバカンスを楽しめます。夕方にシャンパンのフリーフローが楽しめる「シャンパンディライト」は、ぜひプールサイドでも満喫したいですね。

海を眺められるようなガゼボやチェア

ゲスト専用のプライベートビーチはありませんが、プールの先には海を眺められるようなガゼボ(西洋風あずまや)やチェアが用意されており、朝の時間には海を眺めながら行うヨガなどのアクティビティも用意されています。

フィットネスジム

ウェルネスプログラムが充実しており、滞在してヘルシーな食事をいただき、スパを体験する宿泊プランも用意されています。屋内にも小規模ながらフィットネスジムも完備。

水やフルーツのサービス

お水やフルーツを自由にいただける嬉しいサービスもあります。

無料ランドリー

自由に使える無料ランドリーもあり、ちょっとしたものを洗いたいときに便利です。

イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古の朝食の内容は?

朝食は和・洋からメインを選び、オードブルなどはブッフェスタイルでいただけます。

レストラン「TIN’IN」

朝食会場はレストラン「TIN’IN」。席はレストラン内でもテラスでも、好きな場所を選べます。レストラン内は前項の写真を参考にしてくださいね。

朝食メニュー

朝食はメインディッシュを洋食か和食で選ぶ形式です。洋食の場合は卵料理をオムレツ、エッグベネディクト、スクランブルエッグなどから選ぶことができます。素材にもこだわり、卵は宮古島産の平飼い卵を使用。

サイドディッシュとしてポテトや島豚のソーセージ、県産野菜とキノコのソテーなどがつきます。

和食の場合は地魚の焼き魚、卵料理、お惣菜、汁もの、ご飯またはお粥から。

フルーツやオードブル、カナッペ

キッチンカウンター前には、フルーツやオードブル、カナッペなど、少しずつつまみたい小皿料理が盛りだくさん。

海ぶどうや島豆腐

もちろん、海ぶどうや島豆腐、もずくといった沖縄らしいものも。

パンとコンフィチュール

クロワッサンをはじめ、パンも好きなだけいただけます。パンには宮古島産のトロピカルフルーツを使った自家製コンフィチュールを付けて味わってみてください。

和食のメインディッシュ

和食のメインディッシュ。盛り付けもおしゃれな朝食です。沖縄らしく、人参シリシリとアーサ入りの卵焼きが副菜でした。どれも上品な味付けで、このホテルに宿泊した人が、全ての食事をこのレストランでいただくのもわかる気がしました。

昼はバーガーやつけ麺などのカジュアルなメニューもそろい、夜は本格的なフレンチコースがいただけるそうです。

朝食メニュー

ブッフェで取り合わせたオードブルやサラダなどを添えると、朝から品数が多くヘルシーな彩りの朝食の完成です。

コーヒー

食後のコーヒーや紅茶は、その都度オーダーを取りに来て、席まで持ってきてくれます。紅茶はシンガポールの高級茶葉ブランド「TWG」のものでした。

朝食は7:00~10:30まで。窓越しに海を眺めて、ゆったりと朝食をいただく贅沢な朝時間が過ごせます。ブッフェは4000円、オムレツプレートなどの単品での注文も可能です。

イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古のおすすめ度は?

ホテルの評価と実際に泊まってみた感想。別荘のようなおこもりステイにおすすめ

日本で3軒目のラグジュアリーコレクションホテルということで、宮古諸島初の外資系ホテルとして開業した、イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古。

沖縄のホテルは台風対策のために、窓にサッシを取り入れたり、外装をシンプルにしたりなど、どうしても味気ないデザインになりがちなのですが、それを逆手に取って、シンプルなミニマリズムの快適空間を作り出していました。

スタッフの方も皆さんとてもフレンドリーで親切。細かいところまで行き届いたおもてなしで自分の家のように寛ぐことができます。

付近は伊良部大橋開通、下地島空港開港に伴い、これからもリゾート開発が進むエリアですが、目の前は海なので基本的には静かな場所です。

大型リゾートホテルとはまた違った、まるで別荘のような滞在を楽しみつつ、伊良部島の自然を存分に感じたい方は、ぜひ宿泊候補にあげてみてはいかがでしょうか。

イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古に最安値で宿泊するコツ!

イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古

ホテルによっては早期予約をすることで料金が安くなるプランを設定していることがあります。早期予約プランでは、通常よりも数%~数十%も安く泊まれることも。

その他に、お任せプランもお得に泊まれる料金プランの一つ。お部屋のタイプをホテルのお任せにする代わりに、通常よりも安く泊まれるお得なプランです。

この他にも、お得なプランはいくつも用意されています。ホテルが用意した宿泊プランを見つけて上手く利用することがホテルに安く泊まるポイントです。

お得な宿泊プランや最安値を見つけて、イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古の予約をする

イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古の基本情報

ホテル宿泊料金(大人一人):43,000円~

住所

沖縄県宮古島市伊良部伊良部長底原818-5(地図

電話

0980-74-5511

アクセス

宮古空港より車にて伊良部大橋を経由し約20分。下地島空港より車で約10分

最寄駅

なし

部屋数

58室

設備・備品

テレビ、湯沸かしポット、冷蔵庫、電話、パジャマ、お茶セット、洗浄器付きトイレ、ボディーソープ、シャンプー、コンディショナー、カミソリ、歯ブラシ、バスタオル、タオル、スリッパ、バスローブ、金庫

インターネット

無料Wi-Fiあり

駐車場

あり(宿泊者は無料・予約不要)

サービス

ラウンジドリンクサービス、宅配便

クレジットカード

VISA、JCB、American Express、Diner's Club、UC、NICOS、Master

チェックイン

15:00(予定時刻を過ぎる場合は要連絡)

チェックアウト

12:00

公式サイト

イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古

はてなブックマークに追加  イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古の口コミと評判は?実際に泊まった感想とおすすめ度

沖縄県のハイクラスホテル一覧へ戻る

イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古の宿泊記を書いた人


Churako

沖縄在住の愛猫と暮らすWEBライター&工芸作家(月桃カゴ編み)です。 東京・大阪・福岡に住んでいたので、関東・関西・九州方面に出向いてお仕事をすることもしばしば。そのときに利用したホテルやラウンジを中心にご紹介しています。


編集&校正 ビー・エイブル