本文へスキップ

ホテルモントレ ラ・スール大阪の口コミ&宿泊記

ホテルモントレ ラ・スール大阪

クラス:ハイクラスホテル 予約サイト評価:4.2/5.0

「京橋」駅直結で和歌山への出張や小旅行・行楽にも最適の立地。天然温泉が楽しめるスパもあり、都会なのに落ち着いて過ごせるハイクラスホテルです。

はてなブックマークに追加  ホテルモントレ ラ・スール大阪の口コミと評判は?実際に泊まった感想とおすすめ度

ホテルモントレ ラ・スール大阪

ホテルモントレ ラ・スール大阪は、大阪市内にあるハイクラスホテルです。京橋駅からOBP(大阪ビジネスパーク)に通じる歩道橋のような連絡通路を歩いて約5分のところにある、ホテルモントレグループのホテルのひとつ。

アメリカンアール・デコをテーマにしたホテルモントレ ラ・スール大阪は、外観も個性的ではありますが、ニューヨークのビルや高層ホテルを思わせるシックで都会的な雰囲気。ホテルモントレグループの中でも、ビジネスマンが入りやすい雰囲気と言えるでしょう。

ホテルモントレ ラ・スール大阪

また、ホテルモントレグループの中でも珍しいのが、最上階がスパになっていて天然温泉が楽しめること。もちろんレストランも、和食・洋食・中華と三店舗揃っています。

▶宿泊予定日の最安値料金と空室状況をCheckする!

ホテル予約サイトでの評価は、どれも4以上。どんなホテルなのか、実際に泊まってみたレポートを紹介します。

このページの目次

  1. ホテルへのアクセス
  2. フロントロビー
  3. 客室の種類
  4. お部屋の様子と備品
  5. 窓からの景色
  6. バスルームとトイレ
  7. アメニティグッズの種類
  8. 天然温泉スパ
  9. 館内施設
  10. 朝食付きプラン
  11. ホテルモントレ ラ・ルース大阪のおすすめ度は?
  12. 空室状況と最安値をチェックして予約!

ホテルモントレ ラ・スール大阪へのアクセスは?

京都・奈良・兵庫へのアクセス便利な「京橋駅」より屋根付きの連絡通路で雨にも濡れずに徒歩5分で到着!

ホテルモントレ ラ・スール大阪へのアクセス

ホテルモントレ ラ・スール大阪の最寄駅「京橋駅」は、大阪市城東区・都島区に位置するJR環状線・JR東西線・JR学研都市線(片町線)・京阪電鉄・大阪市営地下鉄(大阪メトロ)の駅で、大阪はもちろん京都・奈良・兵庫へのアクセスも便利です。

関西への出張のビジネスマンの宿泊にもおすすめの抜群の利便性です。心斎橋方面、もしくは門真方面から大阪メトロ長堀鶴見緑地線を利用する場合は「大阪ビジネスパーク駅」からも徒歩5分で到着します。

JR京橋駅なら西出口改札、京阪京橋駅からは片町口改札口(2階・改札口階)から、大阪ビジネスパークへの連絡通路にすぐにたどり着きます。

ホテルモントレ ラ・スール大阪へのアクセス通路

タクシーですと、川と一方通行の道路のせいで回り道になってしまうため、連絡通路さえ見つけることができれば、荷物があったとしても、徒歩のほうが便利です。

上写真は、連絡通路から見たホテルモントレ ラ・スール大阪。連絡通路は屋根がついているので、雨にも濡れず真夏にも助かります。

徒歩圏内に大阪城公園もあり、ランナーにとっても好立地。大阪城への観光はもちろん、大阪城ホールやいずみホールでのコンサートやライブのための宿泊にも良いでしょう。

ホテルモントレ ラ・スール大阪へのアクセス通路

京橋駅前は、居酒屋やパチンコなど下町特有の賑やかさがありますが、大阪ビジネスパークへの連絡通路さえ渡ってしまえば、驚くほど静か。夜になると賑わう京橋駅前と違って、夜になると人が減りますので、喧騒が苦手な方にもおすすめの場所です。


ホテルモントレ ラ・スール大阪のフロントロビーは?

アンティークな照明とチェッカーボード柄の床が素敵なフロントロビー。チェックインは15時より、チェックアウトは11時まで。

ホテルモントレ ラ・スール大阪のフロントロビー入り口

ホテルモントレ ラ・スール大阪のフロントロビーは2階に位置し、連絡通路と同じ高さにあります。上写真は、連絡通路からフロントへの入り口です。

ホテルモントレ ラ・スール大阪の1階の玄関

車で1階に到着した場合は入り口が少しわかりにくいかもしれません。上写真は1階玄関。

ホテルモントレ ラ・スール大阪のフロントロビー

フロントロビーに足を踏み入れると、モントレグループのホテルらしく、海外のおしゃれな街のホテルを訪ねたときのような非日常的なイメージです。

ヴェルサイユ宮殿を思わせるようなチェッカーボード柄の床が印象的で、折り上げ天井についたアンティークな照明も雰囲気を演出しています。大きな吹き抜けのロビーも格好良いですが、こういった雰囲気も特に女性に人気の理由なのでしょう。

スタッフは1~3人ほど。ピークとずれていたためか比較的空いており、チェックイン・チェックアウト時、どちらも対応は早かったです。とはいえ、フロントスタッフの人数はだいたい1〜2人のことが多かったので、なるべく混雑を避けるほうが賢明でしょう。

なお、基本チェックインは15時より、チェックアウトは11時まで(プランによって異なる場合あり)。

ホテルモントレ ラ・スール大阪の客室の種類は?

17〜22階の高層階で眺めの良い客室。ベッドサイズも全体にゆったり。

ホテルモントレ ラ・スール大阪の客室の種類

ホテルモントレ ラ・スール大阪の客室数は240室。17〜22階が客室フロアです。

客室の種類は、スタンダードシングル、スタジオツイン、スタンダードツイン、トリプル、デラックスツイン、ラグジュアリーツイン、ファミリールームがあり、さまざまなゲストに対応できるようになっています。

  • スタンダードシングル:幅140×奥行き203のダブルサイズのベッドを配した16平米のお部屋。
  • スタジオツイン:同じく幅140×奥行き203のダブルサイズベッドと、幅97×奥行き186のシングルサイズのエキストラベッドを利用したコンパクトな19平米のツインのお部屋。
  • スタンダードツイン:幅120×奥行き203のセミダブルサイズのベッド2つで22平米のお部屋。
  • トリプル:同じく幅120×奥行き203のセミダブルサイズのベッド2台に幅97×奥行き186のシングルサイズのエキストラベッド1台の3人部屋。
  • デラックスツイン:スタンダードツインと同じセミダブルサイズのベッド2台ですが、窓が多く40平米ある広々とした部屋で17〜19階に位置します。
  • ラグジュアリーツイン:さらに上の20〜22階に位置し、ゆったり広々した46平米ですが、ベッドのサイズはやはり幅120×奥行き203のセミダブルサイズ。
  • ファミリールーム:幅120×奥行き203のセミダブルサイズのベッド2台に、幅97×奥行き186のシングルサイズのエキストラベッドを配してあり、3名から利用可能、広さは39平米とラグジュラリーツインよりも狭いようです。

▶各お部屋の詳細と最安値料金&空室状況をCheckしておく!

ホテルモントレ ラ・スール大阪のお部屋の様子と備品は?

ニューヨークモダンな垢抜けたデザインとこだわりの寝具が心地よいお部屋。

ホテルモントレ ラ・スール大阪の客室内の様子と備品

今回泊まった部屋はスタンダードツイン。22平米あるので一人だとゆったり使えました。高層なので窓から入る光も眩しいほどの明るさ。

白とベージュに赤の差し色がビビットで美しいです。ベッドにはシモンズ社製のポケットコイルマットレスが使われています。心地よいクッションで、快適な寝心地です。

ホテルモントレ ラ・スール大阪の客室内ベッド

ホテルモントレグループが好きでよく泊まりますが、今回とても残念だったのは、ベッドメイク係の方の仕事が雑だったこと。あちこち整っていませんでした。

ホテルモントレ ラ・スール大阪の客室内ベッド

テレビが少し斜めになっていて、写真ではわかりにくいかもしれませんが、ベッドが2つの向きが揃っておらず、窓側のベッドが少し斜め。ナイトテーブルも傾いていました。

ホテルモントレ ラ・スール大阪の客室のテーブル

テーブルにシミがついていたのも、ほかがきれいなだけに、ちょっと気になった箇所。

ホテルモントレ ラ・スール大阪の客室内のデスク

ライティングデスクにはコンセントが2つあります。LANケーブル用ジャックや、サービスのミネラルウォーターも2本置いてあります。助かりますね。

ホテルモントレ ラ・スール大阪の客室内冷蔵庫

テレビの下の扉の中に冷蔵庫があります。ベッドメイクも残念でしたが、極めつきはこの冷蔵庫。扉が少し開いていたので、せっかくスイッチを入れてあるのに中が冷たくなかったのです。夏に宿泊してこれは悲しいですし、電気代も勿体無いですよね。

コップやポットが置かれた棚

コップやポットが置かれた棚は扉があり衛生的な印象です。緑茶以外に紅茶や、インスタントコーヒーが用意されていました。

デスクの上に置かれたドライヤー

ドライヤーはライティングデスクの上にちょこんと置かれています。

ホテルモントレ ラ・スール大阪の客室クローゼット

クローゼットは部屋の突き当たりの窓際、デスクの横にあります。中には脱衣かごが入っていました。ホテルモントレグループにはよくこの脱衣かごが置いてあります。

クローゼットの中には天然成分100%の消臭剤が用意されていました。香りのアレルギーが少しずつ問題になりつつある今、時代を先取りしていますね。スリッパは使い捨てタイプです。

上下セットのセパレートタイプのパジャマ

上下セットのセパレートタイプのパジャマは、グンゼとの共同開発でコットン100%。バスローブも用意されていました。

ベッドの壁際の照明のスイッチとナイトテーブル

ベッドの壁際には照明のスイッチとナイトテーブルがあります。作り付けのコンセントはなく、ナイトテーブルの電話機近くにコンセントが取り付けてあり、USBでの充電もできるタイプです。

ホテルモントレ ラ・スール大阪の窓から見える景色は?

部屋の位置によっては隣のビルが見えますが、天気がいいと生駒山脈まで見渡せます。

ホテルモントレ ラ・スール大阪の窓から見える景色

今回泊まったお部屋の窓からは生駒山脈が見えました。そもそもホテルモントレ ラ・スール大阪の客室はすべて17階以上の高層階なので、それぞれ景色がいいのが魅力です。

14階の朝食会場からの眺望

14階の朝食会場からの眺望も素敵でした。

ホテルモントレ ラ・スール大阪のバスルームとトイレは?

大胆な赤い壁でありながらエキゾチックで品のあるバスルーム。

ホテルモントレ ラ・スール大阪のバスルームとトイレ

ホテルモントレ ラ・スール大阪の客室バスルームは、赤を基調としたエキゾチックな雰囲気で、無機質なビジネスホテルと違って気分が変わります。

ホテルモントレ ラ・スール大阪のバスルームのタオル

タオル類などのアメニティも豊富で充実しています。

ホテルモントレ ラ・スール大阪のバスルームのタオルとコップ

しかし、バスルームでも、タオルが二人分向きが揃っていませんでした。また、よく見るとコップがコースターからズレて置かれています。備品の質や数は十分なのですが、補充やメイキングに関しては、少し残念な気持ちになりました。

ホテルモントレ ラ・スール大阪のバスルームの水道の蛇口

洗面台の水道の蛇口は、ホテルモントレグループによくあるおしゃれなクロスハンドル。

シャンプー・リンス・ボディシャンプー

シャンプー・リンス・ボディシャンプーは備え付けのディスペンサータイプ。POLA製のものでした。

ホテルモントレ ラ・スール大阪のアメニティグッズの種類は?

客室アメニティは充実しているので、手ぶらで宿泊が可能です。

ホテルモントレ ラ・スール大阪のアメニティグッズの種類

ホテルモントレ ラ・スール大阪のバスアメニティは、ハンドタオル、フェイスタオル、バスタオル、バスマット、シャンプー、リンス、ボディシャンプー、圧縮スポンジ、レザー、歯ブラシセット、ヘアブラシ、コットンセット。

室内の備品としては、イオンドライヤー、パジャマ(セパレートタイプ)、スリッパ、テレビ、室内電話、高速LAN接続(無料)、ライティングデスク、レターセット(便箋、封筒)、ランドリーバック、ポット、冷蔵庫、クローゼット(ハンガー、靴磨き、靴べら)、洗浄器付トイレ、空調(冷暖房完備)、加湿機能付空気清浄機などがあります。

ホテルモントレ ラ・スール大阪の天然温泉スパは?

宿泊者優待のスパ・トリニティの天然温泉で疲れをほぐしてゆったりできます。

ホテルモントレ ラ・スール大阪の天然温泉スパ トリニテ

ホテルモントレ ラ・スール大阪に泊まるなら、ぜひとも利用してもらいたいのが、16階にある、天然温泉スパ・トリニテです。

営業時間は11:00〜22:30(最終受付22:00)となっており、宿泊した朝に利用するのはほぼ難しいので、チェックインする日にぜひ利用を。入浴料は一般ビジター2,800円/1回、宿泊者1,080円/2日(休館日前日を除く)。エステやボディケアもあるようです。

今回宿泊したのは出張の前入りのためで、朝の時間が決まっていたため、やはりチェックインした日に利用しました。早い時間帯だったためか、宿泊者ではなく、地元のビジターの方が多いように感じました。ホテルモントレ ラ・スール大阪の公式サイトから予約すると、スパ・トリニテが無料になるサービスをしていることもあるようです。

ホテルモントレ ラ・スール大阪の館内施設は?

和洋中のレストランと各種宴会場が豊富。1階にはコンビニもあって便利。

ホテルモントレ ラ・スール大阪には、結婚式もできる10の大中小宴会場があります。1階にはシープメディガーデン、15階にチャペル「セントアンナ」、15階に神殿天星殿があり、さまざまなウェディングプランに対応しています。

また、15階にはフランス料理「エスカーレ」、日本料理「隋縁亭」、2Fに中国料理「彩雲」があり、隋縁亭と彩雲には個室も用意されているとのこと。朝食はこれらのレストランではなく、宴会場でいただきました。1階にコンビニエンスストアがあるのも便利です。

ホテルモントレ ラ・スール大阪の館内自動販売機

製氷機は客室フロアの奇数階にあり、アルコールやジュースの自販機もあります。

ホテルモントレ ラ・スール大阪の朝食付きプランは?

和食の野菜メニューは少ないですが、できたてのグリーンスムージーが味わえます。

ホテルモントレ ラ・スール大阪の朝食

ホテルモントレ ラ・スール大阪に朝食付きプランで宿泊すると、14階中宴会場「ブルックリンルーム」で和洋ビッフェスタイルの朝食をいただけます。朝食時間は7:00~10:00(L.O. 9:30)。宴会場なので、レストランとは違ってちょっと優雅な気分になれました。

朝食付きプランでない場合は、フロントで朝食チケットを購入すれば当日でも利用可能です。朝食チケットは、大人2,300円、小学生1,050円、幼児以下無料となっています。

ホテルモントレ ラ・スール大阪の朝食会場

和食コーナー。最近のホテル全般にいえることですが、ビッフェに野菜が少ないのが残念です。特に、ほうれん草の和え物など、和食の野菜が少ないのが残念です。

ホテルモントレ ラ・スール大阪の朝食サラダコーナー

サラダコーナー。ドレッシングが豊富なうえ、スモークサーモンや生ハムがあるのはうれしいですね。

ホテルモントレ ラ・スール大阪の朝食

釜揚げしらすと明太子という組み合わせが可能。明太子はとても柔らかくておいしかったです。中華風の種類豊富なトッピングが楽しめるおかゆもありました。

ホテルモントレ ラ・スール大阪の朝食ドリンクコーナー

ホットドリンクコーナーには、コーヒー、各種紅茶、ほうじ茶が。ジュースは、りんご、オレンジ、アサイー、グレープフルーツ。アサイージュースがとてもおいしかったです。

朝食ブッフェのスムージー

スムージーは2種類。ケールとフルーツのスムージーをいただきました。中に入っていないときはスタッフに伝えるとすぐに作ってもらえます。

ホテルモントレ ラ・スール大阪の朝食のシフォンケーキ

シフォンケーキは、紅茶味がとてもおいしかったので、ぜひ味わってみてください。

ホテルモントレ ラ・スール大阪の朝食のパン

パンは種類豊富で、パン好きな方も満足できるでしょう。国産小麦シリーズはパサパサしていたのが残念でしたが、クロワッサンが美味しかったです。また、高級発酵バターとして知られるフランスのエシレバターが用意されていました。

ホテルモントレ ラ・スール大阪の朝食

いろいろ選べて満腹。冬瓜の煮物は、しっかり味が染みていておいしかったです。

朝食券と引き換えにもらうカード

上写真(右)は朝食券と引き換えにもらうカード。席を外して料理を取りにいくのに便利。食べた後は、上写真(左)の「ごちそうさまでした」カードを置いておきます。

朝食後、シャンデリアのある隣のスペースを覗いていると「どうぞおくつろぎください」と言っていただきました。豊かな気分になれ、仕事に行く前にゆとりができます。

ホテルモントレ ラ・スール大阪のおすすめ度は?

ホテルモントレ ラ・スール大阪の評価と実際に泊まってみた感想

ホテルモントレ ラ・スール大阪の評価と実際に泊まってみた感想

ホテルモントレ ラ・スール大阪は、またぜひ泊まりたいおすすめのホテルと言えます。

飛行機利用の場合はアクセスが便利とは言い難いですが、新幹線の場合は新大阪から乗り換え1回で最寄りの京橋駅に到着でき、京都、奈良、兵庫へアクセスしやすいのがおすすめのポイントです。

ホテルモントレ ラ・スール大阪から歩いて行ける大阪城公園

大阪城公園も近く比較的静かに過ごせて、スパ・トリニテで移動の疲れも癒せます。最近では、無料レンタルスマートフォンが各部屋に設置されているようです。

シングルルームでも140cm幅のベッドなので、ゆったりした気持ちになれると思います。残念だったベッドメイクについては、モントレグループのファンとしては、その日の担当の方がたまたま忙しすぎたのだろうと思いたいところです。

各公式サイトのバナーをクリックすると空室状況と最安値をCheckできます!

数ある旅行予約サイトの中で人気なのが、じゃらん、楽天トラベル。なんと国内ホテル予約のシェア60%以上!

じゃらんはPontaポイント、楽天トラベルは楽天スーパーポイントが宿泊料金の1~2%も還元!楽天カードでホテル代を支払うと最大4%のポイント還元でさらにお得に泊まれます。

楽天公式で空室と最安値をCheckして予約する!

じゃらん公式で空室と最安値をCheckして予約する

ホテルモントレ ラ・スール大阪の宿泊料金の最安値は?

宿泊料金の最安値が探せるexpediaで、ホテルモントレ ラ・スール大阪をお得に予約しましょう!

expedia(エクスペディア)は、日本を含め世界30か国以上で事業展開をしているオンラインでホテル料金の最安値を検索できる便利なサイトです。

日本国内や海外のホテル(300,000軒以上)、航空券、その他旅行に必要なもの(レンタカーなど)もお得に予約ができます。

下のウェジット画面に「ホテル名」「宿泊予定日」「宿泊人数」を入力すれば宿泊予定日の最安値が表示されます。ぜひご活用ください!


ホテルモントレ ラ・スール大阪の基本情報

ホテル宿泊料金(大人一人):5,800円~

住所

大阪府大阪市中央区城見2丁目2番22号(地図

電話

06-6944-7111

アクセス

<電車の場合>
JR大阪環状線・東西線「京橋」駅 西口よりOBP連絡通路にて徒歩約5分
大阪メトロ長堀鶴見緑地線「大阪ビジネスパーク」駅 4番出口より徒歩約5分
京阪電車「京橋」駅 片町口よりOBP連絡通路にて徒歩約5分

<車の場合>
阪神高速「法円坂出入口」より約10分(※ホテル前は東から西への一方通行のため注意)

最寄駅

JR・京阪「京橋」駅、大阪メトロ「大阪ビジネスパーク」駅

部屋数

240室

設備

ハンドタオル、フェイスタオル、バスタオル、バスマット、シャンプー、リンス、ボディシャンプー、圧縮スポンジ、レザー、歯ブラシセット、ヘアブラシ、コットンセット。
室内の備品:イオンドライヤー、パジャマ(セパレートタイプ)、スリッパ、テレビ、室内電話、高速LAN接続(無料)、ライティングデスク、レターセット(便箋、封筒)、ランドリーバック、ポット、冷蔵庫、クローゼット(ハンガー、靴磨き、靴べら)、洗浄器付トイレ、空調(冷暖房完備)、加湿機能付空気清浄機(プラズマクラスター)

インターネット

無線LAN(Wi-Fi)と有線LANを全室完備(無料)

館内施設

挙式会場チャペル「セント・アンナ」、宴会場(キャナル・ガーデン、エスカーレ、朗鳴館、リバティ、クレール、ウィットニー、アルカサール、彩華)ほか
レストランは、フランス料理「エスカーレ」、日本料理「隋縁亭」中国料理「彩雲」

駐車場

地下に約100台 宿泊優待1,500円(1泊)※高さ2.2mまで

サービス

宿泊者は天然温泉スパを優待料金で利用可能

クレジットカード

JCB、VISA、Master Card、AMEX、ダイナース(デビットカード不可)

チェックイン

15:00

チェックアウト

11:00

公式サイト

ホテルモントレ ラ・スール大阪


はてなブックマークに追加  ホテルモントレ ラ・スール大阪の口コミと評判は?実際に泊まった感想とおすすめ度

大阪府のハイクラスホテル一覧へ戻る

ホテルモントレ ラ・スール大阪の宿泊記を書いた人


のんくら

当メディアのプロデューサー兼チーフエディター。日本全国を旅しながらご当地の美味しいものを食べることが趣味。

カプセルホテルからハイクラスホテルまで様々なホテルや旅館に実際に泊まり、独自の厳しい目線で予約サイトの口コミや評判が真実なのか徹底的に調査しています。


編集&校正 ビー・エイブル