本文へスキップ

渋谷ストリーム エクセルホテル東急口コミ

渋谷ストリーム エクセルホテル東急

クラス:ハイクラスホテル 予約サイト評価:4.4/5.0


東急と東横線隣接エリアに誕生した大規模複合施設「渋谷ストリーム」の中にあるホテル。開業は2018年9月。全室禁煙。「ヴィンテージモダン」を表現した独創的なデザインで、従来の東急ホテルのイメージとは異なる新しさが口コミで評判です。

渋谷ストリーム エクセルホテル東急

渋谷ストリームエクセルホテル東急は、東急(東京急行電鉄)と東横線隣接エリアに誕生した大規模複合施設「渋谷ストリーム」の中にあるホテルです。開業は2018年9月。

渋谷ストリーム エクセルホテル東急ロビー

「渋谷から世界へ 感性を刺激するホテル~THE SHIBUYA SENSIBILITY~」をテーマに、渋谷独自の価値観や感覚をホテルのデザインに取り入れた、国内外の人々の感性を刺激するホテルをコンセプトとしています。

館内は全室禁煙。「ヴィンテージモダン」を表現した独創的なデザインで、今までの東急ホテルのイメージとは異なる新しさが魅力です。同ビル内には六本木から Google に本社も移転してきたこともあり、感度の高い人々が集う場所になっています。

客室インテリア

ホテル予約サイトの口コミ評価は4.4と高めの渋谷ストリームエクセルホテル東急。今回、実際に泊まってきたので、口コミの評判が本当か、お部屋やサービス、アメニティ、食事などについて詳しく紹介します。

Main Contents

  1. アクセス
  2. 客室の種類
  3. お部屋の様子と備品
  4. バス・トイレ・アメニティ
  5. 館内施設とサービス
  6. 朝食の内容
  7. おすすめ度は?
  8. 最安値で予約する方法

渋谷ストリーム エクセルホテル東急へのアクセスは?

東急東横線・田園都市線、東京メトロ半蔵門線・副都心線「渋谷駅」C2出口直結。わかりやすいのは渋谷スクランブルスクエアの中を通って行くルート。

渋谷ストリーム エクセルホテル東急の公式サイトによると、東急東横線・田園都市線、東京メトロ半蔵門線・副都心線「渋谷駅」C2出口直結となっていますが、それぞれの駅が複雑に入り組んでいるので帰って迷うかもしれません。

公式サイトに写真付きの道案内があるので、そちらも併せて参考にすると良いでしょう 。

歩道橋

渋谷スクランブルスクエアの中を通って、そのまま歩道橋でつながっている渋谷ストリームまで行くのが分かりやすいアクセス方法です 。

2020年現在は、まだ渋谷駅近辺が工事中のため、回り道をしなければならないルートもありますが、完成の暁にはかなり便利な動線になるのではないでしょうか 。

アクセス案内

渋谷ストリームは35階建ての高層ビル。そのうちホテルは4階のフロント・ロビーラウンジ、ダイニングと9階から13階の客室となっています。

残りのオフィスには Google 本社が入居。1~3階はショッピングや飲食店がテナントとして軒を連ね、多目的ホールも併設しています。

セルリアンタワーからタクシー送迎

渋谷にある他の東急系列の「渋谷エクセルホテル東急」と「セルリアンタワー東急ホテル」とは異なり、空港からの直行リムジンバスはありませんが、宿泊者向けにセルリアンタワーからタクシーの無料送迎を実施しています。

リムジンバスを降りたら、車寄せの係りの方に、渋谷ストリームエクセルホテル東急の宿泊客であることを告げると、タクシーを呼んでくれます。羽田や成田から直接ホテルに行きたい方にとってはかなり便利なサービスです 。

駐車場は地下1階と地下2階にあります。利用時間は6:50~24:00(最終入庫23:30まで)宿泊の場合→1泊(24時間)2,400円。途中出庫できますが、途中出庫する場合は別途サービス券が必要なので、フロントへ事前に申し出ましょう。

渋谷ストリームエクセルホテル東急の客室の種類は?

238室の客室は、5階から13階はスタンダード/デラックスフロア。14階は13室限定のラグジュアリーフロア(HAKATA Floor)に分かれています。

渋谷ストリームエクセルホテル東急の客室

渋谷ストリーム エクセルホテル東急は全室禁煙。カテゴリはスタンダード・スーペリア・デラックスの3種類です。

いずれも東急ホテルには珍しく「攻めた」デザインとでもいえるのでしょうか。ヴィンテージ感を醸し出した、海外のホテルのようなシャビーな空間の作りが特徴。

利用人数は1名から最大でも3名、ビジネスや少人数の旅行などでの利用がほとんどです。ベッドマットレスには、全室でシーリーもしくはシモンズ製のものを採用しています。

スタンダード

  • スタンダードシングル:9~13階 / ベッド幅140cm / 1名利用 / 20.0 ㎡
  • スタンダードダブル:9~13階 / ベッド幅160cm / 1~2名利用 / 24.8 ㎡
  • スタンダードツイン:9~13階 / ベッド幅110cm×2 / 1~2名利用 /30.0 ㎡
  • アクセシブルツイン:9~12階 / ベッド幅110cm×2 / 1~2名利用 / 30.0 ㎡

客室

スーペリア

  • スーペリアツイン:9~13階 / ベッド幅110×2 / 1~2名利用 / 36.4㎡
  • スーペリアコーナーツイン:9~13階 / ベッド幅110cm×2 / 1~2名利用 / 43.0㎡

デラックス

デラックスカテゴリのお部屋は全部で13室。一部のお部屋では渋谷の街並みを一望できるビューバスがあります。

  • デラックスコーナーツイン:9~13階 / ベッド幅110cm×2 / 1~2名利用 / 46.5㎡
  • デラックスコーナーツイン:9~13階 / ベッド幅110cm×2 / 1~3名利用 / 46.5㎡
  • デラックスストリームダブル:11~13階 ベッド幅110cm×2 / 1~3名利用 / 49.8㎡

なお、お部屋のカテゴリとしては、外国人の宿泊客が多いため、ツインよりダブルが人気だそうです。ツインタイプのお部屋についても、二つのベッドをくっつけた「ハリウッドツイン」のタイプとなっています。

今回はスタンダードツインに宿泊し、スーペリアコーナーツインのお部屋を見学させてもらいました。後ほど詳しくご説明します。

渋谷ストリームエクセルホテル東急のフロントロビーは?

ヴィンテージ感あふれるモダンな空間で、渋谷であることを忘れてしまいそうなアーティスティックな作りとなっています。

フロントロビー

フロントロビーは渋谷ストリームの4階です。

エレベーターのドアが開くと現れるアーティスティックな空間。正面の書架にはアートな書籍やお部屋の備品に採用されたオシャレな小物などが並べられ初夏の間にエレベーターを配置するなど、デザイン性に富んだスペースとなっています。

フロントロビーのインテリア照明

フロントのスペースには現場の配管をむき出しにするなどチャレンジングなインテリア照明にもデザインへのこだわりが見られます。カウンターは3つ。自動チェックイン/アウトも備えており、スムーズにチェックインが行えます。

フロントロビーのソファースペース

混み合っていても、エレベーター正面のソファーや椅子がしつらえられたスペースで待つことももちろん可能です。

フロントロビーのアート作品

館内は至る所にアートが飾られあちこち見学したり写真をとったりしていると、待ち時間も楽しく過ごせそうです。フロント向かいにはレストラン「Torrent」(トレント) さらにバーエリアもあり、軽食やドリンクなどを気軽にいただけます。

渋谷ストリームエクセルホテル東急のお部屋の様子と備品は?

フロントのイメージそのままにシックにお洒落にまとめられた室内。フットテーブルなど、海外の方向けの設備も。

スタンダードツインルーム

今回宿泊したのはスタンダードツイン。スタンダードといいつつ、30㎡もある広めのお部屋です。 お部屋に入ると、左側には洋服を見せてかけられるハンガーラック、そして右側には洗面台があります。

ハンガーのかかったラック

ラックには照明もついていて、まさに「見せる収納」。しっかりとしたハンガーが六本かかっており、靴べらや消臭スプレー、洋服ブラシなどは、お洒落にぶら下げて収納されています。

室内履き

室内履きは使い捨てのものと、備え付けのものの二種類です。

セキュリティボックス

ラックの下には引き出しが3つ設けられ、クリーニング用のランドリーバッグ使い捨てのスリッパ 、セキュリティボックスが用意されていました。

使い捨てのスリッパと言いながらも材質はしっかりしており、色も茶色と部屋の雰囲気に合わせておしゃれなスリッパです。

ティファールの湯沸かしポットとサービスのミネラルウォーター

ハンガーラックの奥には お茶セットなどの備品を収納したキャビネットが。キャビネットの上にはティファールの湯沸かしポットとサービスのミネラルウォーターが2本。ミネラルウォーターのサービスが無料なのはとてもありがたいです。

お茶セットとマグカップ・グラス

さらにキャビネットの中段に目を移すと、お茶セットのほか、マグカップ、グラスなどが入っています。 お茶セットはドリップコーヒーと 紅茶そして煎茶ほうじ茶と種類が豊富なのは嬉しいですね。

マグカップはジャーナルスタンダードのもので、お部屋タイプごとにカップのデザインが異なるのが特徴。キャビネットの下は空の冷蔵庫になっていました。

マグカップ

マグカップはフロントで販売もしていますので、気に入ったら購入することができます。

二人掛けのソファーとテーブル

寝室の手前には、二人掛けのソファーとテーブルがあります。

客室インテリア

色調の揃ったクッションが並べられておしゃれ。コンセントなどもインテリアに配慮して隠されているので、PCを使ったりする方は、ソファーの下などを探してみてください。

ベッド

スタンダードルームでもフットベンチが設けられた、高級感溢れるベッド周り。これは海外のお客様が多いため、あえて身長の高い方向けにおいているのだそう。

ベッドスローも幅広で「ちょっと横になりたいな。でもまだ着替えていないし」といった方でも気軽にベッドで寛げますね。

ナイトウェア

ナイトウェアは、ちょっとガウン風になったワンピースタイプでした。

ベッドサイドの電話と各種スイッチとスマートフォンハンディ

ベッドサイドには電話と各種スイッチ、時計、そして滞在時は無料で使えるスマートフォンハンディも備え付けられています。

壁掛け式テレビ

テレビは壁掛け式でベッドやソファーから見える場所に配置。館内案内やWi-Fiパスワードなどのインフォメーションなどを確認できます。その下には空気清浄機もありました。

窓からの景観

窓からの景観はお部屋の場所にもよりますが、 私が宿泊した部屋は渋谷スクランブルスクエアが目の前に見え、

窓からの景観

新しくなった東急プラザや現在様々な工事が進められている東急の渋谷駅近辺を見渡すことができる場所に位置していました。

窓からの景観(夜景)

ホテルの部屋が13階までなので、目の前に立つ高いビルのような夜景の景観というよりは、渋谷駅の再開発の様を眺められるというのがこのホテルの特徴です。

カーテンのアート風プリント

カーテンを引くと渋谷の街並みをイメージしたプリントが。館内にも渋谷をイメージしたアートがそこかしこにあるので、こうしたものを探して歩くのも楽しめるホテルです 。

コーナースーペリアルームのコーナーツイン

こちらはコーナースーペリアルームのコーナーツイン。2面窓が2面に広がっているのでそのぶん渋谷の真ん中にいるという景観が楽しめます。

窓からの景色

スーペリアルームであっても、階数はスタンダードルームと変わらないので、どういう街並みを楽しめるかは、あくまでお部屋の位置によるところが大きいかと思います。

コーナースーペリアルームのコーナーツイン

窓が2面あるぶん、カーテンを引いた時により雰囲気がある空間になりますね。

Bluetoothスピーカー"Aerobull"

また、スーペリアルーム以上のグレードの部屋には、フレンチブルドッグの形が特長的な遊び心のあるBluetoothスピーカー"Aerobull"を設置。 部屋の中のお好みの場所で音楽を楽しめます。

渋谷ストリームエクセルホテル東急のバス・トイレ・アメニティは?

全てセパレートタイプ。洗い場付きのバスルームは広々で、一部ビューバスの部屋もあります。アメニティはそれぞれポーチに収納されており、女性向けには基礎化粧品セットも。

洗面台

洗い場付きのお風呂があるのが特徴の、渋谷ストリームエクセルホテル東急。 スペースを有効活用するためか、スタンダードルームでは洗面台は外に配置されています。

鏡の周りにモザイクを配置し、シンクもシンプルでインテリアのイメージを壊さないように考えられていますね。

アクセサリーなどを入れるトレー

シンクの横にはアクセサリーなどを入れるトレーも。下にはバゲージラック、タオル、くずかごが配置されていました。

ヘアドライヤーとアメニティのセット

ヘアドライヤーとアメニティのセット。使い捨てのアメニティについてはすべて専用ポーチに個別に入っていました。

アメニティグッズ

中身はシャワーキャップ、ボディタオル、綿棒、ヘアバンド、カミソリ、ヘアブラシ、コットンのセットです。 1名分ずつ梱包されているので便利。女性向けには、クレンジング・洗顔料・化粧水・クリームのサンプルもセットされています 。

ドライヤーは卓上の巾着袋の中に入ってました。

バスタブと洗い場付のバスルーム

バスルームは、ゆったりと浸かれるバスタブとハンドシャワーのある洗い場があります。

新しいだけあって、とてもきれいです。バスタブの縁に置かれていたのは2種類の入浴剤。リラックスしてバスタイムが楽しめます。

実際に利用してみた感想ですが、お風呂が最新式すぎてお湯の温度調整が分かりづらく、シャワーヘッドの角度が調整できず壁に取り付けると正面にお湯が出てしまうので、人によっては気になるかもしれません。

ボディソープ・シャンプー・コンディショナー

環境に配慮してディスペンサー式のボトル。ボディソープ・シャンプー・コンディショナーはセットされています。ブランドはスティーブンノルでした。デラックスタイプまでブランドは同じだそうです。

トイレ

トイレはバスルームの向かいにあります。もちろん、ウォシュレット付きの最新式です。新しいホテルなだけあって水回りがきれいで、清掃も行き届いていました。

渋谷ストリームエクセルホテル東急の館内施設とサービスは?

渋谷ストリームエクセルホテル東急内には、レストランやバーの他、各階にはこだわり備品を置いた「マイスタールーム」を設置。館内を彩るアートも楽しみです。

館内施設

渋谷ストリームエクセルホテル東急では、アートをテーマに各階にさまざまな展示がされています。

廊下のアートパネルのモチーフは1920年代から2010年代までの各年代を象徴するランドマーク。廊下に敷き詰められたカーペットのモチーフは、渋谷駅に乗り入れる時刻譜とのこと。お部屋に案内があるので、あちこち写真に撮るのも楽しそうです。

マイスタールーム アクティブ

また、それぞれの階に「マイスタールーム」と名付けられたコーナーがあります。

各スペースにはこだわりのスタイリッシュな貸し出し備品が用意され、それぞれソファやベンチが用意されているので、コミュニケーションスペースとしても利用可能です。

9階には「アクティブ」 と名付けられたサイクルマシンとストレッチマットのセットが設置されています。体を動かしたい方はぜひ訪れたい場所です。

シューケア

10階は「シューケア」。靴磨きグッズやフットケアグッズを揃えています。

シューシャイン(靴磨き)サービス

時間によっては、シューシャイン(靴磨き)サービスも行なっており、革靴をピカピカに磨き上げてくれます。

スタイルケア

11階には「スタイルケア」。コインランドリーのほかアイロン、そして、LGスタイラーも揃えられています。パリッと決めたいときにはここで事前準備をすると良いでしょう。

自動販売機と製氷機

12階は「ドリンク」で、自動販売機と製氷機があります。写真映えするコカコーラの缶を模したベンチなどが設けられており、面白いデザインが特徴です。

「フード」マイスター

13階は「フード」と銘打って電子レンジトースターのほか、シンクも備えています。家電はすべてバルミューダで揃えた、ハイセンスな空間。 デパ地下で買ったものを持ち寄って食べることもできます。

デリバリーロボット「Relay」(リレイ)によるルームサービス配達

このホテルならではのサービスといえば、ロボットによるルームサービス配達。デリバリーロボット「Relay」(リレイ)が注文したものを届けてくれます。

お部屋の前に着くと電話で呼び出し。用が済むと自分でエレベーターを操作してフロントまで戻るとても賢いロボットです 。

バー&ダイニング「TORRENT」(トレント)

フロント・ラウンジとシームレスに繋がるのが、バー&ダイニング「TORRENT」。

バー&ダイニング「TORRENT」(トレント)

バーエリアでは毎夜DJも登場し、スタイリッシュなカクテル・音楽・映像を楽しめます。

営業時間は、朝食07:00~10:00 (L.O.09:30)・ランチ11:30~15:00 (L.O.14:00)・カフェタイム15:00~16:30 (L.O.16:00)・ディナー/バータイム17:00~23:00 (L.O.22:00)/17:00~24:00 (L.O.23:30)と分かれています。

終日開店はでありませんが、まだ新しいこともありそこまで混み合っていないので、実は穴場のカフェでもあります。

渋谷ストリームの中の飲食店

ホテル内だけなく、渋谷ストリームの中にも飲食店は充実していますので、天候が悪い時でも食べるのに困ることはないでしょう。

渋谷ストリームエクセルホテル東急の朝食の内容は?

レストラン「TORRENT」にて。メインディッシュを選び、サイドディッシュはブッフェ形式。洋食のみ。時間は7:00~10:00 (L.O.09:30)。外部の方でもいただけます。

レストラン「Torent」

朝食会場は4階レストラン「TORRENT」です。選べるメインディッシュと、サラダやヨーグルトなどのサイドディッシュのブッフェを楽しめる朝食セットをいただけます。

提供時間は7:00~10:00 (L.O.09:30)までで、料金は大人 2,026円(2,450円)、小学生 992円(1,200円)、小学生未満無料です。

メインディッシュを選べる朝食セット

メインディッシュの卵料理は、生ハムエッグベネディクト、フレンチトースト&浅草ミクニハムのベーコン、オムレツ、目玉焼きの4品から選べます。

一番人気は生ハムのエッグベネディクト。目玉焼きも実は隠れた人気メニューだそう。

サイドディッシュブッフェの内容は、前菜・温菜・サラダ・フルーツ・パン・シリアル・ヨーグルト・チーズ・ドライフルーツ・ドリンクです。

前菜は、ロースハム・ニシンの酢漬け・海老とアボカドのサラダ・ポテトサラダ、温菜は、ソーセージ・本日のスープ・スクランブルエッグが並んでいました。

シェフのおすすめ野菜と五穀サラダ

サラダは、その日のシェフのおすすめ野菜と五穀サラダです トッピングとして、オリーブオイル・シェリービネガー・クルトン・グランマーゾパウダー・フライドレンコン・フライドオニオン・フライド牛蒡が用意されています。

ドレッシング

ドレッシングも種類豊富で、トマトドレッシング・焼き玉葱ドレッシング・高知の生姜ドレッシング・牛蒡と胡麻ドレッシング・青パパイヤドレッシング・人参ドレッシング。どれをかけようか迷ってしまいそう。

フルーツやヨーグルト

パイナップル、ルビーグレープフルーツ、季節のフルーツなどに加え、フルーツグラノラ、ブランフレーク、低脂肪ヨーグルトなども。ミックスベリー・マンゴー・ストロベリーなどの果肉入りフルーツソースをかけていただきます。

パンコーナー

パンコーナーにはクロワッサン・バケットパリジェンヌ・パンオショコラ・パンオレザンなど、焼き立てのベーカリーのパンもずらり。

花園養蜂場の“松本さんが作った”巣蜜

パンやヨーグルトに是非あわせたいのが花園養蜂場の“松本さんが作った”巣蜜。ハチの巣から直接採取した蜂蜜をその場で食べられるというサービスはなかなかありません。

ドリンク

ドリンクは、完熟トマトジュース・野菜ドリンク・オレンジジュース・有機牛乳・調整豆乳・有機栽培オーガニックコーヒー・カフェインレスコーヒー・アールグレイ紅茶・ジャスミン茶・深蒸し静岡煎茶などが揃っています。

朝食の内容

ここまで見てきて「あれ?和食は?」と思った方もいるかもしれません。実は、渋谷ストリームエクセルホテル東急は和食の朝食を用意していません。

欧米からの外国人ゲストが多いのならば和食は必要では・・・・・・と思うかもしれませんが、旅行者というよりビジネス利用も多いので、いつも食べているようなモーニングメニューがグレードアップしていると好評だそうです。

場所柄、朝活の方々もよく訪れるという渋谷ストリームエクセルホテルの朝食ブッフェ。渋谷に訪れる機会があれば、一度訪ねてみてはいかがでしょうか。

渋谷ストリーム エクセルホテル東急のおすすめ度は?

渋谷ストリーム エクセルホテル東急の評価と実際に泊まってみた感想

渋谷ストリーム エクセルホテル東急の客室

再開発が進む渋谷にあってその外観が目を引く渋谷ストリーム。渋谷ストリームエクセルホテル東急は、 エクセルホテル東急のイメージを覆すようなデザイン性と、東急ホテルズのおもてなしの質の高さで、好評を得ているのも納得のホテルでした。

ロビーラウンジ

お部屋は快適なのはもちろん、新しいホテルとしてアートを巡る楽しさもあり、写真映えするスポットもたくさん。アクセスの良さも相まって、ビジネスや観光の拠点として渋谷を利用する方に広くおすすめしたいホテルです。

渋谷ストリーム エクセルホテル東急に最安値で宿泊するコツをお教えします。

客室

ホテルによっては早期予約をすることで料金が安くなるプランを設定していることがあります。早期予約プランによっては通常よりも数%~数十%も安く泊まれることも。

その他に、お任せプランもお得に泊まれる料金プランの一つ。お部屋のタイプをホテルのお任せにする代わりに、通常よりも安く泊まれるお得なプランです。

この他にもお得なプランはいくつも用意されています。ホテルが用意した宿泊プランを見つけて上手く利用することがホテルにお安く泊まるポイントです。

お得な宿泊プランや最安値を見つけて渋谷ストリーム エクセルホテル東急を予約する

渋谷ストリーム エクセルホテル東急の基本情報

宿泊料金:1名で宿泊の場合21,300円~、2人で宿泊の場合 1人当たり11,900円~(23,800円~)

住所

東京都渋谷区渋谷3-21-3(地図

電話

03-3406-1090

アクセス

JR「渋谷」駅南改札東出口より徒歩約5分
東急東横線・田園都市線、東京メトロ半蔵門線・副都心線「渋谷」駅C2出口直結

最寄駅

東急東横線・田園都市線、東京メトロ半蔵門線・副都心線「渋谷」駅

部屋数

177室(シングル・ダブルルーム124室、ツインルーム50室、デラックスルーム3室)

設備・備品

テレビ、湯沸かしポット、冷蔵庫、、加湿器付き空気清浄機、電話、パジャマ、テレビ、電話、湯沸しポット、冷蔵庫、ドライヤー、金庫、温水洗浄便座設備、加湿機能付空気清浄機、お茶セット、スリッパ、バスタオル、フェイスタオル、ボディソープ、フェイシャル&ハンドソープ、シャンプー、コンディショナー、歯磨きセット、カミソリ、ヘアブラシ、ボディタオル、綿棒、ナイトウェア、消臭スプレー、シャワーキャップ、コットン
(貸出)ズボンプレッサー、アイロン、電気スタンド、変圧器

インターネット

無料Wi-Fiあり

館内設備

レストラン、バー、自動販売機、マイスタールーム

駐車場

24時間2,400円
※24:00~翌6:50まで出庫できません。最終入庫は23:30まで。

サービス

モーニングコール、宅配便、クリーニング、FAX、自走ロボット「Relay」による配達

クレジットカード

VISA、JCB、American Express、Diner's Club、UC、DC、NICOS、OMC、UFJ Card、Master、楽天カード

チェックイン

14:00(予定時刻を2時間以上過ぎる場合は要連絡)

チェックアウト

11:00

公式サイト

渋谷ストリーム エクセルホテル東急

はてなブックマークに追加 渋谷ストリーム エクセルホテル東急の口コミと評判は?実際に泊まった感想とおすすめ度

東京都のハイクラスホテル一覧へ戻る

渋谷ストリーム エクセルホテル東急の宿泊記を書いた人


Churako

沖縄在住の愛猫と暮らすWEBライター&工芸作家(月桃カゴ編み)です。 東京・大阪・福岡に住んでいたので、関東・関西・九州方面に出向いてお仕事をすることもしばしば。そのときに利用したホテルやラウンジを中心にご紹介しています。


編集&校正 ビー・エイブル