本文へスキップ

ホテルユクエスタ旭橋口コミ

ホテルユクエスタ旭橋

クラス:ビジネスホテル 予約サイト評価:4.2/5.0


ホテルユクエスタ旭橋は「ゆいレール」旭橋駅前にあるインテリアにこだわったおしゃれなビジネスホテル。実際に泊まってみて、朝食やアメニティグッズなど、ホテル予約サイトの口コミが真実なのかを検証しています。

ホテルユクエスタ旭橋

ホテルユクエスタ旭橋は、那覇市にある沖縄都市モノレール「ゆいレール」旭橋駅前にあるビジネスホテルです。ホテル名の「ユクエスタ」は、沖縄の方言である「ユクル(一休み)」とスペイン語の「シエスタ(お昼寝)」を掛け合わせたもの。

ホテルユクエスタ旭橋ロビー

ビジネスホテルでありながら、徹底的にこだわったおしゃれなインテリアと沖縄料理をベースにしたヘルシーな朝食が女性にも大人気です。

立地的にもゆいレールの駅から徒歩数分の場所にあり、那覇市のメインストリートである国際通りへも歩いて行ける、非常に利便性の良い場所にあります。

口コミサイトでも評価の高い、このホテルユクエスタ旭橋に宿泊してきたので、その詳しい感想をホテルの実際の写真を交えて紹介します。

Main Contents

  1. 立地とアクセス
  2. フロントロビー
  3. 客室の種類
  4. お部屋の様子と備品
  5. バスルームとトイレ
  6. 館内施設とサービス
  7. 朝食付きプラン
  8. おすすめ度は?
  9. 最安値で予約する方法

ホテルユクエスタ旭橋の立地とアクセスは?

ゆいレール旭橋駅からわずか徒歩2分。駅から国道58号線沿いに歩いていけばすぐです。

ホテルユクエスタ旭橋

ホテルユクエスタ旭橋は、「ゆいレール」旭橋駅から徒歩2分と、非常に立地の良い場所にあります。ゆいレールの改札を出たら右に行き、エレベーターか階段で地上に降りたら、国道58号線沿いに那覇市役所方面に歩いていきます。

すぐにダブルツリー by ヒルトン那覇が見えますが、そのまま道なりに進んでいき、次の交差点を過ぎるとすぐにホテルユクエスタ旭橋があります。周りには他にそれほどおしゃれな建物はないので、すぐにわかります。

空港から車で行く場合でも約10分程度、タクシーで行っても1,000円ほどでホテルに到着します。駐車場は提携駐車場利用で、1泊(15時~翌11時まで)900円で駐車可能です。また、駐車場の予約はできず、先着順での利用になります。

ホテルユクエスタ旭橋のフロントロビーは?

フロントロビーにはおしゃれなイタリア製の特注ソファとフランス製のローテーブルがあり目を引きます。チェックイン・アウトが混み合うこともあまりありません。

フロントロビー

ホテルユクエスタ旭橋のフロントロビーは1階にあります。小さいホテルのため、エントランスは1つだけです。エントランスから入ると前室があり、そこから右手にレストラン、左手にフロントロビーがあります。

玄関自動ドア

深夜の1:00から朝6:00の間はセキュリティのためエントランスがロックされますが、宿泊者はルームキーで出入り可能です。また、入り口のインターホンでフロントを呼び出せば、深夜のチェックインも可能です。

フロントロビー

フロントロビーではビビッドな色合いのイタリアカッシーナ社製の特注のソファと、フランスのフィリップ・ユーレル社製のローテーブルが目に入ります。南国リゾート系のインテリアのホテルが多い中、インテリアはすべて欧米風でとてもおしゃれです。

ラウンジスペース

レストランとロビーの間にはラウンジスペースがあり、時間帯によりレストランとしても使われます。フレキシブルに利用されているようですが、壁とドアがあるため気軽に入って利用できるような感じではありませんでした。

フロントデスク

フロントクラークは3名配置。ホテルのキャパが大きくないためか、クラークが1名、または誰もいない時もあります。もちろん常に奥に待機はしていて、人が入ってくるとすぐに誰かは顔を出してくれます。

また、お客がフロントに並んでいるような状況も全く見かけませんでした。そのため、ポーターもいません。

今回はネットで予約をしていたのですが、最初フロントで名前を告げてもホテルのシステムでは予約状況が確認できないようでした。クラークが奥の部屋で確認したあとに、ようやくチェックインできました。大手旅行代理店経由で予約したのに不思議です。

エレベーター

エレベーターは1台のみ。ロビーは人が少ないうえに、エレベーターがフロントから丸見えの状態なので、宿泊者以外は非常に使用しにくいです。

宿泊階へのエレベーターの利用にはカードキーは不要ですが、最上階にあるコインランドリーの利用時のみカードキーが必要になります。コインランドリーを利用する場合は、フロントにお願いしてカードキーを書き換えてもらう必要もあります。

なお、エレベーターは清掃の方たちも使っているようで、朝のチェックアウトの時間帯にエレベーターに乗ると途中で何度か止められることがありました。

宿泊者が乗っていると清掃の方たちは乗ってきませんので、意味もなくエレベーターが止まってしまう状況だけが発生してしまいます。人によってはイライラすることがあるかもしれません。

ホテルユクエスタ旭橋の客室の種類は?

ホテルユクエスタ旭橋の客室の種類は7種類で、禁煙ルームと喫煙ルームは別々に提供。

客室フロア

ホテルユクエスタ旭橋の客室は、ビジネスシングル、スタンダードシングル、スタンダードダブル、ツインルーム、トリプルユース、フォースルーム、デラックスダブルの7種類。総客室は72室で、それぞれに禁煙ルームと喫煙ルームがあります。

各部屋の広さとベッドサイズは以下の通り。

  • ビジネスシングル:11㎡、ベッド幅120cm
  • スタンダードシングル:15.5㎡、ベッド幅160cm
  • スタンダードダブル:16㎡、ベッド幅160cm
  • ツインルーム:22㎡、ベッド幅110cm×2
  • トリプルユース:22㎡、ベッド幅110cm×2+ハウザーベッドオプション
  • フォースルーム:22㎡、ベッド幅160cm×2
  • デラックスダブル:22㎡、ベッド幅160cm

今回はスタンダードシングルに宿泊したので、続けてお部屋の様子を詳しく紹介します。

ホテルユクエスタ旭橋のお部屋の様子と備品は?

ホテルユクエスタ旭橋のスタンダードシングルはベッドが大きく、バスルームも余裕のある造り。赤いソファが目を引くおしゃれなお部屋です。

スタンダードシングル

スタンダードシングルは、部屋の中で一番場所を取るベッド自体が大きいということもあり、印象として部屋の広さにはそれほど余裕は感じません。しかし、実際には15.5㎡と、ダブルの部屋とほとんど変わらない広さがあるので十分広いと言えます。

客室備品

入り口から入ると、すぐ横にクローゼットスペースがあり、木製ハンガーとズボンプレッサーが置いてあります。さらに下には、紙製の靴磨き、シューホーン、消毒済みのビニールタイプのスリッパがあります。

バスルーム

次にバスルームと、その反対側には姿見と続きます。

家具と備品

メインルームの主な備品としては、クイーンサイズのベッド、加湿機能付き空気清浄機、カフェテーブル、フロントロビーと同じ赤いソファ、ライティングデスクとイスです。

グラスと飲み物

ライティングデスクの上には、26インチの液晶テレビ、グラスと飲み物(さんぴん茶と緑茶のティーバッグ)が用意されています。陶器のカップはなく、グラスは耐熱ガラス製だとは思いますが、熱いお茶を飲むにはやや不向きではないかと思いました。

冷蔵庫と電気ポット

ライティングデスクの下には冷蔵庫と電気ポット、イオンドライヤーが収納されています。冷蔵庫には水のペットボトルがサービスで入っていました。

コンセント

デスクの周りにはコンセントは2つのみ。また、インターネット用に有線LANのポートがあるほか、無線LANも無料で利用可能です。デスク自体はPCや携帯を広げても問題ないだけの広さがありました。

カーテン

窓にはレースとドレープのカーテンが両方設置されており、自然に光を調整できます。

ドレープカーテンはホテルには珍しく完全な遮光ではなく光を通すものだったため、不思議に思っていたのですが、これは自然な目覚めを時間の流れで演出するための、意図的なものだそうです。

ベッド

クイーンサイズのベッドは、日本ベッド社製Beads Pocket(シングルサイズで612個のポケットコイルを並列状に並べたマットレス)を採用。ホテルユクエスタ旭橋では、すべてのお部屋でこの素材で作られた製品を使用しており、寝心地は非常に良かったです。

ナイトウェア(パジャマ)

ナイトウェアはワッフルタイプのツーピース。着心地もなかなか良いです。

枕は高さの違うものが2つ用意されています。高さが高いものは材質が羽根、低いものはアクリルのものでした。

ベッドサイドのライト

ベッドの両サイドにはライトがありますが、コンセントや時計はないため、夜中に時間のチェックがしづらかったです(時計はフロントで貸し出し可能)。

今回最上階の下の部屋に宿泊したのですが、おそらく屋上にある空調関係のファンと思われる音が、夜中じゅうずっと響いていてうるさかったのがやや気になりました。

ホテルユクエスタ旭橋のバスルームとトイレは?

バスルームの設備は新しめでキレイ。バスタブにもこだわりがあり、大きさはそれほどではありませんが使用感がバツグン。

バスルーム

ホテルユクエスタ旭橋のバスルームはバスとトイレが一緒のユニットタイプ。一人部屋としてはサイズが十分で、さらに物を置く場所を横長にとるなどの工夫によって広めに見せています。

バスルームのコンセント

バスルームにもちゃんとコンセントがあり、鏡には一部が曇り止め加工されています。タオル類は、フェイスタオル、バスタオル、バスマットのみ。

アメニティグッズ

アメニティグッズとしては、歯ブラシセット、シェーバー、ブラシと綿棒のみ。コップはプラスティック製で、消毒済みです。

ボディーソープとシャンプー、コンディショナー

バスタブには、POLA製のボディーソープとシャンプー、コンディショナーが用意されています。

オーバル浴槽

バスタブは深さがありつつも、足を伸ばせる広さ。背中があまり傾斜しておらず、頭を乗せる場所がちょうどいい感じでへこんでいるため、自分が今まで宿泊してきたホテルのバスタブの中では、一番入り心地がよいものでした。

あとでこれが「オーバル浴槽」というもので、こだわって選んだものだと知りとても納得しました。(ビジネスシングルを除くすべての部屋に設置)

トイレは洗浄器付きタイプですが、消臭機能はありません。ビニールのサニタリーバッグとゴミ箱も用意されていました。

ホテルユクエスタ旭橋の窓から見える景色は?

ホテルユクエスタ旭橋の窓からは周りのホテルしか見えないため、特に景色がいいわけではありません。

窓から見える景色

ホテルユクエスタ旭橋がある場所は、ホテルや飲食店などが多い界隈のため、窓から見える景色もホテル街の風景でした。

ただ、すぐ目の前に他のホテルの壁があるような状況ではないため、日の光も十分入ってきました。最も開けている国道38号線側に窓がある部屋はなさそうだったので、どの部屋も似たような感じかと思います。

ホテルユクエスタ旭橋の館内施設やサービスは?

ホテルユクエスタ旭橋の館内施設はレストラン、コインランドリー程度。マッサージやクリーニングなど、一般的な有料サービスはあります。

ホテルユクエスタ旭橋の館内施設は、1階にイタリアンレストラン「トラットリア・ディ・マーレ」があります。宿泊者向けの朝食サービスを提供しているほか、ランチやディナーは一般客向けにも提供しています。(現在ディナーは一時休止中)

イタリアンレストラン「トラットリア・ディ・マーレ」

最上階にはコインランドリーがあります。大浴場などはありません。そのほか、有料でマッサージやクリーニング、FAXやコピーなどのサービスも受けられます。

なお、一番近いコンビニは徒歩数分の距離にありますが、ホテルの裏側のほうにあるため、フロントで場所を聞いてから行くほうが迷わないでしょう。

ホテルユクエスタ旭橋の朝食付きプランは?

ホテルユクエスタ旭橋の朝食は、イタリアンレストラン「トラットリア・ディ・マーレ」にて提供。沖縄料理をベースとしたヘルシーなワンプレートモーニングは女性に大人気。

イタリアンレストラン「トラットリア・ディ・マーレ」

ホテルユクエスタ旭橋の朝食は、1階にあるイタリアンレストラン「トラットリア・ディ・マーレ」にて、7:00~10:00の時間帯で提供されています。

朝食付きプランを申し込んでいない人の場合、1,000円(12歳までの子供は650円)を支払えば食べることが可能です(要事前に予約)。

朝食はブッフェ形式ではなく、小鉢にヘルシーな料理が盛られたワンプレートモーニングで、もうひと皿パンも付きます。

レストランに行って朝食券を店員に渡すと、飲み物を取ってテーブルで待つように言われます。

ドリンクコーナー

飲み物はメインエントランスの横に配置されているものから自由に持っていけます。

コーヒーマシーン

オレンジジュースやマンゴージュース、野菜ドリンク、牛乳、水出し紅茶といった冷たい飲み物のほか、紅茶類のティーバッグ、コーヒーマシーンでエスプレッソやカフェラテといった温かい飲み物も楽しめます。

朝食のプレート

しばらくすると、朝食のプレートが運ばれてきます。プレートには主に真ん中に麺類やスープ類のボウル、小鉢にサラダや若干の肉や卵料理、小さくて甘めのパン類とメイプルシロップ、ヨーグルトとデザートといったとてもヘルシーな構成です。

別皿のパンも日替わりで、マーガリンとジャムが付いてきます。

朝食のプレート

上はある日のメニューですが、真ん中のボウルは沖縄そば、ハム入りのココット、ごぼうとカリフラワー、ブロッコリーのサラダ、ヨーグルトなどです。パンは胚芽パンと沖縄名物シークワサーのジャム。

朝食メニュー

別の日は、岩海苔のスープ、雑穀米の団子が入ったカレー、ゆで卵と水菜のサラダ、ハム、チャパタのようなパン、ヨーグルトなど。パンは黒ゴマのパンとパインジャムでした。

いずれもとてもヘルシーで品数も多く、味もとても美味しかったのですが、男性の中にはボリュームが少し物足りないと感じる人がいるかもしれません。女性には十分な量ですし、とてもヘルシーなので満足される人は多いはず。

ホテルユクエスタ旭橋のおすすめ度は?

ホテルユクエスタ旭橋の評価と実際に泊まってみた感想

ホテルユクエスタ旭橋

ホテルユクエスタ旭橋は駅から近く、おしゃれで、朝食もとてもヘルシーでおいしいです。今回泊まったスタンダードシングルは、クイーンサイズのベッドに快適なバスルームなど、満足できる点は多かったです。

ただ、個人的には泊まった階の影響だと思いますが、空調などの音がうるさくてなかなか寝られなかったことやチェックインの際にもたついたこと、朝エレベーターで何度も無駄に止められたなどは、ややマイナスポイントでした。

ただ、インテリアや料理に対するこだわりなどは非常に好感が持てますし、コストパフォーマンスは高いので、特に女性にはおススメできるホテルだと思います。

ホテルユクエスタ旭橋に最安値で宿泊するコツをお教えします。

ホテルユクエスタ旭橋

ホテルによっては早期予約をすることで料金が安くなるプランを設定していることがあります。早期予約プランでは通常よりも数%~数十%も安く泊まれることも。

その他に、お任せプランもお得に泊まれる料金プランの一つ。お部屋のタイプをホテルのお任せにする代わりに、通常よりも安く泊まれるお得なプランです。

この他にも、お得なプランはいくつも用意されています。ホテルが用意した宿泊プランを見つけて上手く利用することがホテルに安く泊まるポイントです。

▷お得な宿泊プランや最安値を見つけてホテルユクエスタ旭橋の予約をする

ホテルユクエスタ旭橋の基本情報

ホテル宿泊料金(大人一人):4,500円~

住所

沖縄県那覇市東町5-19(地図

電話

098-866-0600

アクセス

沖縄都市モノレール(ゆいレール)旭橋駅下車、徒歩2分
那覇空港から車で約10分、タクシーで約1,000円

最寄駅

ゆいレール旭橋駅

部屋数

72室(禁煙室/喫煙室)

設備

6インチ液晶TV、冷蔵庫(空)、ズボンプレッサー、ドライヤー、電気ケトル、空気清浄機、LANケーブル、温水シャワートイレ

インターネット

全客室で有線LAN・Wi-Fi接続(無線LAN)を無料で利用可能

館内施設

レストラン、コインランドリー、自動販売機

駐車場

近隣提携駐車場利用(先着順)。1日900円

サービス

クリーニング、マッサージ、FAX、コピー

クレジットカード

VISA、DC、MASTER、JCB、AMEX、UC

チェックイン

15:00

チェックアウト

11:00

公式サイト

ホテルユクエスタ旭橋

ホテルユクエスタ旭橋フォトギャラリー


このエントリーをはてなブックマークに追加  ホテルユクエスタ旭橋の口コミと評判は?実際に泊まった感想とおすすめ度

▷沖縄県のホテル一覧へ戻る


札幌東武ホテルの宿泊記を書いた人

toya

「将来の夢はホテル住まい」の旅行好きなブロガー・ライター。理想のホテルを求めて、様々なホテルを巡り歩いています。海外旅行の経験も豊富で、国外にいた期間を累計すると数年に及びます。

そんな数多くの旅行経験から、ホテルやホテルラウンジを利用者の目線で丁寧に紹介しています。

編集&校正 ビー・エイブル