本文へスキップ

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパの口コミと評判

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ

クラス:グランドリゾートホテル 予約サイト評価:3.8/5.0

恩納村の高台に建つ大型総合リゾートホテル。創業30周年以上の老舗ホテルで、周辺には高級リゾートホテルが多いが、ファミリー向けに人気のリーズナブルな価格帯で人気。

はてなブックマークに追加 沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパの口コミと評判は?実際に泊まった感想とおすすめ度

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパは、恩納村の高台に位置する大型リゾートホテル。外資系のホテルが多い沖縄にあって、地元企業の「かりゆしホテルズ」が経営するホテルです。

その敷地はなんと8万坪もあり、ホテル周辺だけで沖縄のリゾートを満喫できる設備が整っています。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパは1987年に開業し、早くから恩納村を代表するホテルとして人気を得てきました。2016年には開業30周年を迎えていますが、館内は古さを感じないように段階的にリニューアルされています。

また、2010年4月には全室禁煙も実施、ファミリー向けホテルとして嬉しい配慮ですね。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパの予約サイトでの評価は3.8。全体的に見て、なかなか辛口の評価と言えます。立地と食事の評価が高く、お風呂の評価が低めです。古い分、水回り設備が気になるところですね。

今回、沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ実際に泊まってきたので、口コミの評判が本当か、お部屋やサービス、食事について詳しく紹介します。

このページの目次

  1. ホテルへのアクセス
  2. 客室の種類
  3. フロントロビー
  4. お部屋の様子と備品
  5. バス・トイレ・アメニティ
  6. 窓から見える景色
  7. 館内施設
  8. 朝食ブッフェ
  9. 沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパのおすすめ度は?
  10. 空室状況と最安値をチェックして予約!

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパへのアクセスは?

那覇空港より車で約70分・空港リムジンバスにて約120分「沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ」にて下車。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパのホテル駐車場

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパは、那覇空港より沖縄自動車道経由で約70分。「許田」ICより約10分の場所にあります。ホテル駐車場は1泊1台 500円(税込)。上限の料金は1,500円(税込)なので、3泊以上は何泊しても同じ料金です。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパのホテル駐車場

ホテルの部屋数が多いので、平置きの駐車場もいくつかのエリアに分散しています。駐車場がホテルまで遠い場合には、駐車場からホテルまで送迎バスのサービスがあるので、ご安心ください。

車を利用しない人は、空港・那覇バスターミナルを経由する、リムジンバスにて約120分。北部のリゾートホテルを経由して、「沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ」にて下車。ホテルの目の前にバスが到着してくれるので便利です。

また、エアポートシャトルバスを利用される場合は、ホテルには停まりませんが、「かりゆしビーチ前」にて下車し、ホテルに連絡すれば送迎してもらえます。

GoogleMapで行き方を確認する

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパの客室の種類は?

オーシャンタワーとウイングタワーの2棟に8タイプの客室。全516室の大型ホテルです。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパの客室の種類

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパには、オーシャンタワーとウィングタワーの2つの棟があり、全部で8つの部屋タイプがあります。

オーシャンタワー

  • スイート:80㎡ ベッド幅194cm
  • ツイン:30㎡ ベッド幅122cm×2
  • トリプル:30㎡ ベッド幅122cm×3(部屋によっては幅97cmのベッドになることも)

トリプルルームというと、ツインルームにエキストラベッドということが多いのですが、こちらのトリプルルームは、ちゃんとベッドが3台あります。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパの客室の種類

ウィングタワー

  • フォース(オーシャンビュー):39~42㎡ ベッド幅100cm×4
  • フォース(マウンテンビュー):39~42㎡ ベッド幅100cm×4
  • ダブル:42㎡ ベッド幅160cm
  • ファミリールーム:48㎡(ロフト付き)ベッド幅160cm×1、110cm×2、80cm×1(子供用2段ベッド)
  • 琉球ルーム:48㎡(和室+ベッド)ベッド幅100cm×3+ソファーベッド1
  • エグゼグティブツイン:39~42㎡ ベッド幅100cm×2
  • エグゼクティブダブル:42㎡ ベッド幅160cm(天蓋付き)

ウィングタワーは特にファミリー向けのお部屋が充実しています。

以上の客室の種類と、食事の内容、アクティビティなどの組み合わせにより、さまざまな宿泊プランがあるのがこのホテルの特徴です。

今回は、ウイングタワーのダブルルームに宿泊したので、後ほど詳しく紹介します。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパのフロントロビーは?

ホテルエントランスはウイング棟。広いフロントカウンターと、奥には吹き抜けが。団体客の受け入れ時は混み合うことも。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパのエントランス

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスはウイング棟にフロントロビーがあります。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパのフロントロビー

エントランス入ってすぐのフロントデスクは手前で、5~6組を一度に受け受けることができそうです。テープが貼られていることから、リムジンバスの到着時などには混み合うことが予想されます。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパのコンシェルジュデスク

向かいにはホテル・コンシェルジュの方がいるので、ホテル内でわからないことがあれば気軽に質問してみましょう。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパのフロントロビー

ロビーフロアは中央が吹き抜けになっており、真ん中には待ち合いスペースがあるので、こちらで座って待つこともできます。ヤシの木があしらわれた、いかにも南国リゾートといった風情のフロントロビーで、ホテルステイへの気持ちが高まりますね。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパのフロントロビーキッズスペース

また、お子様連れに嬉しいキッズスペースも用意されていました。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパのお部屋の様子と備品は?

ダブルルームは42㎡の広さ。2面に窓を配したコーナーのお部屋には広いベランダを完備。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパのお部屋の様子と備品

今回、沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパのウイングタワー・ダブルルームに泊まってきたので、お部屋の中の様子を詳しく紹介します。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパのお部屋の様子

まず、部屋のドアを開けると奥に続く細い空間。壁の向こうはバスルームです。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパのお部屋の様子と備品

2面に大きな窓のあるベッドルームには大きなベッドが。到着が夜だったので、カーテンが引かれていました。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパの客室ベッド

ベッドはハリウッドツインタイプで、とても広々。上には、パジャマが置かれています。布団もフカフカで寝心地はとても良かったです。

ちょっと残念だったのが、作りの古いホテルにはありがちなことですが、ベッドサイドにコンセントがないこと。スマホなどの充電が若干不便でした。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパのお部屋の様子と備品

ベッドの存在感が大きすぎて、部屋が狭く見えますが、こちらのダイニングテーブルは、ゆうに4人が座れる広さ。かなりたっぷりとした空間です。

ドレッサー兼用できる、鏡の付いた机とテレビ台

ドレッサー兼用できる、鏡の付いた机とテレビ台。テレビは、場所をずらせばベッドからもっと見やすくなるのにと思いました。

各種アクティビティやホテル内レストランの割引券、那覇にある免税店のプレゼント券など

机の上には、各種アクティビティやホテル内レストランの割引券、那覇にある免税店のプレゼント券などが置いてあります。

仏教の経典と聖書、そしてランドリーバッグ

ローボードのひきだしには、仏教の経典と聖書、そしてランドリーバッグが。

下の開き戸は何も入っていない

下の開き戸は何も入っていないので、小物など収納できます。

クローゼット

実は、このお部屋は、ベッドの裏にクローゼットとお茶セットがある間取り。バスルームからの導線を考えた場合に、ベッドルームに入らずに身支度出来るようになっています。

クローゼット

クローゼットには扉はなく、そのままトランクなどを収納できるようになっています。ブラシと靴ベラ、消臭スプレーが置いてあり、下の段にはナンバー式の金庫とスリッパ。

客室備品

照明の関係で写真がわかりづらいのですが、奥に棚があって、そちらにバスタオルとフェースタオルが収納されています。

冷蔵庫とお茶セット

お茶セットは、湯沸かしポットと、さんぴん茶にちんすこうといった沖縄らしいセットになっていました。下の扉の中には冷蔵庫(空)とアイスペールが入っています。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパのバス・トイレ・アメニティは?

バス・トイレ・洗面所はそれぞれ独立タイプ。水回りの設備に古さを感じますが、清潔に清掃されています。洗面所はダブルシンクで使いやすいです。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパのバスルーム

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパのダブルルームの洗面所は、クローゼットスペースの隣のドアから。奥のドアはトイレ、左側にはバスルームがあります。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパのバスルーム洗面台

広々とした洗面スペースにはシンクが2つあり、それぞれ使うことができるので、朝の身支度も楽々です。台の上のスペースも、メイク道具などを置くのに十分な広さがあります。

泡のフェイス&ハンドソープと、歯ブラシ、ヘアゴム、カミソリ、ブラシ、綿棒のセット

泡のフェイス&ハンドソープ、歯ブラシ、ヘアゴム、カミソリ、ブラシ、綿棒のセット。

ヘアドライヤー

難点は、懐かしすぎるドライヤー。さすがに風力がいまいちでした。ヘアセット用品にこだわりがある方は自分のものを持参することをおすすめします。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパのバスルーム

洗い場付きの広いバスルーム。こちらも浴槽などのデザインがレトロですが、シャワーヘッドなどは新しいものに交換されていました。清掃は行き届いており、大変清潔です。

浴槽も広めで、2名でも充分は入れそう。お風呂の椅子、洗面器もセットされていました。備品はディスペンサー式のボディーソープ、シャンプー、コンディショナー。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパのトイレ

トイレも、ウォシュレットが取り付けられています。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパの窓から見える景色は?

部屋によって眺望が異なり、オーシャンビューとマウンテンビューがあります。ダブルルームは2面の広いベランダがあり、パノラマの光景が楽しめるのが特徴。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパの窓から見える景色

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパのウイングタワーの角部屋のダブルルームは、広いベランダが特徴です。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパの窓から見える景色

ベッド向かって右側のベランダ。かなり広いのがわかると思います。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパの窓から見える景色

ベランダでに出てみると、オーシャンタワーの向こうに広がる海が眺められます。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパの窓から見える景色

ぐるっと回ってみると、ホテルプールとウイングタワーが。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパの窓から見える夜景

夜はプールがライトアップされます。この時はクリスマスのイルミネーションがあり、とても綺麗でした。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパの館内施設は?

総合リゾートホテルなので、プール、レストラン、売店、結婚式場など、館内施設が充実。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ近くのかりゆしビーチ

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパは、総合リゾートホテルなので、このホテルに滞在していれば沖縄リゾートが満喫できるように、設備は整っています。

ビーチはホテルからシャトルバスで、眼下に見える「かりゆしビーチ」に行くことができます。マリンアクティビティはあらかじめホテルで申し込んでおくことも可能です。

このビーチは、遊泳ではなくアクティビティを楽しむビーチなので、泳ぎたい場合はホテルのプールを利用するのがおすすめ。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパのホテルプール

ホテルのプールは3つ。アウトドアプール2つとインドアプールが1つあります。1つは中央に位置するガーデンプール。大きなプールは水深1メートルで、傾斜があるので子どもでも安心。高台の見晴らしの良い場所なので、リゾート気分を満喫できます。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパのホテルプール

アウトドアプールのもう1つはオーシャンタワー宿泊の方のみが使えるラグーンパティオ。バスやサウナがついているプールです。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパのインドアプール

天候を気にせず楽しめるのがインドアプール。通年利用が可能です。インドアプールから階段を上ると、水着で楽しめるジャグジー施設もあります。また、ウイングタワー・オーシャンタワーそれぞれに大浴場もあるので、大きなお風呂でゆったりと寛ぐことも。

※利用料金:宿泊のお客様 / 大人1,000円 小人500円(小学生)

マッサージ施設「海の湯 ラ・メール」

オーシャンタワーにはマッサージ施設「海の湯 ラ・メール」もあります。

チャペルダイヤモンドオーシャン

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパは、リゾートウェディングの会場としても人気のホテルなので、結婚式のバンケットルームもホテル内にありますが、素晴らしいのは、こちらの海をのぞむチャペルダイヤモンドオーシャン!

高所の立地を生かして、海をバックにした天空に浮かぶ挙式が可能です。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパのレストラン・バー

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパのレストラン・バーは5つ。メインダイニング「暖琉満菜(だんりゅうまんさい)」のほか、バーベキューパーティ、焼肉、プールサイドでサンセットが楽しめるカフェテラス、ラウンジバーがあります。

他にも、カラオケルームなど、夜も楽しめるような設備が揃っています。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパの館内施設

ファミリー向けには、ビーチアクティビティほか、シーサーの絵付けや琉球ガラス体験といった体験教室・アクティビティプランも用意されており、いずれもホテル内の施設・もしくは送迎があるので、参加も楽々。詳しくはロビーフロントのコンシェルジュでご確認ください。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパの売店

お土産や、マリングッズを買いたい場合にも大きな売店があります。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパの売店

日によっては朝市が開かれ、地元で採れた農産物や加工品を買えることも。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパの館内コンビニ

飲み物や軽食はホテル内にコンビニ。また、ホテルから国道に出た場所にコンビニエンスストアもあります。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパの朝食ブッフェは?

メインダイニング「暖流満菜」でバラエティ豊富な朝食ブッフェ。6:30~10:00までで、大人2,300円・小学生 1,150円 ・幼児(4~5歳)500円・3歳以下は無料です。

朝食会場のレストラン ウィングタワー1F「暖流満菜」

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパに朝食付きプランで泊まると、ウィングタワー1Fにある朝食会場「暖流満菜」でブッフェスタイルの朝食をいただけます。。

朝食会場のレストラン ウィングタワー1F「暖流満菜」

暖流満菜は180席を擁する大きなレストランです。朝食時間は6:30~10:00までで、料金は大人2,300円、小学生1,150円、幼児(4~5歳)500円、3歳以下無料となっています。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパの朝食ブッフェ

中央に大きなブッフェテーブルがあり、ぐるっと周囲を料理が取り囲みます。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパの朝食ブッフェ

爽やかな朝にピッタリな、サラダにトロピカルフルーツ。沖縄産のものをなるべく使っており、フルーツにはマンゴーも。朝食の定番、ベーコンやソーセージも並びます。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパの朝食ブッフェ

焼き魚のほか、ゴーヤーチャンプルーやフーチャンプル―など沖縄ならではの惣菜も。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパの朝食ブッフェ

主食はご飯、お粥、5種類ほどのパンのほかに、焼き立ての黒糖フレンチトースト。パンにはマンゴーなどのトロピカルフルーツジャムを添えて。

オムレツに好きな具を入れてその場で焼いてくれるサービス

オムレツに好きな具を入れてその場で焼いてくれるサービスもあります。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパの朝食

ヘルシーに済ませたい方も、しっかり食べたい方も、盛り付けによって内容を工夫できるブッフェメニューです。種類が豊富なので、ついつい食べ過ぎてしまいました。

こちらのレストランは、昼食も夕食ブッフェも好評で、那覇の同系列のかりゆしアーバンリゾートでも人気のレストランです。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパのおすすめ度は?

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパの評価と実際に泊まってみた感想

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパに泊まった感想とおすすめ度

新しいホテルがどんどん建設される沖縄本島の恩納村。いわゆる激戦区にある沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパは、老舗なだけあり立地は抜群ですが、やはり部屋の内装や水回りの古さなどは否めないところもあります。

しかしながら、根強いファンを持つレストランや、ファミリー向けにフォーカスした部屋の広さなどを考えると、付近の恩納村~名護の高級リゾートホテルの中では、かなりリーズナブルな価格帯で、利用しやすいホテルといえるでしょう。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパに泊まった感想とおすすめ度

ゆったりと優雅に高級リゾート……という雰囲気もあわせ持ちつつ、気楽にくつろげる雰囲気の沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ。堅苦しくない場所で、のんびり過ごしたい方には、コストパフォーマンスも高く、おすすめのホテルです。

はてなブックマークに追加 沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパの口コミと評判は?実際に泊まった感想とおすすめ度

各公式サイトのバナーをクリックすると、沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパの空室状況と最安値をCheckできます!

数ある旅行予約サイトの中で人気なのが、じゃらん、楽天トラベル。なんと国内ホテル予約のシェア60%以上!

じゃらんはPontaポイント、楽天トラベルは楽天スーパーポイントが宿泊料金の1~2%も還元!楽天カードでホテル代を支払うと最大4%のポイント還元でさらにお得に泊まれます。

楽天公式で空室と最安値をCheckして予約する!

じゃらん公式で空室と最安値をCheckして予約する

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパの最安値をCheck!detail

宿泊予定日の沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパの最安値が簡単に見つかる!

宿泊予定日の沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパの最安値をCheckしたいなら、宿泊料金が一覧で簡単に比較できる「トリップアドバイザー」がおすすめ!

ホテルの宿泊料金は予約サイトによって様々。トリップアドバイザーは、国内200社以上のホテル予約サイトの宿泊料金をランキング形式で表示!宿泊予定日の沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパの最安値が簡単に見つかります!

トリップアドバイザーで最安値を比較して予約する!


沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパの基本情報

ホテル宿泊料金(大人一人):11,000円~

住所

沖縄県国頭郡恩納村名嘉真ヤーシ原2591-1(地図

電話

098-967-8731(代表)

アクセス

那覇空港より車で約70分・空港リムジンバスにて約120分「沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ」にて下車、もしくは、エアポートシャトルにて約120分、プライベートビーチ「かりゆしビーチ前」にて下車後ホテルに連絡して送迎

最寄駅

空港リムジンバス「沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ」

部屋数

516室

設備

テレビ、湯沸かしポット、冷蔵庫、ズボンプレッサー、加湿器付き空気清浄機、電話、パジャマ、お茶セット、洗浄器付きトイレ、ボディーソープ、シャンプー、コンディショナー、カミソリ、歯ブラシ、バスタオル、タオル、スリッパ
(貸出)ズボンプレッサー、加湿器、アイロン、ベビーベッド、ベッドガード、ベビーカー

インターネット

無料Wi-Fiあり

駐車場

1泊1台 500円(税込) /上限1,500円(税込)(2泊1,000円/3泊以上1,500円)

館内施設

レストラン、ラウンジ、カラオケ、宴会場、会議室、結婚式場、大浴場、売店、コンビニエンスストア、自動販売機、エステサロン、フィットネスクラブ、ゲームコーナー、屋外プール、屋内プール、バーベキューガーデン、コインランドリー

サービス

モーニングコール、宅配便、クリーニング

クレジットカード

VISA、JCB、American Express、Diner's Club、UC、DC、NICOS、OMC、Bank Card、UFJ Card、Master、Saison、AEON、TOP、View、West、楽天カード

チェックイン

14:00(最終チェックイン 25:00)

チェックアウト

11:00

公式サイト

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパフォトギャラリー

館内施設アクセスオーシャンタワーチェックイン

はてなブックマークに追加 沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパの口コミと評判は?実際に泊まった感想とおすすめ度

沖縄県のハイクラスホテル一覧へ戻る

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパの宿泊記を書いた人



Churako

沖縄在住の愛猫と暮らすWEBライター&工芸作家(月桃カゴ編み)です。 東京・大阪・福岡に住んでいたので、関東・関西・九州方面に出向いてお仕事をすることもしばしば。そのときに利用したホテルやラウンジを中心にご紹介しています。


編集&校正 ビー・エイブル