本文へスキップ

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの口コミ&宿泊記

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワー

クラス:カプセルホテル 予約サイト評価:3.8/5.0

赤坂・赤坂見附近くにあるにあるカプセルホテル。Cabin(キャビン)+ Lounge(ラウンジ) + Design(デザイン)というコンセプトで、スタイリッシュさが魅力です。

はてなブックマークに追加  センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの口コミと評判は?実際に泊まった感想とおすすめ度

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワー

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーは、東京・赤坂の街中で複数のホテルを展開する「センチュリオンホテル」のキャビンスタイルの宿泊施設です。

Cabin(キャビン)+ Lounge(ラウンジ) + Design(デザイン)というコンセプトで、デザイナーズホステルとでもいうべきスタイリッシュさが魅力。

手頃な宿泊料金で機能的かつ快適に過ごすことができ、旅行者だけでなく、赤坂付近で遅くまで遊びたい方にも人気があります。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワー

チェックインは29:30(午前5:30)まで受け付けており、カプセルホテルなのにチェックアウトが11:00と遅めです。キャッチコピーは「おかえりなさい 大都会の我が家へ」

▶宿泊予定日の最安値料金と空室状況をCheckしておく!

今回、センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーに実際に泊まってきたので、お部屋(キャビン)やサービスについて詳しく紹介します。

このページの目次

  1. ホテルへのアクセス
  2. 客室(キャビン)の種類
  3. フロントロビー
  4. 客室の様子と備品
  5. バス・トイレ・アメニティ
  6. 窓からの景観
  7. 館内施設
  8. 朝食
  9. センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーのおすすめ度は?
  10. 空室状況と最安値を確認して予約

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーへのアクセスは?

東京メトロ千代田線「赤坂」駅が最寄り駅。同じく銀座線・丸ノ内線「赤坂見附」駅・「溜池山王」駅からも徒歩圏内。


センチュリオンホテル レジデンシャルキャビンタワーは、赤坂、赤坂見附、溜池山王の間に位置しています。最寄り駅は東京メトロ千代田線の「赤坂」駅、次が東京メトロ銀座線・丸ノ内線の「赤坂見附」駅です。

地図を見ると、東京メトロ銀座線「溜池山王」駅も近く感じたため、私は当初この駅からホテルまで歩きました。

しかし、溜池山王駅は改札から出口が遠く、最寄り出口にエスカレーターがないこと、大通りを渡る必要があること、その際道路に段差が多いことの3つの理由から、「赤坂」もしくは「赤坂見附」駅を利用するほうがおすすめです。

なお、ホテルに駐車場はありません。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの客室の種類は?

男性・女性それぞれ専用フロアの作り。キャビンは1名利用のスタンダードキャビンと最大4名で利用できるファミリーキャビン、女性用のセンチュリオンキャビンの3種類。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの客室の種類

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーは、男性・女性それぞれ専用フロアの作りとなっています。2~3階がファミリー用、4~6階が男性専用、7~9階が女性専用フロアです。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの客室の種類

キャビンの種類は以下の3タイプ。

  • スタンダードキャビン:2㎡~ 定員1名 シングルサイズベッド(上下段どちらか)・共用トイレ・共用シャワー
  • ファミリーキャビン:15㎡~ 定員4名 シングルサイズ2段ベッド×2台・トイレ・シャワー
  • センチュリオンキャビン(女性専用):3.5㎡~ シングルサイズベッド(上下段どちらか)・共用トイレ・共用シャワー

▶各お部屋の詳細と最安値&空室状況をCheckしておく!

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーのフロントロビーは?

キャビンタワーのフロントは隣のセンチュリオンホテルレジデンシャルと共用で、入り口は通りに面した両サイドにあります。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーのフロントロビー

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの宿泊受付は、隣にあるセンチュリオンホテルレジデンシャルと共用です。そのため、センチュリオンホテルレジデンシャルのエントランスから入ります。

上写真は正面入り口ですが、建物の両サイドが通りに面しているため、裏からも入れるようになっています。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーのフロントロビー

こちらが裏口です。標識に従って進むとフロントロビーに出ます。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーのフロントロビー

フロントはどことなくオリエンタルなテイストを感じさせるインテリアで、いかにもデザイナーズホテルといったしつらえになっています。

チェックイン時間は15時から。私は14時頃に到着したので、いったん荷物を預かってもらいました。荷物はチェックイン前後であれば預かってもらえるので、駅のコインロッカーなどを探すよりも、はじめからキャビンに預ける方が楽に行動できます。

チェックインは仕事を済ませて20時ごろになりましたが、スムーズに手続きできました。

キャビンの上下はチェックインまで選べないので、もし希望がある場合は早目にチェックイン手続きを済ませることをおすすめします。今回私は下段にしてみました。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーのフロントロビー

もし、チェックイン・チェックアウトが混み合うようなら、フロアに配置されたソファに座って待つことができます。日本のカプセルホテルは外国人の方に人気なのか、私がフロントにいた際も外国人の方をよく見かけました。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの客室の様子と備品は?

スタンダードキャビンは男女別フロアでセキュリティも安心。全館禁煙でフランスベッド社製の高級マットレスが使用されており、寝心地抜群です。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの客室の様子と備品

センチュリオンホテルレジデンシャルキャビンのエレベーターはフロントを出て横の建物にあるので、屋外から直接エレベーターで昇ります。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーのエレベーター

カードキーをかざさないと目的階のボタンを押せないようになっており、女性の一人宿泊も安心です。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーのチェックアウトボックス

チェックアウトはエレベーターの中に備え付けられたボックスにカードキーを入れるだけですが、例えば朝食後にカードを入れてしまうと、キャビンに戻れなくなるので注意しましょう。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーのキャビンへ入る前に靴を脱ぐスペース

エレベーターを降りると、靴を脱ぐスペースがあります。キャビン内は土足禁止なので、ここで靴を脱いでから入ってください。ここでもカードキーをかざしてドアを開けます。

スリッパは有料なので、フロントでもらわずにそのまま入りましたが、他に履いている人はいませんでした。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの洗面所とロッカースペース

正面が洗面所、その奥がロッカースペースです。入りきらない荷物は1階フロントに預けるか、キャビンの横にあるスペースまで持ち込み可能ですが、鍵がかかるところに入れておきたいものはこちらに格納します。

ほとんどの方が、自分のキャビンの近くまでスーツケースやキャリーケースを持ち込んでいたので、スリッパは無料で配布してほしいと感じました。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの客室(キャビン)

こちらがキャビンスペースです。訪日観光客を意識したのか、モダンジャパニーズとでもいえそうなシックな黒を基調とした内装になっていて、天井には水墨画のような絵が描かれています。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの客室(キャビン)

キャビンの扉は、障子をイメージしたような引き戸タイプ。カプセルホテルは縦に入るタイプが多いのですが、サイドが開くのは出入りがしやすいと思いました。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの客室の様子と備品

こちらがキャビンの中です。座って頭がつかないくらいの天井高があるので、キャビンの中で着替えもできます。枕とタオル、そして布団がセットされていました。

タオルはバスタオルのみでフェースタオルや体を洗うタオルはないので、必要なら持参しましょう。マットレスはフランスベッドの高級品を使用しているとのことで、寝心地がとても良かったです。Wi-Fiはもちろん全館無料。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの客室の様子と備品

引戸の横には鏡とライトのスイッチがあります。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの客室の様子と備品

時計、イヤホン、コンセント2つ、USB充電用ジャックと携帯電話の充電器がセットされていました。また、右横には海外対応用のコンセントも用意されています。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの客室の様子と備品

テレビは足元側に壁掛けで設置されており、リモコンは棚の上にあります。

その下にセキュリティボックスがありますが、サイズは小さめで、財布と携帯電話がギリギリ入るくらいの大きさ。私はPCやカメラはロッカーに入れるなどして分散して収納しましたが、バッグごと収納できる大きさがあればもっと楽だったのになと感じました。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの客室の様子と備品

センチュリオンホテルレジデンシャルキャビンタワーでは、パジャマはレンタル(有料の浴衣)なので、私は今回自分の寝間着を持って行きました。私が見た限り、ほとんどの方がルームウェアで、浴衣の方はいませんでした。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの内線電話

何かあった場合は、エレベーター横にある内線電話からフロントに連絡できます。

私は今回の宿泊時に空調について相談しました。天気予報では昼夜の寒暖差が大きかったのですが、室内は夜も冷房がかなり効いていて、冬物のパジャマを持って行ったのですが寒く感じたため、フロントにお願いして布団をもう1セット借りました。

追加毛布はないので、冬に宿泊する際はお願いすると良いかもしれません。フロントの方は丁寧に応じてくれましたし、女性専用フロアには女性スタッフが派遣されるのでご安心を。

また、キャビンの中は、空調が効いていて乾燥していましたので、気になる方は就寝時にマスクの用意があると、より快適に過ごせると思います。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーのバス・トイレ・アメニティ

スタンダードキャビンは大浴場はなく、共用シャワー、共用トイレ。アメニティはセンチュリオンホテルオリジナルのもので、女性用は基礎化粧品もあり。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの洗面スペース

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの洗面スペースは、1フロアに3つ。大きな鏡と、自分の化粧品ポーチなどを置けるスペースがあります。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーのアメニティ

アメニティは歯ブラシとクシがまとめてかごに入っているので、必要なら持っていきます。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーのバスアメニティ

ディスペンサー式の基礎化粧品(クレンジングオイル、洗顔料、化粧水、乳液)とハンドソープが備え付けられていました。こちらは、センチュリオンホテルオリジナルのブランドで、全国のセンチュリオンホテル系列で採用されています。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーのドライヤーとコテ

ドライヤーのほかにコテもありました。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーのバス(シャワーブース)

シャワーブースはそれぞれ個室になっていて、手前には脱衣スペースがあるので、着替えもこちらでできます。

シャワーヘッド

シャワーは頭上に固定されたヘッドシャワーとハンドシャワーの2タイプがあります。

シャワーブースにはセンチュリオンホテルオリジナルのシャンプー、コンディショナー、ボディーソープとクレンジングがセットされていました。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの窓からの景観は?

キャビンには窓はありませんが、フロアにテラスがあります。昼間はカーテンを開け放ち明るい雰囲気ですが、夜はしっかりと締められています。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの窓からの景観

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーのキャビンの中には窓はありませんが、フロアの両側には天井まで届く窓があり、昼間はカーテンが開け放たれ明るい雰囲気です。窓の外にはベランダもあって外に出ることもできます。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの窓のカーテン

夜はしっかりとカーテンが閉められます。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの窓からの景観

カーテンの中に入って撮影してみました。ライトが点灯しているので、夜でも外に出ることはできそうですね。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの館内施設は?

館内施設は自動販売機、コインランドリーのみ。隣のセンチュリオンホテルレジデンシャルのフロント横のミニラウンジスペースは24時間利用できます。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの館内施設

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーは、赤坂の繁華街の中にあるため、館内施設は自動販売機とコインランドリーのみです。自動販売機は2F(ファミリーキャビン階)と6F(男性専用フロア)、コインランドリーは2階にあります。

また、チェックインを行ったフロントの横には、2~3台のテーブルがあり、ちょっとした作業をすることができる小さめのラウンジスペースとなっていました。Wi-Fiが繋がるので、パソコンなどを使いたい方はこちらで作業ができます。

ホテル内には隣のセンチュリオンホテルレジデンシャルも含め、売店やレストランはありません。しかし、赤坂の中心部という立地で、ホテルの周辺には飲食店が多数あり、買い物や食べる場所に困ることはないでしょう。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの朝食は?

同じビルの1階にある居酒屋で和洋ブッフェスタイルの朝食をいただけます。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの朝食会場

レストランやラウンジのないセンチュリオンホテルレジデンシャルキャビンタワー。今回朝食付きプランにしたものの、どこで食べるのかと思いきや、キャビンタワーの1階にある居酒屋“サムライダイニングHYGEIA”にて提供されるのだそうです。

同じビルの1階ですが、キャビンから直接は入れないので、一度エレベーターの外に出てから、お店の入口から入ります。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの朝食会場

中は“ザ・日本の居酒屋”というテイストなので、外国人観光客の方は喜ぶのではないでしょうか。BGMも三味線音楽がかかっていました。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの朝食メニュー

メニューは和洋折衷のブッフェスタイル。ご飯とお味噌汁のほか、ひじきやサラダ、スクランブルエッグやソーセージ、タコ焼きや焼売がありました。やはりパンが人気なのか、私が訪れた時はパンがほとんどありませんでした。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの朝食ドリンクバー

ドリンクバーもあります。烏龍茶などはそのままペットボトルから注ぐスタイルです。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの朝食

和定食風に卵かけご飯を作ってみました。メニューはどれも普通に美味しかったですが、いわゆる“ホテルの朝食”を求める方は近隣のカフェに行った方が良いかもしれません。

▶宿泊予定日の最安値と空室状況をCheckして予約する!

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーのおすすめ度は?

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの評価と実際に泊まってみた感想

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーのおすすめ度

今回は、センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーのスタンダードキャビンに宿泊しました。ちょうど仕事先の駅から近い立地でアクセスが良く、寝心地の良いマットレスで眠ることができたので大満足。

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーのおすすめ度

和風のインテリアも相まって、ホテルで過ごすよりも外で過ごす時間が多い外国人観光客の方に人気なのも頷けます。スタッフの方も親切なので、困ったことがあれば相談してみてください。

旅行者だけでなく、この近辺で夜遅くなるようなことがあれば、時期にもよりますが、タクシー代よりは安い金額で、横になって休むことができる場所というのは重宝するのではないでしょうか。

隣のセンチュリオンホテルレジデンシャルをはじめ、この近辺にはザ・センチュリオンクラシック、センチュリオンホテルヴィンテージ赤坂、センチュリオンキャビン&スパなどの系列ホテルがあるので、今後機会があればそちらも利用してみたいと思いました。

各公式サイトのバナーをクリックすると、センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの空室状況と最安値をCheckできます!

数ある旅行予約サイトの中で人気なのが、じゃらん、楽天トラベル。なんと国内ホテル予約のシェア60%以上!

じゃらんはPontaポイント、楽天トラベルは楽天スーパーポイントが宿泊料金の1~2%も還元!楽天カードでホテル代を支払うと最大4%のポイント還元でさらにお得に泊まれます。

楽天公式サイトで空室確認と予約をする!

じゃらん公式サイトで空室確認と予約をする!


センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの最安値をCheck!detail

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの最安値料金が簡単に見つかる!

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの最安値をCheckしたいなら、宿泊予定日の最安値を簡単に比較できる「トリップアドバイザー」がおすすめ!

ホテルの料金は予約サイトによって様々。トリップアドバイザーは、国内200社以上のホテル予約サイトの宿泊料金をランキング形式で表示!宿泊予定日のセンチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの最安値が簡単に見つかります!

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの基本情報

ホテル宿泊料金(大人一人):2,300円~

住所

東京都港区赤坂3丁目12-16(地図

電話

03-6229-6336

アクセス

東京メトロ千代田線「赤坂」駅1番出口徒歩1分、東京メトロ銀座線・丸ノ内線「赤坂見附」駅10番出口徒歩3分、東京メトロ銀座線「溜池山王」駅10番出口徒歩4分

最寄駅

東京メトロ千代田線「赤坂」駅

部屋数

145室

設備・備品

テレビ、洗浄器付きトイレ、ボディーソープ、シャンプー、コンディショナー、歯ブラシ、バスタオル、くし
(女性用)クレンジング、化粧水、乳液、洗顔料、ヘアアイロン
(有料)浴衣、スリッパ

インターネット

無料Wi-Fiあり

館内設備

自動販売機、コインランドリー

駐車場

なし

サービス

センチュリオンホテルレジデンシャルのラウンジスペース24時間使用可

クレジットカード

VISA、JCB、American Express、Diner's Club、Master

チェックイン

15:00(最終チェックイン29:30)

チェックアウト

11:00

公式サイト

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワー

センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーフォトギャラリー

住所アクセスチェックイン客室(キャビン)

はてなブックマークに追加  センチュリオンホテルレジデンシャル キャビンタワーの口コミと評判は?実際に泊まった感想とおすすめ度

東京都のホテル一覧へ戻る

センチュリオンホテルレジデンシャルキャビンタワーの宿泊記を書いた人

Churako

沖縄在住の愛猫と暮らすWEBライター&工芸作家(月桃カゴ編み)です。 東京・大阪・福岡に住んでいたので、関東・関西・九州方面に出向いてお仕事をすることもしばしば。そのときに利用したホテルやラウンジを中心にご紹介しています。


編集&校正 ビー・エイブル